2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« 肉汁たっぷりのハンバーグを失敗しないで作る方法 | トップページ | ベーコンとアスパラのトマトパスタ »

2014年3月 1日 (土)

ADriveに無料でオンラインバックアップ

僕のMacは、VMware Fusion上にWindows8、Bootcamp側にもWindows8が入っていて、1台のマシンで3台を使い分けている。

ビジネスで日常的に使用しているのはVMのWindows8で、ここに大量のファイルが保存されている。一番やっかいなのは、分析で使用するアプリケーションのバージョン毎のファイルで、これが都度300MBとかのファイルサイズで、変更都度のバージョンのファイルを残していると大変なことになる。

実際、大変なことになっていて、最新版以外はほとんど使わないけど、過去のバージョンと比較することもまれにあるため、そのためにハードディスクを浪費してしまうというのも困った事態だ。

これまで、Google Drive、DropBox、OneDrive(旧SkyDrive)を使ってみたけど、同期型ツールの場合、ローカルディスクも消費するし、そもそもこれらのストレージ容量にも限界がある。
じゃあ有料で増量させるかということにもなるんだけど、無料でどこまでいけるのか、他のクラウド型ストレージを探してみた。

■ADrive

調べた結果、現時点(2013/3)では、ADriveが最も使い勝手があるように思う。

Adrive1

ADriveでは、50GBまでストレージが無料で使える。アップロードできるファイルは2GBまでだが、2GBを超えることも普通はあまりない(といいつつ、僕のハードディスク内には1つで2GBを超えるものがあったんだけどね)。

早速使ってみた。無料会員のままだとADrive Desktopというクライアント用ソフトウェアは使えないため、Webインターフェイスになる(上)。
デザインは秀逸とは言えないが、シンプル。まあ悪くない。
フォルダをクリックしたときの反応も満足できるレベル。

ファイルのアップロードを試してみる。

Adrive
ドラッグアンドドロップでフォルダごとアップロードができる。計12GB分のデータが入ったフォルダをアップロードしてみた。

案の定、2GB制限で弾かれた。
また、空のフォルダがあると、エラーとなり、アップロードが止まった。
さらに、原因はわからないが途中で止まった(The target server failed to respondいうエラー)

と、まあ完璧とはいかないが、とりあえずアップロードはできた。
データの転送速度は500~600KByte/Sくらいか。
ちゃんとアップロードが完了したかは念のため、確認したほうがよいかもしれない。

まあ、無料ということを考えれば、使えるストレージだと思う。
因みに有料版との比較はこちら

« 肉汁たっぷりのハンバーグを失敗しないで作る方法 | トップページ | ベーコンとアスパラのトマトパスタ »

IT試行錯誤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504669/59218088

この記事へのトラックバック一覧です: ADriveに無料でオンラインバックアップ:

« 肉汁たっぷりのハンバーグを失敗しないで作る方法 | トップページ | ベーコンとアスパラのトマトパスタ »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ