2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年9月

2013年9月16日 (月)

お~~BootCampのWindowsのタッチパッドが使いやすくなった。

僕のMacbook ProはBootCamp5でWindows8の環境も入れてある。
MacOS側はVMWare Fusionで仮想化していて、普段はVM側のWindows8を使用しているが、メモリを大量に使わないければいけない場合やWindowsでプレゼンする必要がある場合は、BootCamp側を使うことにしている。

VMWare Fusionは解像度を拡張することができるので、普段はいかようにでもできるんだけど、プレゼンではVGAを超える解像度にすると文字がボケてしまうからね。

そうなると、BootCamp Windowsの出番である。

で、いつも困っていたのは、BootCampのWindowsを使用している時のトラックパッドの動作である。

文字を入力している時に、トラックパッドに触れてしまうと、カーソルが飛んでしまう。Windowsではマウスを使わないとどうしても不便なアプリケーションがあり、それを使用するプレゼンが多いことから、トラックパッドが煩わくて、トラックパッド自体を無効化していた。

Windowsのコントロールパネルの設定で何とかならないものかと色々と調べてはいたんだけど、結局は皆困っているということしかわからなかった。これはAppleのせいとも言い難く、Windows側で何とかしてもらいたい問題だと思う。

現にASUSのPCなんかのユーザは困っている人が多いようだ(国産メーカは、ハードウェアに依存するためか、メーカ側で制御する機能をアドインしている)。

今回、Rのプログラミングの必要が出てきた。
Rはちょっと大きめのデータを扱うアプリケーションと連携する予定なので、BootCamp側のWindowsを使いたい。
トラックパッドを無効化していたので、何とかしなきゃと思って、散々探した挙句、Touchpad Blockerというソフトウェアに出会った。BootCamp上だろうが、Windowsなのだから使えないわけがないと思って試してみたらうまくいったので報告しておく。

▼Touchpad Blocker

Touchpadblocker




Touchpad Blockerはインストールすると、Windows起動時に常駐し、キーボードで文字を入力しているときは、Trackpadを無効にしてくれる。

これで、BootCampのWindows8は快適になった。
そもそも、Windows8はマウス無用で、オペレーションできるUIが特徴だから、マウスじゃないと使えないというWindows8というのは8にあらず…だよね。

これで、バリバリRやるよ。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ