2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« 2011年12月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年4月

2012年4月22日 (日)

PDIC対応のイタリア語辞書をBrainへ

息子1が大学の第二外国語でイタリア語を選択するので、辞書がほしいと言い出した。
シャープのBrain(電子辞書)があるので、「シャープのサイトから購入したら?」と言っておいたのだが、調べてみると三省堂の「デイリー日伊英・伊日英辞典」っていうのがあって、2100円で買える。

随分安いなと思って、調べてみると伊→和で15000語しかなく、Amazonの評価も芳しくない。
イタリア語の辞書ってどんなもんか調べてみた。
▼外国語広場
http://gaikoku.info/italian/dictionary.htm

う~ん、なかなかマイナーなんだね。種類が少ない。が、ちょっと気になるこの1行

■ジャピタルウェブ 伊-日辞書フリーウェア「GIAPPITALIX イタリア語辞典」をダウンロード。

 

 

このサイトにジャンプし、中を覗いてみるとPDIC対応でWindowsCEで利用できると書いてある。単語数は見出し単語で36600語。上記の倍以上だ。

和伊はないようなので、いずれにしても本の辞書は必要だろうけど、Brainにも辞書入れちゃえ-
とPDICなんて初めて聞いた言葉を頼りにチャレンジしてみることにした。

さて、前提として、ハード環境から
【Brain】
機種名:PW-GC590
OS:Windows CE(英語版)
CPU:ARM

以上の環境で、PDICを入れるにはTaNさんのサイト
http://homepage3.nifty.com/TaN/pdicce.html
からCE版を入手したのだが、CEが英語版のため、UNITBL32.DLLを入れないと文字化けすると書いてある。このページからKazさんのサイトに飛び、該当するUNITBL32を探したけど、ARM版は無い模様。
ってわけで、PDIC/CE版は却下(実はこの時点で2時間格闘してた。ネットで調べてもうまくいった事例は見当たらなかった)。

次にPDIC Unicodeに対応した、EBPocketで再挑戦。
参考にしたサイトはこのサイト

▼BrainWiki@2ch  ~BrainでWikipedia
(2)WindowsCE用ソフト【EBPocket】を使う方法

http://www40.atwiki.jp/brainwiki/pages/21.html

但し、この方法では、Giappitalixはうまくいかない。自動取得できない辞書を追加するためにgsGetFile.dllというファイルを入れる必要があるからだ。

▼gsGetFile.dll
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/2039/

このファイルをEBPocketフォルダ直下に入れて完成。

以上でできたフォルダのMicroSDに入れるわけだが、以下のようなフォルダ構成になる。

アプリ
 +-Task Swicher
 +-Japanese Input
 +-EBPocket

Giappitakixの辞書はUnicode版でgdig01117u.dicで、EBPocketフォルダの下にEBPdataというフォルダを追加して、そこに入れておいた。

MicroSDにコピーし、Brainへ挿入してリセットする。
Brainのライブラリから「カード」→「ライブラリ」を選択すると、上記の3つが見えてくるので、Task Switcher→Japanese Input→EBPocketの順に起動する(EBPocketがやや時間がかかる)。

あとは、EBPocketで「メニュー」→「ファイル」→「辞書の追加」でgdig01117u.dicを指定してあげればOK。

Giappitalix

発音記号が一部文字化けするが、立派な伊和辞書ができあがった。
発音記号が一部文字化けする現象(□と@が出る)は色々試みたが解決せず、まあ今日のところはここまでってことで。

誰か発音記号までうまくいってる人がいたら教えてね。
 

2012年4月18日 (水)

後楽園ホール!ボクシング東日本新人王トーナメント

昨夜は久々に後楽園ホールへ

新人王トーナメントを見るのは初めてなのだけれど、思いの外レベルが高かったので楽しめた。
普段のホールの前半のグダグダな試合と比べての話だけど。。

Korakuen120417

私が応援していたのは、第一試合の堀口選手(↑)。お取引先の方の息子さんであり、私の息子2人の小学校、中学校の先輩に当たる23歳の髪の毛が真っ赤な好青年。

結果は1R 35秒という秒殺での決着で、YouTubeで事前に見ていたバンタムの頃より数段技術も向上していたし、体系的にもSフライがベストウエイトに思えた。

これで1回戦突破。準々決勝は7月になるので観戦できるかどうか。

その他の試合で目立ったのは、バンタムの勅使川原選手、宮坂選手、Sバンタムの久我選手、フェザーの綱嶋選手かな。ホントは勅使川原選手は負けていたのかもしれない(私の採点だと笹森選手が2ポイント差で勝ってた)けど、勝ちを拾ったね。

4回戦12試合全部を見るというのは、もっと疲れるかと思ったんだけど、軽量級の割には結構スリリングな展開の試合が多く、新人王トーナメントがっこんなに面白いものがとは思わなかった。また是非とも来たい。

2012年4月17日 (火)

ノマドワーカーか。。

日曜日の情熱大陸は「ノマド(遊牧民)ワーカー」安藤美冬。
一切営業しないのに仕事が転がり込んでくる不思議な人。
でも普通の人だった。

考えてみたら、私も結構ノマドな人生を送っているな。
仕事が転がり込んでくるわけではないけどね。

そういえば、今月は北海道のある地方都市のロータリークラブの例会で講演を頼まれ、ホントに久しぶりに講演というのをやった。セミナー講師っていうのはだいたい2ケ月に1回の割合でやっているけど、経営者の方々を前に話すというのはなかなかスリリングだった。

昔いた会社の社長もロータリーの会員だったけど、自分がそういう会で講演するなんていったら、あの社長は「お前が講演するのか?」なんてイヤミを言われそうだ。

1時間と聞いていたので、1時間のネタを準備していたんだけど、ロータリーの会長からは
「30分以内で」
と言われ、
おとなりの席の名誉会長からは
「年配の方が多いので、ゆっくり話して」
と、また逆のことを言われ、これは参ったな…と思いながら、会が始まったら「君が代」斉唱があった。

君が代を歌うなんて、中学校以来かも?
と思いながら、歌ってみたら意外に落ち着くんだよね。

2~3分オーバーしたけど、許容範囲と思う。

で、情熱大陸の安藤美冬の見ていて「まあ、普通だよね」と思った自分も、講演をしながら「まあ、普通だよね」と思いながら講演していたことを思い出した。実際、高尚なお話をしたわけでもなく、年配者が多いと盛り上がりに欠けるしね。

いつか、年配者の経営者が盛り上がる講演をやってみたいもんだ。

2012年4月15日 (日)

今、東京。新しいビジネス

先々週の金曜日に上京し、1週間以上の滞在となった。
今回は、あるWeb制作会社からの依頼で、大手ネットショップの購買分析をBIを使ってやってほしいというもの。

既にお客様はBI(QlikView)を持っているので、途中まで作成してある分析ソリューションに様々な細かい分析を加えていくという作業だ。例えば

・購買回数による顧客分布
・購買金額による顧客分布
・Google Mapを使用した地域分析
・購買サイクルの顧客分布
・顧客属性による分析
・会員数の推移
・デシル分析
・RFM分析
・併買寄与率
など。。

QlikViewは非常に生産性が高いので、実質5日程度で30種類の分析を追加できた。
データ分析は、傾向をつかもうと欲張ると、求められている要件より必然的に増えていく。

私はSEじゃないので、データの大海原を突き進もうとすると、要件なんて関係なくなっていき、「データの見える化」ではなく「データから何が見えるか」というように意識が変わる。一般的なSEにはそういう感覚は余りないので、要件というものに固執するから、理解できないんだろうけど、今のところ、同僚はうまいこと着いてきているな。

とりあえずは同僚に恵まれているんだろう…と思う。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年8月 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ