2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月23日 (日)

一気読み。「震える牛」

Furueru

『震える牛』 (小学館文庫)
相場英雄 (著)
価格:\750

Amazon amazon.co.jpで見る

今朝のフライトで札幌に戻ってきた。
移動の間、2年前に出版された話題作「震える牛」の文庫本を一気読み。
なかなか面白かった。

警察小説なんだけど、佐々木譲とスタイルが似てるせいか、主人公の田川が佐々木譲の佐伯とダブってしまう。

まあ、それはそうとして、この小説はヤバい。
舞台となるオックスマートはイオン?、テナントで入っているスポーツ店やカジュアルアパレル店もアルペンとかユニクロみたいに思える(シチュエーションはちょっと違うけど)。

この小説が出版された2012年は、奇しくも阪急阪神ホテルズを始めとして、一連の食品偽造が発覚した2013年より前だというのも興味深い。
2013年の食品偽装では、芝エビの偽装はまだかわいいもので、成型肉っていうのもあったよね。

別に成型肉がダメということではなくて、本書に出ている、肉とはいえない成型肉(ハンバーグやもつ煮、ステーキなど)、しかも添加剤だらけの製造工程の描写は、リアリティに満ちていて、吐き気をもよおす。

これが実態なのかもしれないと思うと、スーパーや居酒屋の肉は食べる気がしなくなる。特に大手チェーン店は。。

そこでインジェクションビーフについて調べてみた。

最大手のインジェクションビーフ工場は北海道にあった!

■ホクビー メルティーフビーフ

ここ、石狩新港にある工場だね。
食肉加工場にしては様相が普通じゃないと思った。
HACCP準拠の工場とは謳っていたけど、こういうことだったんだ。

■小山畜産青梅工場 雪華肉

ここは、インジェクションビーフといっても危なくないよ -と詳しく説明してる。
ホクビーが、国内最大の工場どというのは、ここのサイトを見て分かった。
こんなふうに正直に書かれると、一般のインジェクションビーフの製品は安全じゃないんだよと言ってるようなもの。

いずれにしても、ファミレスや激安店の加工食品はますます食べる気がしなくなった。

最後にもう一つ。

先月、福井に出張があり、小松空港から敦賀まで車を走らせていて、国道沿いのコンビニや外食チェーン店が立ち並ぶ風景を見ながら、どこ行っても風景が変わらないなあと感じていた。

本書でも、大規模ショッピングセンターやチェーン店の地方出店が、地方都市の風景を変えていると書かれている。
僕もそう思う。
こんなに地方に出店して、その企業はやっていけるのか。。
やっていけなくなると、昔のボウリング場みたいに、抜け殻になっちゃうんだろうな。

2014年3月22日 (土)

なるほど統計学園。やるね!

こんなサイトがあったとは…
と今日気づいたことなんだけど、高校生がこんな高等なことやってるのか?

▼『なるほど統計学園高等部』

Naruhodo

このサイト、昨年、総務省統計局が制作したもので、「小・中学生向け」「先生向け」というサイトもあるようだ。

このサイトを発見した経緯は、今やってる仕事で、箱ひげ図を作らなきゃいけなかったからなんだけど、Excelで箱ひげ図の作り方まで解説している。今日日の高校生って、ここまでExcel使ってるのかな。

そもそも、ゆとり教育の時代には、こんなことはありえなかったし、そもそもサイトを作成したのが文科省じゃないところが面白い。

主要統計データのリンクもあるし、統計分析事例なんかまで載っている。
本当に今の高校生がこんなレベルの勉強しているとすれば、末恐ろしい。
っていうか、将来が楽しみだ。

アジのパン粉焼き

僕が住んでいるワンルームマンションには、IHのコンロが一つあるだけで、魚を焼くには、クッキングペーパーとフライパンでやるしかない。
そうなると自ずと魚料理が減ってきてしまい、時々無性に魚が食べたくなる。

今日は午後、天気がよく、春のような日差しで気持ちいいので、新浦安まで足を伸ばしてみた。
新浦安も、東京湾岸まで行くと浦安とは違って、リゾートマンション風の建築物が目に付く。
震災の時は、この辺り一面、液状化で大変だったんだろうなと想像してみる。

新浦安駅前にはダイエーがあるんだけど、ここはいかにも郊外のスーパーという感じの雰囲気で、わざわざ遠出してまで行きたいとも思わない。
しかし、湾岸近くのマンション街にはイトーヨーカドーがあり、ここはニュータウンのショッピングセンターという感じで、内装も客層もいいように見える。

そこで、アジを買った。

さて、アジをどう調理しようか…
和食?
蒲焼にしちゃおうか…これならフライパンてOK。
フライ?
油の始末が厄介だ。

じゃあ、もっと手軽にできるものということで、パン粉焼きにすることにした、

アジのパン粉焼きの作り方ー

・パン粉、ハーブソルト、バジル、ニンニク(みじん切り)、黒胡椒を混ぜておく。
・オーブン皿に、オリーブオイルを塗り、アジを並べる。
(皮が下になるようにね)
・オーブンを5分程度温めたところに投入、あとは10分くらいで完成。

Image

今回はアスパラを添えてみた。
これだと手間はかからないよね。

2014年3月11日 (火)

PowerEdge T320にグラボ(K600)

職場でハマってたことの備忘録

==ある拠点からの問合せ==
お客さんに納品するDELLのPowerEdge T320にNVIDIA K600のグラフィックカードを搭載しなければならないのだが、動作しないようだ。

昨夜調べまくったけど、ネット上には事例見当たらず。。
OSはWindows Server 2008 R2(x64)。

今日、拠点から連絡あって、以下の設定で接続できたって(DELLではないメーカーのサポートらしい!すげー優秀)。
良かったw

BIOSメニューにて
System BIOS Settngs -> Integrated Devices
・Embedded Video Controller
 Enabled ⇒ Disabled に変更する。
・Memory Mapped I/O above 4GB
 Enabled ⇒ Disabled に変更する。

UEFIのBIOSではサポートされないことはわかってはいたが、まさか
Memory Mapped I/O above 4GBをDisableにしなきゃいけないとはね。

64bitにしてるのに、Memory Mapped I/O above 4GBをDisable?

2014年3月 3日 (月)

アンチョビもどき(シシャモ)のトマトパスタ

アンチョビのパスタが食べたいなあ。。なんて思いつつ、冷蔵庫に入っているシシャモを代用できないかと考えた。

厳密にいうと、これは僕のアイデアじゃない。
以前、働いていた北海道のリゾートの総料理長から聞いたんだ。
アンチョビの代わりに北海道産のシシャモを使うとおいしいって。

早速、やってみよう。

①シシャモを軽く焼く。
クッキングシートで簡単に焼いちゃう。焼き過ぎないようにね。つまりパリパリにならないように…

Fishpasta01

②シシャモを切り刻む。
さっと焼いたシシャモを細かく切り刻む。骨や頭などの食感が嫌な人は、取り除いてもいい。僕はそのまま入れることにした。

Fishpasta02


③シシャモをオリーブオイルで炒める。
ニンニクを炒め香りが出てきたら、シシャモを投入。こんがりと焼く。
僕は鷹の爪も入れておいた。
いい感じの魚の香ばしさ…これはイケるかも。

Fishpasta03

④そこに具とトマトを投入。
僕はベーコンとセロリを入れた。ついでに乾燥したバジルなんかも入れちゃう。

Fishpasta04


⑤そこに茹でたパスタを投入して、塩加減を調整してながら、からめるとできあがり!

Fishpasta05

どうだ!
結構うまい。
シシャモ侮れないなあ。

今回はカラフトシシャモだったんだけど、北海道産のシシャモなら、もっとうまいはず。

2014年3月 2日 (日)

ベーコンとアスパラのトマトパスタ

1週間ぶりのパスタ。
最近は、自分でバリエーションを考えたほうが楽しいから、外食時はあまりパスタを頼まないようにしている。

Tomatopasta

アスパラといえばやっぱりベーコンだよね。
今日はこれにシメジも追加してみた。

トマトはトマト缶の残りで済ませた。

2014年3月 1日 (土)

ADriveに無料でオンラインバックアップ

僕のMacは、VMware Fusion上にWindows8、Bootcamp側にもWindows8が入っていて、1台のマシンで3台を使い分けている。

ビジネスで日常的に使用しているのはVMのWindows8で、ここに大量のファイルが保存されている。一番やっかいなのは、分析で使用するアプリケーションのバージョン毎のファイルで、これが都度300MBとかのファイルサイズで、変更都度のバージョンのファイルを残していると大変なことになる。

実際、大変なことになっていて、最新版以外はほとんど使わないけど、過去のバージョンと比較することもまれにあるため、そのためにハードディスクを浪費してしまうというのも困った事態だ。

これまで、Google Drive、DropBox、OneDrive(旧SkyDrive)を使ってみたけど、同期型ツールの場合、ローカルディスクも消費するし、そもそもこれらのストレージ容量にも限界がある。
じゃあ有料で増量させるかということにもなるんだけど、無料でどこまでいけるのか、他のクラウド型ストレージを探してみた。

■ADrive

調べた結果、現時点(2013/3)では、ADriveが最も使い勝手があるように思う。

Adrive1

ADriveでは、50GBまでストレージが無料で使える。アップロードできるファイルは2GBまでだが、2GBを超えることも普通はあまりない(といいつつ、僕のハードディスク内には1つで2GBを超えるものがあったんだけどね)。

早速使ってみた。無料会員のままだとADrive Desktopというクライアント用ソフトウェアは使えないため、Webインターフェイスになる(上)。
デザインは秀逸とは言えないが、シンプル。まあ悪くない。
フォルダをクリックしたときの反応も満足できるレベル。

ファイルのアップロードを試してみる。

Adrive
ドラッグアンドドロップでフォルダごとアップロードができる。計12GB分のデータが入ったフォルダをアップロードしてみた。

案の定、2GB制限で弾かれた。
また、空のフォルダがあると、エラーとなり、アップロードが止まった。
さらに、原因はわからないが途中で止まった(The target server failed to respondいうエラー)

と、まあ完璧とはいかないが、とりあえずアップロードはできた。
データの転送速度は500~600KByte/Sくらいか。
ちゃんとアップロードが完了したかは念のため、確認したほうがよいかもしれない。

まあ、無料ということを考えれば、使えるストレージだと思う。
因みに有料版との比較はこちら

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ