2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月28日 (日)

亀田の対戦相手のポンサクのスポンサーになるトヨタの勇気

亀田戦試合結果

【転載元】nikkansports.com

昨夜は亀田敗戦に酔ってました。
亀田興毅の父、史郎氏の暴言や会場(有明コロシアム)の閑散とした様子(1900人しか入らなかったらしい)が報道されたりしていますが、私が最も驚いたのは、この注目の一戦に亀田の相手ポンサクレックのトランクスについている「TOYOTA」のマークです。

トヨタさんが、タイでの自動車販売にどの程度力を入れているのかはわかりませんが、日本人対タイ人の世界戦で相手側の選手のスポンサーになるとは大した勇気です。

よく考えれば、亀田のスポンサーになるほうがよっぽど勇気が必要か…
アンチ亀田が数では優位を占める(であろう)この状況から察すれば、亀田のスポンサーになるのは、企業や商品のイメージを損なう恐れもありますよね。

そうなると亀田の商品価値って何だろうと考えてしまいます。
史郎氏の「大人のボクサーになりかけていた息子」を庇ったつもりが、実は貶めるような行為にスポンサーはリスクを感じてしまうのではないでしょうか。

亀田陣営は今後、トランクスに「TBS」と入れてもらったらどうなんですかね?

2010年3月27日 (土)

国民の期待

WBC世界フライ級タイトルマッチは、暫定チャンピオンのポンサクレック・ウォンジョンカムが正規王者の亀田興毅を2-0の判定で下し、王座を奪回しました。

大差判定の内容でしたが、3人のジャッジのうち、1人が同点をつけていましたが、その場内アナウンスに会場の観客からは「ええー?」との声が上がりました。それだけこの同点はありえない。
しかし、そんな声が上がるというのも、アンチ亀のボクシングファンがポンサクの応援に相当数来ていたということの証拠です。
実は私もTV観戦では、そうだったのですが…

私の周囲に、亀田ファンという人はいないので、実際、今日観戦した人のうち亀田を応援していた人がどの程度の割合でいたのでしょうか?おそらくポンサクを応援していた人のほうが圧倒的に多いのではないかと思うんですけど、そうなるとまさに「ポンサク=国民の期待」ということになりますね。

これまでありえないような暴挙を続けてきた亀田ファミリーに大人の決着をつけてくれたポンサクには感謝しております。

2010年3月24日 (水)

やっと地デジになりました。

Regza

今日、家に帰ったら、先週ヨドバシで購入したテレビが納品されていました。
購入したテレビは地上アナログのチューナーも内蔵しているので、画質の違いがよくわかります。

納品された時点で、チューナーの設定はされていたので、電源を入れたらすぐ見られたようなのですが、何故か地上アナログのUHFが入りません。

まあ、これは見れなくてもいいけど。

あれこれマニュアルを見ながら、機能を調べています。リモコンを見て思ったんだけど、多機能の時代は終わったんだねえ。シンプルでわかり易い。携帯のほうがよっぽど難しいや。

機能がなくなったというより、操作がわかりやすい方向へシンプル化しているんですね。これはシステムにも言えることです。多機能=複雑。シンプルでわかり易いシステムがいいですね。

そんな、テレビのシンプル化から世の中の動きを少し感じました。

2010年3月23日 (火)

『月魚』…BLでなければ、いい作品なんだけど。

月魚 『月魚』 (角川文庫)
三浦 しをん (著)
価格:¥540

Amazon amazon.co.jpで見る

古書店を営む真志喜と瀬名垣の友情小説。
と書くととても安っぽくなってしまうのですが、三浦しをんは女流作家ですので、女性同士にあるような友情を越えた同性同士のいとおしさというのが、男にもあると思っているのかもしれません。

でも、少なくとも私にはそういう経験は無いですね。
着物が似合いそうな美青年=真志喜、まさに草食系男子の典型なわけですが、この作品は平成13年に書かれたものなので、そんな言葉がなかった時代です。そして、彼はどこか神秘的なところを持つ存在として描かれています。

対する瀬名垣は、ちょっとワルぶった青年なんだけど、どこかで見たような…
そうそう、直木賞受賞作「まほろ駅前多田便利軒」の多田とやや似たタイプの青年です。

考えてみれば、男2人が主人公で、ちょっと変わった職に就いているというシチュエーションは、「まほろ駅前多田便利軒」とよく似ています。

但し、多田便利軒は、行き過ぎた同性愛的な世界を排除した作品に仕上がったことで直木賞を受賞するに至ったのだと思います。本作は著者の作家としての才能を感じるものの、やはりシチュエーションに少女マンガ風の稚拙さを感じてしまいます。

実力がありながら、わざわざBL(ボーイズラヴ)的な世界に没入していた頃は、とても損をしていたんでしょう。少なくとも、男にはウケそうにないなあ。

一方、先日読んだ川上弘美の「古道具中野商店」も古道具屋という風変わりな職場を描いていますが、深みが違いますね。

本作に登場する主人公の男達は、俗人とは違う人種です。だから悲哀を感じることも無いんですが、川上弘美は、ちょっと風変わりだけど、よくその辺にいそうな不器用な人間の侘しさ、劣等感などをじれったくなるほどうまく描いています。

これが芥川賞作家と直木賞作家の違いでしょうか。

本作、おそらく若い女性には結構受け入れられた作品なのでしょう。直木賞以降の動向は注目しておこうと思います。

2010年3月20日 (土)

エコポイント基準改正で仕方なく激安TVを買う。

エコポイント制度の4月1日の基準改正にということで、薄型テレビの駆け込み需要のピークを迎えているようです。

特に家電量販店の店頭価格はここ1ケ月かなり白熱しているようで、毎週土曜日のチラシもテレビのスペースがかなり広めになっていますね。

テレビメーカーのモデルチェンジは年2回あります。当然、現行モデルの多くは、新基準に対応した製品が多いので、特にたたき売り状態になっているのは2009年の上期以前のモデルですね。

我が家の場合、現在使用しているのは29インチのブラウン管TVで、既に15年もの。TVのリモコンに至っては先々週に息子2が高校受験日に投げつけて壊してしまった(あ、結果的に合格していました)ので、いい加減買い替えなければいけない状況に追い込まれました。

一方、半年ほど前から地デジ対応の方法を検討してきてはいました。
我が家は藻岩山の影響で元々映りが悪い地域にあるため、JCOMに繋いでいます。元々、家を建てる時に地域協定があることが判明、アンテナを立ててはいけない、家の色も派手な色はダメ…なんて制約のある場所なのです。

JCOMへの接続も、工事費を負担(確か35,000円くらい)して、その後無償で番組を観るか、工事費を無償にしてJCOMに加入するかでしたが、前者を選択しました。つまり、アンテナは立てずにTVを観ていまして、当然、JCOMに加入はしていませんので、月々は料金はかかりません。

そこで、年末くらいからNTTのフレッツTVの電話攻勢があり(特にNTTのオバサンの強気なセールスには辟易した)、一時はぐらついたりしましたが、JCOMに地デジ後の対応を確認していなかったので、とりあえずはお断りしました。

NTTの言い分は「JCOMさんが無償で地デジでの接続は行わないはず」

そのうち、JCOMに確認しておかなければいけないとは思いつつ、「まだ時間があるからな」と確認もせず、ズルズルとここまで来てしまいました。

エコポイントの基準改正もあり、先週、重い腰を上げて、JCOMに確認してみました。
住所を告げると、あっさり「何もしなくてもそのまま地デジに接続できますよ」との回答。いやあ、NTTのあのオバサンのセールストークをすっかり鵜呑みにしていたのが間違いでしたね。何を惑わされていたんだろう。

そんな訳で、買い替えの環境は揃ってきました。

もし導入するとしたら、どのメーカーにするか…

プラズマは対象外。
液晶はシャープがいい。
しかし、映像処理に関しては東芝・ソニーがいい。
HDD録画をしたい。
容量を増やすのが簡単なHDDに対応したものがいい。

ということから、東芝のREGZAを候補としておこうと決めました。
特にREGZAのZシリーズ、Hシリーズはコストパフォーマンスが高いので、この辺りが第一候補。

今週、月曜日にヨドバシに行く機会があり、TVコーナーでは「37H8000」が\99,800(限定5台)の表示がありました。

・37インチはちょっと小さいのでは?
・パネルがクリアパネルじゃない。

でも
300GBのHDD内蔵
USB接続でHDD増設可能
2009年6月販売開始なので割と新しい
で、安い。

魅力的ではありましたが、その場では決めあぐねて見送りました。

調べてみると
年間消費電力量(kWh/年)は
     【旧】H8000 【現】H9000
32インチ   107  →   96
37インチ   128  →   141
42インチ   143  →   167

旧モデルのほうがエコなんですがねえ。2008年度の省エネ基準でも37H8000が236%、37H9000は214%と逆転しています。で、H8000は新基準には対応しない… どういうこと?

当然ですが、画面サイズが大きくなると消費電力は大きくなるのですが、エコポイントはたくさん付く。これもよくわからん。

この新基準の資料はココにあります。
http://www.eccj.or.jp/toprunner/tv/tv090723.pdf

読んでも大半の人はわからないと思いますが… もちろん私もよくわかりません。
ただ、H8000は省エネの性能は高いにも関わらず、何らかの理由で新基準には対応していないってことですね。

そして昨日、再度ヨドバシに行ってみました。
REGZAコーナーでは旧製品は姿を消しています。
サイズ別に陳列されたコーナーには40インチのA8000という機種がありましたが、大きさはいいけどHDD接続ができないしなあ… やっぱり新製品のほうがいいかなあ。

なんて見て歩いていましたら、目立たない場所に37H8000が置いてあります。しかし値札がありません。
一応確認してみようと店員さんに聞いてみました。

「この間これが展示されているのを見かけたんですが、これは売り物じゃないんですか」
「いえ、これ最後の1台なんですよ。展示品なんで安くできますけど」


そうなのか 展示品ねえ。。。
一応価格を確認してもらうことにしました。

店員さんは奥に価格を確認しに行きました。
やっぱりやめようかな。安いとは思うけど、ちょっと小さいし、展示品だし。

店員さんが戻ってきました。
「これですと79,800円なんですが、展示品なので20%引けますので63,800円になりますね」
?今、なんと? 37インチのHDD内蔵TVが展示品とはいえ63,800円?
そもそも月曜日は79,800円ではなくて、99,800円だったのに。

「エコポイントとリサイクルポイントもつきますよね?」
「はい、これは4月以降は対象外となりますので、3月一杯であれば、エコポイント17,000ポイントとリサイクルポイントが3,000ポイントになりますね」

しかし、今は現金持っていないない…
現金ならポイント還元は10%。

「クレジットだったらポイント還元はどうなるんですか?」
「8%です」

実質的にはこんな計算式ですね。
価格 63,800円
   -20,000円… エコ・リサイクルポイント
  約-5,000円… ポイント還元
-----------------------------------------
実質 →38,800円!
     ~~~~~~~~~~

「じゃあ、これ買います」
何かの間違いじゃないか… 37インチのTVが40000円弱で買えちゃうとは。

というわけで、昨夜は衝動買いしてしまいました。

帰宅して、「37インチのTVを買った」という話をすると「ええーっ?ちょっと小さいんじゃない」と言われましたが、価格を話すと「いや、それなら買いだよ」

そうだよねえ。

HDD内蔵の37インチのTVが40,000円弱だもの… 何度も書くけどさ。

そんなことで我が家もやっと遅ればせながら地デジ対応になります。

2010年3月18日 (木)

東京は春、札幌は冬

スカイマークはよく遅れますね。理由は「機材の到着遅れ」。離陸に梃子摺って、さらに遅れる。空港内の序列でもあるんじゃないだろうか。

時間に余裕がないときはスカイマークはやや危険かもしれないですね。

それとちょっと気になったことが一つ。

空港に到着し飛行機が停止した後、ドアを開ける前に客室乗務員がインタホンで誰かと話して指示を受ける風景をよく見かけますよね。そこで、その客室乗務員が「了解です」と言ったのです。

確かに社内ではよく「了解です」は使われます。特に若い女の子はよく使う。

垣根涼介の小説「借金取りの王子」の中でも、面接に来た女の子に「了解です」と答えられ、呆気に取られるシーンがありましたね。

「了解です」は社内で使うのは構わないと思いますが、目の前にお客さんがいることを考えると、やめた方がよさそうですね。少なくとも私には違和感がありました。

まあ、1番前の席だったので、たまたまそれを聞いただけなんですが…

さて、東京はもうコート要らないかなというくらいに暖かく、そろそろ桜が開花してもおかしくない陽気でした。

Ariake100317

宿泊した有明ワシントンホテル。汐留からゆりかもめで20分くらいかかりますが、出社時に満員電車に乗りたくない方にはおすすめのホテルです。当社の東京支店は大門にあるので、座席に座って優雅に出勤できるのはラクでいいですね。

いつもシングルでお願いするのですが、何故かツインで準備してくれます。

一方、札幌。帰ってきたら冬に舞い戻ってしまいました。薄手のコートじゃダメですね。

Sapporo100318

2010年3月17日 (水)

EVERNOTEは便利?

今日は東京出張で、久々に東京に泊まっております。
ゆっくりしたかったので、仕事が終わったら早々にホテルにチェックイン。

先程までのんびりしていたのですが、WBSでエバーノートを取り上げていました。そうか今月、日本語版がリリースされたんですね。

さっそく使ってみます。

EVERNOTE
http://www.evernote.com/about/intl/jp/

Evernote01

ここからサインインします。

Evernote02

一緒に使うクライアントソフトウェアもダウンロードします。
http://www.evernote.com/about/intl/jp/download/

Evernote03

このサイトで、ダウンロードし、指示に従ってインストールするとWindowsクライアント版が立ち上がります。

Evernote05_2 

今日の交通費をメモとして入力します。これで「同期」すると、こんなふうにEVERNOTEのサイト側にも現れます。

Evernote06

だから何なの?メモがわり?

う~ん、便利なものかどうか、少し使ってみることにします。

2010年3月10日 (水)

ライター業。

ここ最近の私の仕事はライター業です。

オープンソースのBIツールを納品するのですが、米国のオープンソースだけあって日本語のマニュアルが不完全なんです。
この仕事では、キューブ設計、レポート作成に携わったので、このBIツールに関しては、マニュアルを作れるくらいには熟知できました。

元々、英語の市販のマニュアルは販売されているのですが、日本語の本格的なマニュアルは存在していません。特にキューブ設計とOLAP分析については、触って覚えてねーという感じのマニュアルしかありませんので、これじゃあ、お客様に失礼だろ…ということになりまして、私が作っております。

もしかして、このマニュアル売れるんじゃね?

こんな感じのマニュアルです。

Psw

Jp

このシステム、あと何社かに売れれば解説本を出版できそうな気もします。

2010年3月 9日 (火)

おいおい。『あしたのジョー』実写化はねえだろ。

昨日のニュースで、「あしたのジョー」の実写映画化の話が報道されていました。

矢吹丈     山下智久
丹下段平   香川照之

う~ん、想像できませんね。
あしたのジョーの40周年を記念しての作品らしい。

香川照之と言えば、芸能界No.1のボクシング通。NHKの「龍馬伝」の岩崎弥太郎役を見る限りでは、想像できなくもないですが、片目っていうのが、漫画でしかありえないですよね。

漫画でしか描けないことってあるものです。それを見る人は、漫画だと思っているから何の不自然さも感じないわけだけど、それを実写化した途端に、原作を汚してしまうような気もするんですが…

企画はTBS。
個人的にはTBSのボクシング中継は嫌いなので、あまり期待しないでおこうか。

調べてみてわかったことなんですが、「あしたのジョー」実写版というのは既に実在していたんですね。



主演は石橋正次(そうそう、主題歌を歌っている人です)。実に1970年の作品。
いやいや知りませんでした。

少なくとも、これを上回る作品に仕上がってほしいものです。

2010年3月 7日 (日)

移転リニューアル!ロフト札幌店

3月5日に札幌駅直結のエスタに移転した『ロフト』。
あれだけの商品をエスタ6Fのワンフロアに収めることなどできるのだろうか…と見物に行ってきました。

ロフト札幌店

■『ロフト』札幌店
札幌市中央区北5条西2丁目 エスタ6F
011-207-6210(代)
OPEN 10:00-21:00 CLOSE

ロフト売場

やっぱりかなり無理があるかもなあ…この狭さは落ち着かない感じがします。もっとも今日は移転直後なので混み過ぎですけどね。

東急ハンズが旧西武札幌店跡に入るという、もっともらしい噂はどこに行ったのでしょうか。
3月6日の北海道新聞の記事によると、旧札幌西武の土地と建物の総額は90~100億円とされ、未だに売却先が決まらないようです。西武がなくなったことで売上が増加するかと思われていた大丸札幌店は、逆に売上が前年数%下回っているそうで、札幌駅前の集客力が落ちていると見ている模様。

でも今日の駅前は、駐車場待ちの車でごった返ししており、私は有料駐車場に止めてのショッピングとなりました。

駐車場待ちの渋滞に巻き込まれ、ロフトでもレジ待ちの列で疲れてしまいました。

ロフトのレジ待ち

こんな感じです。
私が購入したものはこれ。

PROUDMEN ■PROUDMEN..

▼楽天ショップ

レノア・ジャパンが販売する男性用化粧品です。ウッディムスクを中心にマリン・フローラル、地中海シトラスで構成したほのかな香りの化粧品で、消臭効果のあるカキタンニンを配合しています。

このカキタンニンとは渋柿の渋みに含まれる成分で、古くは剣道の武具の消臭に使用されていたとか…
実は、こんな商品知らなかったのですが、ロフトで見つけて衝動買いしてしまいました。

ロフトについては、今日は余りの人の多さにゆっくり見て歩く余裕もありませんでしたので、会社の帰りにでもまた寄ってみます。

2010年3月 5日 (金)

リモコンが。。

昨日は息子2の公立高校受験日で、家に帰ったらTVのリモコンが壊れていました。
夕方、入試のTVの特番で解説があったらしく、そのせいのようです。

私が帰宅した頃には随分落ち着いていましたけど。。
息子1のときは単身赴任で家にはいなかったので、こういう状況は初めてのようなものなのです。
落ち着かないもんですね。

2010年3月 3日 (水)

フレッツ光メンバーズクラブに入会してみました。

息子2がミスチルのライブ映像を見たいというので、フレッツ光メンバーズクラブに入会しました。

目的のミスチルのスペシャルコンテンツを見てみたら…

Flets_mrchildren

ドームツアーのライブ映像配信は
「しばらくお待ちください」
になっています。

しばらく待ってみました。

でも変わりません。

きっと準備中なんだね。なら、「準備中」と書いてほしいなあ。

2010年3月 1日 (月)

WebsiteSpark 無償でMicrosoftの開発環境を入手する

3年間、無償でMicrosoftの開発環境を使えるWebsiteSparkという制度があります。

■参加要件
次の要件を満たしているかご確認ください。
Web 制作・構築ビジネスを主業務として行っている企業であること (個人事業主含む)
従業員数が 25 名以下であること
Windows プラットフォームを用いた新しいドメインの Web サイトの開発を積極的に推進すること (6 ヶ月以内に 1 サイト以上構築)
MPN (Microsoft Partner Network) への参加に同意いただくこと (登録時に契約への同意が必要になります)
Microsoft BizSpark に参加していないこと

つまり、Webサイト制作(HP制作を含む)、構築を行う中小企業向けであれば、問題なく加入できます。
提供されるプロダクトは

■開発ツール
Visual Studio 2008 Professional Edition : 3 ユーザーライセンス
Expression Studio 3 : 1 ライセンス
Expression Web 3 : 2 ライセンス

検証、デモ用サーバー ソフトウェア
Windows Web Server 2008 : 3 ライセンス
SQL Server 2008 Web Edition : 3 ライセンス

MSDNサブスクリプションにてダウンロードができるようになります。
終了後(3年後)には$100支払う必要がありますが、Visual Studioが無償で提供されるというのは魅力的ではないでしょうか?

▼詳細は
https://partner.microsoft.com/Japan/40119435

▼申し込みは
http://www.microsoft.com/web/websitespark/

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ