2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月25日 (金)

とある団体で…

東京に来まして、とあるIT業界団体の会合に出ています。この団体の加盟企業数は全国で900社を超えている巨大な団体なのですが、懇親会に何度か参加してみて思うことは、IT企業といわれる会社は、かなりの割合で人材サービス会社に過ぎないということです。

この団体からは毎日のように「案件情報」「人材情報」がメールできます。
前者は「人がほしい」という求人情報です。後者は「人要りませんか?」という情報。
さながら人身売買のようですね。

最近の首都圏の単金は50万円を切っています。
もっともこれは、エンドユーザから直発注の金額ではなく、2次請け、3次請けでの単価です。きっと。。
先程の人材サービス業はもっといいほうかもしれませんね。
おそらく、その中間に入って横流しして、その上前だけはねていると思われる(おそらくそれを専業にしている)企業もありますね。
こうなると情報サービス業です(おや?この名称はIT企業っぽくなりますね)。

こういう構造はわかったつもりではいましたが、こういう人材サービス業、情報サービス業の人たちの会合に出ていると息が詰まってきます。IT企業の席を置く私としては、こういうビジネスはやりたくないなあ…と思ってきましたが、こうでもしなきゃやっていけない時代なのだというのも事実として受け止めなければならず、複雑な心境です。

今日、昔いたコンピュータメーカの同期の人間と食事をしていたのですが、
「昔は1人当たり年間1000万円の外注費として試算していたけど、今は700万円くらいで交渉しているからね」と言っていました。

私が思うに、単金は給与の2倍確保しないとやっていけないはずなので、中間で搾取されることを考えると、末端の下請け企業は年収300万円くらいのエンジニアの年俸でないとやっていけそうにない気がします。

傍から見るとスマートに見えるIT業界も、実態はこんなものなんですね。
考えてしまいます。

2011年2月22日 (火)

背中が…

背中の背骨の右側が痛みます。
金曜日からです。
どう考えても、理由がわかりません。
背筋に無理がかかるようなことをやった覚えはないし、打ち身の覚えもない。

もしかして肝臓でしょうか?
飲み過ぎなのかもしれません。
そう言えば、休肝日、最近ないもんなあ。

2011年2月14日 (月)

20年前の医療を今一度振り返ってみる…「ブラックペアン1988」

Blackpean 『ブラックペアン1988』(講談社文庫)
海堂 尊 (著)
価格:¥440

Amazon amazon.co.jpで見る

この作品は「チームバチスタ」3部作(後の「イノセントゲリラの祝祭」を含めると4部作ですが)の発行後に書かれたもので、1988年に時代を遡って、チーム・バチスタシリーズ約20年前の東城大学医学部を舞台にしています。

そこに登場するのはチームバチスタシリーズで院長を務める高階の20年前の姿であり、卒業したての外科研修医の世良の苦闘する姿ですが、これら医局制度が崩壊した現在の医療の現場とはそうとう違うんだろうなと思います。

筆者自身が20年前に目の当たりにしてきた医療の現場は、こんな感じだったのでしょう。一部見苦しい部分もありますが、むしろ「必要悪」と感じてしまうのは私でしょうか?

少なくとも、その後に出現した地域医療崩壊を見る限る、この時代のほうがまだ良かったように感じますね。今は職業人としての医師を尊重しているように思えて仕方がありません。

この作品の後に「イノセントゲリラ…」が発表されたさけですが、これはミステリーとは呼びがたい、筆者の思想が入った作品であり、「イノセントゲリラ…」の執筆に際しては、古き良き(?)時代を振り返る必要があったのでしょう。

そんな位置づけの作品です。

2011年2月13日 (日)

プチ札幌滞在

先週の火曜日から札幌に戻ってきておりました。
火曜日から木曜日は3連チャンで飲み会が続きまして、木曜日は2:30までとヘヴィな夜だったので、さすがに金曜日(祝日)は小金湯温泉「まつの湯」にて毒素を出しました。

まつの湯

この時期に来たのは初めてですが、スキー客らしき客で賑わっていましたね。売店でこんなものを発見。

唐辛子

すっかり、酒が抜けたところで、家に戻りましたが、懲りもせず、MNさんと近場で飲むことになりました。
「ぐんかん岬」
札幌市南区南33条西10-1-5
電話番号 011-581-5525

ここでは、刺身盛り合わせで始まり、ひと通りの料理を食し、最後はナンピザで締めくくり、どれもこれも手作り感を感じさせる料理でした。特に魚をどれもおいしいですね。魚がおいしいとはあまり言えない東京(高級店に行けばおいしいけど)から戻ってきて久しぶりに地元で食べたこともあり、魚をもっと食べなきゃ…と思いました。

そして日曜日(昨日)は“La'kura”

Lakura" La'kura"
札幌市中央区南4条西9丁目

金~月のみ営業
CLOSE:18:00
※アルコールは置いていません。

ここは昔務めていた会社の所有の蔵です。元々は質屋だったのですが、そこを近くの企業(これ、私が勤務していた会社)が買い取って、一時、物好きな方がカフェに改造して使っていました。
場所も入り組んだところにあるため、隠れ家的で決して悪くなかったのですが、本当に隠れ家になってしまい、大分前にクローズしていましたね。

その後、現在のオーナーが借りているのでしょう。

で、気になるお店の中ですが、1Fは、間接照明でやや暗めな「いかにも蔵の中」という空間にグランドピアノが配置され、落ち着いた雰囲気です。ここのコーヒーは「森彦」の豆らしく、ソフトブレンドをいただきましたが、久しぶりに味わい深いコーヒーをいただきました。スープもおいしそうですが、私が行ったときはSOLD OUTでした。残念!
これがメニューです。

Lakura2

ときどき、ライブもあるそうで、メール会員になるとライブ情報などをお知らせしてくれるようです。

但し、ここの難点は「禁煙」だということ。外に出ても灰皿もありませんでした。
タバコを吸う人の多くはコーヒー好き。この傾向はますます強くなると思います。

私は喫煙者です。これだけ喫煙場所の規制を受けると、喫茶店くらいしかゆっくり吸えないから。
会社でも禁煙、公共の場所も禁煙、もちろん道路も禁煙。。
せっかく、おいしいコーヒーを出しているのだから、喫煙席を作ってくれたらなあ。。
そう切に思いました。

2011年2月 5日 (土)

さよなら本町

昨夜、渋谷区本町の最後の夜でした。

Fudo

12月から通ってきた本町の事務所を引き上げ、芝のオフィスに引越しです。
搬入前の様子はこんな感じです。

Office01

Office02
コピー機だけ昨日のうちに搬入されています。
これから什器が搬入されてきます。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ