2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« 男2人での奇妙な共同生活を想う…『まほろ駅前多田便利軒』 | トップページ | 基本契約書の印紙代はどこが負担する? »

2009年11月23日 (月)

大場浩平V5戦。鬱憤晴らす久々のKO勝利

昨日(2009年11月22日)、名古屋国際会議場において日本バンタム級タイトルマッチが行われました。5度目の防衛戦となるチャンピオンの大場浩平は同級1位・元王者で世界挑戦経験もある池原信遂(大阪帝拳)に対し、9回2分58秒TKO勝ちを納め、大場の戦績は27戦26勝(11KO)1分けとなりました。

大場は私が昔から追いかけてきたボクサーで、新人時代から和製メイウェザーと呼ばれ注目されてきた選手。最も注目されていたデビュー当時はフライ級で、現在のバンタム級に転級してからがKO勝ちはなく、特に日本チャンピオンになってからは、綱渡りの防衛を続けてきました。

今回、ベテランの池原を久しぶりのKOで倒し、世界が見えてきたんじゃないでしょうか?ここ数試合の出来では並みの日本王者か-と思えるような戦いぶりでしたので、本人もスカッとしたでしょう。

というわけで、大場君の歴史をYouTube動画で振り返ってみました。

▼OPBF挑戦(2006/02/05)直前
東洋太平洋バンタム級チャンピオンへの挑戦を控え、ビビリまくる大場君。試合結果は分の悪い判定引き分け(明らかに地元判定)。

▼シャーウィン・マナタット 2006/12/09
大場君得意のボディーブローで、マナタットをマット沈めます。大場君初期の必殺パターン



▼ガーオナー・クローンパジョン(タイ・バンタム級王者) 2007/03/18
この試合から判定勝利が続きます。距離を取り、スピードを活かして時々放つフリッカージャブ、一気に懐に飛び込んでの右アッパー、左ボディが効果的に決まる彼本来のボクシングから遠ざかって行きます。




▼木島安雄(日本バンタム級9位) 2007/08/08
木島のように前に積極的に出てくる相手に対すると、自分の距離感を崩され、時々受けに回ってしまいます。研究されると厳しくなってくるか… 判定勝ちはしましたが、大場の距離が崩れ始めたなあ、このまま上に行けないのではと不安にさせた一戦。



▼三谷将之(日本バンタム級王者) 2008/02/24
三谷もいい選手だったなあ。明白な判定勝利ではありましたが、相手が技巧派になると自分のボクシングができなくなるなあ。しかし、これで日本チャンプになりました。まだまだ心もとないけど。



▼2/4
http://www.youtube.com/watch?v=PyJCKlwZpmY
▼3/4
http://www.youtube.com/watch?v=LfSps5ekXgw
▼4/4
http://www.youtube.com/watch?v=yvFhICACN7s


▼児玉卓郎(日本バンタム級2位) 2008/06/15
大場は名古屋の大一スペースKジム、児玉は岐阜ヨコゼキジムということもあり、よくスパーリングで手を合わせていたという二人。前半から試合を支配していた大場君でしたが、9Rに不用意にパンチももらい、KO負けかというところまで追い込まれます。初防衛戦にして大試練。辛くも判定勝利。



▼8~9R
http://www.youtube.com/watch?v=22MCqx6soKQ
▼最終10R
http://www.youtube.com/watch?v=cWiKgSzofj0


▼臼井欽士郎 (日本バンタム級1位)  2009/03/01
臼井は当時のバンタム1位。前半受けに回る悪いクセが出て苦戦しますが、後半に大場君の距離となり的確にパンチ当て逆転勝利。判定は2-1(97-94×2, 94-97)。この試合の前のV2戦はバンタム2位の川端に初めて痛烈なダウンを奪われているしなあ。危うい。。

▼2/5
http://www.youtube.com/watch?v=6R1b9hBQXyM
▼3/5
http://www.youtube.com/watch?v=XzPL810x5bw
▼4/5
http://www.youtube.com/watch?v=fZZWdEn6p40
▼5/5
http://www.youtube.com/watch?v=WeC5ikaEWfQ

この試合の後、日本バンタム級10位の馬野と防衛戦を行い、大差判定で勝利しています。但しKOできず、またも判定… と、彼のボクシングは足を使ったアウトボクシングであり、さらに上を狙うには消極的に見えてしまい、KOしない限り難しいかと思っていました。

それが今回のKO勝利。あと1試合、本物であることを証明してね、大場君。そしたら自ずと世界が見えてくるよ。

« 男2人での奇妙な共同生活を想う…『まほろ駅前多田便利軒』 | トップページ | 基本契約書の印紙代はどこが負担する? »

Boxing!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504669/46838103

この記事へのトラックバック一覧です: 大場浩平V5戦。鬱憤晴らす久々のKO勝利:

« 男2人での奇妙な共同生活を想う…『まほろ駅前多田便利軒』 | トップページ | 基本契約書の印紙代はどこが負担する? »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ