2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« チープなWindows7マシン | トップページ | 事故った… »

2010年9月30日 (木)

恐れるに足らず!Outlook ExpressからThunderbirdへの移行

Windows7になってOutlook Expressがなくなり、お困りの方も多いと思います。一般的な選択肢としては、Liveメールなんでしょうか?もしくはOffice系のOutlookですかねw

私はこの際だからMozilla系に移行することにしました。そういう方も多いでしょう。Mozilla系のメーラーといえばThunderbirdですが、Thunderbirdは使ったことはあるとはいえ、メインのメーラーは長いことOutlook Expressを使用してきたので、移行は考えたことはありません。

覚悟を決めてThunderbirdに変えることにした以上、Outlook Expressに見切りをつけ、メールのアドレス帳やメッセージを移行することにしました。

同一のマシンにOutlook ExpressとThunderbirdがインストールされている場合は、移行は簡単なのですが、今回はXPマシンのOutlook ExpressからWindows7のThiunderbirdへの移行というマシンをまたがった移行なのでやや面倒。

でもやってみたら意外に簡単でした。

【1】アドレス帳の移行

Outlook Expressのファイルメニューからエクスポート>アドレス帳を選択します。

Mailad
エクスポートするファイルの形式を聞いてきますので、ここは「テキストファイル(CSV)」を選択し、「エクスポート」ボタンをクリックします。この後、どこにエクスポートするかを聞いてきますので、場所とファイル名を指定します(ここでは"mailad.csv"と指定しました)。

Mailad2
エクスポートする項目にチェックを入れ、完了ボタンを押します。

Mailad3
さて、今度はWindows7側のThunderbirdです。ツールメニューから「アドレス帳」を選択します。

Mailad5
アドレス帳が開きますので、ツール>インポートを選択すると、インポート形式を選択するダイアログが表示されます。ここでは、「アドレス帳」を選択し、「次へ」をクリックします。

Mailad6
インポートするファイルタイプは「テキストファイル」を指定します。

Mailad7
テキストファイルを指定する画面になりますので、先ほどOutlook ExpressからエクスポートしたCSVファイル("mailad.csv")を選択します。

Mailad8
Thunderbirdのアドレス帳はOutlook Expressとは項目が異なりますので、ここで双方の項目を合わせておきます。画面の左側がThunderbird、右側がOutlook Expressです。「上へ」「下へ」のボタンをクリックすると、左側のThunderbirdの項目が上下に移動されるので、右のOutlook Expressと一致するように並び替えます。

Mailad9
ファイル名が名前となったアドレス帳としてインポートされます。あとは個人用アドレス帳にドラッグ&ドロップするなりして、整理して下さい。以上でアドレス帳の移行は完了です。

Mailad10
【2】メールメッセージの移行

アドレス帳はCSV形式でデータを渡しましたが、メッセージの移行はメールファイルを使用して移行します。メールファイルはOutlook Expressの「ツールメニュー」からオプションを選択し、メンテナンスタブの「保存」ボタンを押すと、メールファイルの保存されている場所を調べることができます。

Import01
「保存」ボタンを押して調べたフォルダを開くと、中にメールファイルが見つかると思います。メールファイルは、dbxの拡張子がついたファイルです。 まあ、このフォルダの中身全部でもかまいませんので、USBメモリなどにコピーしてください。

Import02_2

Thunderbirdのツールメニューから「設定とデータのインポート」を選択し、メールボックスを選んで、先ほどコピーしたdbxファイルが入ったフォルダを指定するとインポートが始まります。

Import1
インポートが終了すると下記のように結果が表示されます。

Import2
「完了」ボタンを押すと、このようにThunderbirdにインポートしたフォルダが見えてきます。「ローカルフォルダ」に「Outlook Expressインポート」というフォルダが現れますので、あとは、フォルダを開いて、自由に整理してみて下さい。

Import3
以上で、移行は完了です。フィルタなども移行できるのかもしれませんが、今回はアドレス帳とメッセージのみ移行してみました。メールメッセージはOutlook Expressではdbxファイル、Thinderbirdではemlファイルに格納されています。ファイル形式が異なっても、Thinderbird側では変換して取り込んでくれます。

もっと簡単な方法があるのかもしれませんが、シンプルで安全な方法として紹介させていただきました。

« チープなWindows7マシン | トップページ | 事故った… »

IT試行錯誤」カテゴリの記事

コメント

大変お世話になりました!
どのサイトもよくわからなかったのですが、完璧に移行できました!

>がっきーさん
お役に立てて何よりです。

大変助かりました。 Outlook Expressが7アカウント、データ量は10年分あり、

一時はあきらめてOutlook 買おうかと思ってましたが、

7アカウントとも順番にやると非常に正確かつ簡単でできました。

ネットでも、こういうやり方を見つけているのはプログ主さんだけです。

ありがとうございました。


Windows7は、困ったものですね。Microsoftはですか。

補足


これでアカウントを分けました。


http://support.mozillamessaging.com/ja/kb/using-multiple-profiles

>きよしさん
プロファイルの管理、紹介いただきましてありがとうございます。

大変参考になりました。
5アカウントともスムーズにいきました。
きよしさんの「ユーザーの管理」→「プロファイルの管理」になることも参考になり助かりました。
ありがとうございました。

>とおるさん
良かったですね。
このページはアクセスが多いようで、改めてThunderbirdへの移行で苦労されている方が多いこともわかりました。

旧PCのメールデータは保管しておいたもののサンダーバードに移行できず、塩漬けにしていました。
急に過去のメールが必要になり、必死で検索した結果、このページにたどり着き事無きを得ました。
本当にありがとうございました。

>SHOさん
お役に立てて良かったです。

はじめまして とてもわかりやすい説明のおかげで、簡単に復旧でき、感謝しています。転送ツールでthunderbird firefoxのデータ移行できず、
古いデータで復旧でき、保存しておいてよかったとほっとしています。
2年前の記事をずっとアップしていただいてくれたおかげで助かりました。
ありがとうございます。

この記事、もう2年前になるんですね。
先月、Windows 8も出ましたし、WindowsXPマシンも減っていく中、ソフトウェアは継承されないものも残念ながらありますので、苦労が絶えません。
少しでもお役に立ててうれしく思います。

はじめまして。
「メールメッセージの移行」で躓いてしまいました。どうしたら良いか教ええてください。
Thunderbirdのツールメニューから「設定とデータのインポート」を選択し、メールボックスを選んで、説明通りコピーしたdbxファイルが入ったフォルダを指定したところ、一瞬だけ進捗バーが現れたのですが、すぐに消えて、「設定とデータのインポート」がフリーズ状態になります。キャンセルしか選べません。
そして、ThunderbirdのローカルフォルダにはOutlookExpressインポートフォルダが作成され、中にサブフォルダも作成されているのですが、肝心のメール本体がありません。空っぽなのです。

何度か試してみたのですが、結果は同じです。
別PCのOEからの移行です。またOEからは必要なdbxファイルだけコピーしてきました。
何が原因なのか見当もつかず、困っています。

mikiさん
ブログご覧いただき、ありがとうございます。あいにく、現在、私の手元にXPマシンがありませんので、上の記事と同じ操作を再度行うことはできないのですが、何か環境に依存している不具合のような気がします。dbxファイルは目的のファイルでお間違いありませんか?
以下のサイトに同様の現象が報告されています。
http://okwave.jp/qa/q7012755.html

この記事では、一度アンインストールしてみることを勧めているようですね。まずは、ご確認いただければと思います。

purucorgiさん

早速の回答ありがとうございます。
dbxファイルは目的のファイルで間違いはありません。

現在の私の状況(環境)を説明しますと、私の場合は、windows7機購入時に、メーラーにlivemailを選択しました。旧機は手元にあるので、設定とアドレス帳のみ引越し、メールデータはそのまま放置していました。
しかし2年ほど使ったlivemailで不具合があったので、数ヶ月前にサンダーバードに乗り替えました。ですので、サンダーバードのローカルフォルダには既にデータ(livemailのデータ)も格納されており、インストール時のまっさらな状態ではありません。

その状態で、数日前から、旧機に残したOutlookExpressのメールデータを取り込もうと思い、その方法を検索してここへ辿り着いたわけです。
さて、現在、お勧めどおり、サンダーバードを再インストールするか、Mail Export Tool等を使って変換後にメールデータを取り込むか検討中です。
いろいろとお調べいただきありがとうございました。

mikiさん
成功を祈念致します!

ヽ(´▽`)/ ありがとうございます。 当方、以下マシン仕様にて問題なく移行が成功いたしましたの報告させていただきます。
Windows XP SP3 32 bit の Outlook Express 6 -> Windows 8 64 bit の Thunderbird 17

アドレス帳の移行の際ですが、csv ではなく、「Outlook Express」を選択しても問題なく移行することができました。主様の情報のおかげです。

お世話になりました。

kanzaki

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504669/49608428

この記事へのトラックバック一覧です: 恐れるに足らず!Outlook ExpressからThunderbirdへの移行:

« チープなWindows7マシン | トップページ | 事故った… »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ