2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« ワンミニッツリーディング? | トップページ | 商標Qの軌跡 Vol.25 »

2009年10月 4日 (日)

ワンミニッツリーディング Vol.2

1ミニッツリーディングの報告

2日目は午前中(実は昼頃)に1ラウンド(10ミニッツ→5ミニッツ→1ミニッツ)行い、マニュアル通り午後から1ミニッツを24回行いました(未読の本はそれだけありませんでした。全て新書版です)。

結果、1分で1冊読めるようになったかというと…

この「1分間で1冊読める」というのは、「この本に何が書いてあるかわかるようになる」というくらいで、しかもわかるようになるのは予め既知の用語で構成されている本であると思います。

昨日、使用した本の中で言うと「天才の育て方」(五嶋節著)はわかるようになりますが、あとの2冊はチンプンカンプン。「天才の育て方」もどんなことが書いてあるというのがわかる程度で、言わんとしていることまでは掴めませんでした。頭悪いのかなあ…

というわけで、改めて「天才の育て方」を読んでみました。
かかった時間=40分… やっぱり頭悪いのかなあ。この本、文字数は少ないんだよね。
ただ言えることは、ディテールに拘らずに読むようになる、つまり、主旨が掴めればいいという読み方になるので、時間は短縮されるとは思います。それから、これだけ本のページをめくっていると挫折はしづらくなるでしょうね。読書をしていて苦痛と感じることは間違いなく減ります。

Tensai 「天才」の育て方 (講談社現代新書)
五嶋 節 (著), 中島デザイン (編集)
価格:¥735 

Amazon amazon.co.jpで見る

天才ヴァイオリニスト五嶋みどり、五嶋龍の母親=五嶋節さんが書いた子育て論。
と言っても天才ではないと言っているんですがね。自分が教えられるヴァイオリンを子供が習いたいと言ってくれたから教えたということなのですが、やはり子供が著しく発達する時期である3~5歳の時期に教え始め、教え方もかなりスパルタであったようです。

「ゆとり」なんて50代からで十分… これ五嶋節さんの生き方そのものですね。

特に五嶋みどりのほうは不器用で、何度も同じ箇所を練習をしても中々うまく弾けず、もどかしい思いもしていたとのこと。しかし、器用な子ほどちょっと練習しただけで弾けてしまうので、レベルが上がってそれができなくなったときに壁にぶち当たって挫折する子が多いそうで、五嶋みどりは不器用な分、厳しい練習を重ねたことで継続するための忍耐力を身に付けたことが成功に繋がったと書いています。

う~ん、妙に納得してしまう。

五嶋姉弟は教育にお金からなあ…金持ちは違うやなんて思っていたのですが、違うんですね。筆者が幼い娘と渡米したときは本当にお金がなかったようです。五嶋みどりとはそういう倹約生活を共にしながら母娘助け合って生活していた様子が伝わってきます。

子供のことで悩むお母さん、これを読めば少しスキッとするかも。
私は子供のことで悩むお父さんなんですが(笑)

« ワンミニッツリーディング? | トップページ | 商標Qの軌跡 Vol.25 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504669/46397447

この記事へのトラックバック一覧です: ワンミニッツリーディング Vol.2:

» 節約暮し [節約暮し]
節約暮しでの節約・倹約で貯金を増やすための方法を、判りやすく紹介しています。 [続きを読む]

« ワンミニッツリーディング? | トップページ | 商標Qの軌跡 Vol.25 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ