2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

さよなら、西武札幌店。

今日、西武札幌店(札幌の人は未だに五番館という人がいますが)の前を通りかかりました。

Seibu01

そうです。今日が最終日です!
ついに103年の歴史に幕を閉じることになりました。入り口の前にいくと凄い混雑。

Seibu02

中には入らないけれど、老若男女ゴチャゴチャ人がいますね。通りかかったのが16時、閉店が20時なので、これからが本当のラッシュなんでしょう。せめてプロ野球の順位が決定するまで待てないもんかねえ。

駅前も寂しくなります…

Seibu03

2009年9月29日 (火)

ローソン 郵便は消極的に?

今日、速達を出したくて、隣のビルのローソンに行きました。
「これ、速達で出したいんだけど、いくらですか?」
ローソンの店員さんはとても申し訳なさそうに
「すみません。秤が撤去されてしまったので、わからないんです」
と言います。

なになに…この間まであったのに、どういうこと?
まあいいや、切手だけは売っているようなので、料金がわかれば売ってくれるか…
「25g以内なので80円で、それに速達料金をいくら足せばいいのかな」
「すみません、料金表も無くなったのでわかりません。切手だけならお売りできるんですが」

ローソンの店舗内にはポストがあります。なのに料金表もない?切手だけ売る?
秤が撤去されるというのであれば、どこかで使うのかもしれません。しかし、料金表まで無くす必要あるのかなあ。

結局、向かいのセブンイレブンに行き、ヤマトのメール便の速達でお願いしました。

2009年9月28日 (月)

エリマキトカゲ“モモ”

板についてきたモモのエリザベスカラー。

Momo090928

エリザベスカラーを装着した日は混迷していましたが、今ではすっかり慣れてしまって、狭いスペースだろうが、首を振りながら強引に入ってきます。

ソファにも軽~く乗っかってしまいます。

ただ舐めるのは不自由していて、いつも外から帰ってくるとベロベロ舐められるんですが、このエリザベスカラーのお陰で、舐められずに済んでいます。

2009年9月27日 (日)

ハーブビネガーを作ってみます。

毎週末、ハーブティーを作って飲んでいます。よく作るのはレモンバームとカモマイル。
バジルを使おうとすると料理はイタリアンになってしまうので、昨日などは、マルガリータ風ラーメンサラダなんていう奇妙なものを作ってしまいました。余ったバジルでバジルオイルを作ったりしていましたが、飽き足らず、ちょっと変わったものに挑戦してみようと思い立ったのがハーブビネガー。

Vinegar

左から、シソビネガー、バジルビネガー、ナスタチウムビネガー。ナスタチウムは半日でご覧の通り、花の色が落ちて、液体に滲みてきます。

分量は酢250mlに対して、
シソ×5~6枚
バジル×5~6枚
ナスタチウム(花)×3~4個
ってところでしょうか。

作り方は容器は熱湯消毒し乾燥させ、水気を切ったハーブを入れた後、酢を注ぐ。コルクで栓をして2~3週間やや暖かいところで保存する。その後、ハーブを取り出して完成。

…という手順なのですが、10月中旬には使えるようになるでしょう。

アサガオの種は要らんかね~

まだまだ元気なアサガオですが、根元の当たりにはもう種ができているようです。

Asagao01

取って中身を出してみると、種がでてきました。

Asagao02

この様子だと、近くの小学校の1クラスに配れるくらいは軽~く取れそうですね。

2009年9月26日 (土)

藻岩下の『もいわのおうち~nature~』

収穫の秋!

Kuri

って、うちの栗ではありません。

どこかというと、

Moiwa 『もいわのおうち~Nature~』
札幌市南区藻岩下2丁目2-41
TEL 011-809-8199
11:00~17:00

ちょうど藻岩シャローム教会のまん前にあります。
ここは以前にもレストランだったはず(以前は行ったことがありません)ですが、一度閉店してからは、しばらく使われていなかったような気がします。
お昼時だったので、ふら~っと寄ってみました。パスタとパンフォンデュを中心としたメニュー構成で、夜はやっていないようです。

私はイカとズッキーニのパスタランチを頼んでみました。長沼町の有機野菜を使ったサラダとパンプキンスープが一緒のプレートに乗って、1,000円です。食後のドリンクは300円で、ここのコーヒーは宮の森の佐藤珈琲の豆を使用しているようです。

パスタはアルデンテに仕上がっていて、ソースもイカのうま味を活かしたあり、おいしくいただきました。サラダも新鮮で瑞々しい。

お店の造りは1Fが厨房で、2Fに座席があり、料理を運ぶのが大変だろうなと思いました。プレートにしたのはそれもあるのでしょう。テラスが広いので、テラスで食事できるといいんですが…

本格的なレストランというより、気軽に寄れるカフェという雰囲気なので、コンセプトから行くと、これでいいのかもしれません。インテリアもぬくもり感があり、落ち着いた気分になれるお店です。長居したくなってしまうお店です。

Moiwa2

因みにここはテラスへの出入りは自由で、タバコを吸う方は灰皿を借りてテラスで吸うことになります。冬は禁煙になるんでしょう。冒頭の栗の写真は、このテラスの横に生えている栗の木を写したもの。

藻岩下は、隠れ家的ないいお店がいくつかあります。時々コーヒーを飲みにいく『桜珈琲煎房』、ケーキは『ろまん亭』、食事は『ルースロー』、いずれもお気に入りのお店ですが、一つ追加しておくとしましょうか。。

大きな地図で見る

沢尻エリカが契約解除の日に…

先日読んだ雫井修介原作の映画『クローズド・ノート』をレンタルで借りて見ました。本作は沢尻エリカの顰蹙会見で有名になりましたが、原作と比較して出来が悪いだけではなく、原作を読んでいなくても映画の出来はよろしくない作品でしたね。

Closednote 『クローズド・ノート』
出演:沢尻エリカ,伊勢谷友介,竹内結子
監督:行定 勲

伊勢谷友介と竹内結子は好演していたのですが、主演の沢尻エリカの読解力がないのか、脚本が悪いのか、行定監督のやる気がなかったのか、とにかく主人公である「香恵」が可愛いだけの女の子で薄っぺらくて、沢尻エリカのために作った映画なのかと思えたほどでした。

原作の香恵は不器用で、もっと普通の女子大生であり、リュー(伊勢谷)という少し年上の画家に憧れながら、クローズド・ノートを読み進めていく中で、伊吹先生に少し嫉妬を覚えながらも共感を持ち、リューに対して一人の女性として向き合えるように少しずつ成長していく…そんな小説でした。

なので、香恵の役を沢尻エリカが演じるというのは元々違和感があったのですが、沢尻エリカを見たいという人にしか観るべき価値がない映画になってしまっていました。

行定監督も相当悩んだんだろうと思いますが、妥協してはいけませんね。監督と沢尻エリカの間で、「香恵」という女の子に対する解釈に相当のギャップがあったんだろうと思います。想像ですが、監督のイメージ通りに製作が進まないことで、製作現場では沢尻エリカが相当不機嫌だったんではないかと思います。

観終わってからネットを見ていましたら

沢尻エリカ、契約解除へ 重大違反が発覚

薬物疑惑ですか?

よりによって、DVDを観たその日にニュースになりますかねw
この映画、益々嫌いになりました。
映画を見て「つまらない」と思った人でも、原作は読んでみることをお勧めします。

2009年9月25日 (金)

土木工事業者のホームページはどんな感じがいいのだろう…

取引先の建設会社からホームページをリニューアルしたいとの相談を受けました。この会社、ダム工事などの大規模土木工事を行っている会社で、現在のホームページは自社開発(一目でホームページ・ビルダーと分かる画面)です。

センスはお世辞でもいいとは言えないのですが、当社にもデザイナーがいるわけではないので、「ホームページをやれません」と言ったのですが、窓口が増えるのはイヤなので、当社経由で納めてほしいとの申し出がありました。

大変ありがたいお話なのですが、当社のセンスには自信がないので、きちんとした制作会社にお願いすることにし、お言葉に甘えて見積書は当社名で提出することにしました。

さて本日、制作会社の人と訪問しました。
まずはWeb制作事例を中心にお話したのですが、この制作会社はホテルなど割と見栄えを気にする会社との取引が多いようで、スタイリッシュなものが多く、一味違うなと感じさせられます。私はこの会社のデザイナーを高く評価。

ところが、事例を見ながらお客さんは
「う~ん、カッコ良すぎるんだよね。ウチは土木関連の仕事をしているんだから、こんなにカッコいいと逆に困るよ。これじゃ元請より派手になっちゃうでしょ」
と予想外の反応。

困りました。じゃあどんな感じがいいんでしょう…

客先でゼネコンのホームページを見ながら、“そうか、こういうカチッとした感じがいいんだな”と思ったのですが、普通でいいと言われるとデザイナーも困っちゃうんだろうな。

次回はサンプルをお持ちすることにしていますが、どんな風に仕上げて来るか楽しみです。

ところで、この制作会社の人、社長がデザインには口を出してくると聞くと
「社長はどんな性格の方ですか?」
とさかんに気にしていました。お客さんからは説明があったのですが、イメージがどうも湧かないらしく究極の質問はこれでした。

「社長はどんな車に乗っているのですか?」

「黒のマジェスタです」

「わかりました」

なるほど!“黒のマジェスタ”ね。確かにイメージ湧きますね。

2009年9月24日 (木)

モモが退院してきました!

モモ

エリザベスカラーで退院してきたモモ。
乳腺腫瘍、避妊手術、爪切り、歯石取り… これを機会にいろいろとお願いしたんですが、本人にとっては辛い入院だったに違いありません。よく考えてみると、外泊すら初体験なのですから…

傷口を舐めないようにこうしているのですが、すっかり意気消沈していて、目も涙目になっています。

狭いスペースには行けない
散歩しても匂いを嗅げない
ケージに自分で入れない。
ソファに飛び乗れない。
食事するにも邪魔になる。

などなど…
おそらく自分が何故こんな目に遭わなければいけないのかも理解していないと思うので、病院に置いていかれ、そこで酷い目に遭ったと思いこんでいるに違いありません。

散歩中も立ち止まって、溜息をついていたとか…

乳腺腫瘍の検査結果は1週間後。その間は安心できないのですが、とりあえずは1週間、エリマキトカゲの状態は続くわけで、元気のない姿は見ていて胸が痛みます。

2009年9月22日 (火)

手術の予定でしたが…

昨日はモモの乳腺腫瘍の手術日…

だったのですが、家族が間違えて朝ごはんをあげてしまいました。

おかげで手術は23日に変更となり、何事もなかったように家でくつろいでいます。

モモ

2009年9月21日 (月)

収穫祭!?

っていうほどのものではないのですが、いい加減収穫しないといけない状況になってきまして…

まずバジルですが…
収穫を怠っていたら、先端から花の芽が出て来まして、もはや限界に近い状態。

バジル

次はシソです。花が咲いてきました。摘芯してなかったので、夏が終わったこ時期に摘芯してもねえ…

シソ

ミニトマト。
実に栄養を取られて続けたことで、葉が枯れてきてみすぼらしい。先週の寒波の影響もあったようです。

ミニトマト

昨日はボルシチを作ったのですが、タイム、セージ、フェンネルを摘んで使いました。こういうハーブは本当は使わないのでしょうけど、あるものは使わないと。。

というわけで今日も収穫!
ミニトマト
バジル
シソ
レモンバーム
カモマイル

今日の収穫

レシピを増やさないと飽きちゃうなあ…

2009年9月20日 (日)

自民党リーダーの条件 自民党総裁選公開討論会で

政治ネタの番組が多い中、昨日の自民党総裁選公開討論会は特に面白かったですねw

河野太郎議員のアグレッシブな姿勢は新鮮でした。この討論会を盛り上げてくれた立役者です。麻生派出身ですが、麻生さんはどんな気持ちでこの討論会を観たんでしょうか?

YouTubeにアップされていました(抜粋版)ので、ちょっと紹介。

西村議員との応酬は面白かったのですが(どう見ても河野さんに軍配)、ニュースでは省略されたのは残念。
ライブ中継で見た私は久々に興奮しましたよ。
2大政党制で民主党に対峙するなら、河野さんくらいのパワーが必要でしょうね。野党として再出発するなら、魑魅魍魎は去ってもらわなければ…

1Q84の第3部が出るらしい。来年だけど…

1q84_1 『1Q84 BOOK 1』
村上 春樹 (著)
価格:¥1,890

Amazon amazon.co.jpで見る

1q84_2 『1Q84 BOOK 2』
村上 春樹 (著)
価格:¥1,890

Amazon amazon.co.jpで見る

ようやく読みました。読んでいる最中に筆者が来年初夏を目途にBOOK3を完成させる予定との毎日新聞のインタビューが公表されましたが 、その時はBOOK2を読んでいたこともあり、これで完結しないことを想定しつつ読み進めました。おそらく公表されなかったとしても、BOOK3が出なきゃいけないと感じましたが…

この展開は「ねじまき鳥クロニクル」に似ていますね。BOOK3で完結するのかどうかもわかりませんが、間が1年空くことでBOOK3も爆発的に売れることになるでしょう。

村上春樹の本の中で、購入しておきながら読破していないのは「アンダーグラウンド」と「ねじまき鳥クロニクル」。アンダーグラウンドはオウム真理教を題材としたドキュメンタリー作品ですが、果たして何を意図してこの本を書いたのか理解できず頓挫したわけですが、今になって、この作業が本書の創作の大きな原動力になっているのだということに気付きました。

それは彼が毎日新聞のインタビューでも触れている『個人とシステムの対立』というテーマです。ここでいうシステムとは「宗教団体」である「さきがけ」というのがミクロな視点で、マクロ的には「組織」「社会」ということになるわけですが、その解釈は読者が自由裁量で考えていいと思う部分。
作品中に登場するリトルピープルもそうですね。死んだロバの口からリトルピープルが出て来て、空気さなぎを作る。幻想的ですが、象徴的な部分です。

リトルピープルとは何か、「ふかえり」の本当の役割は何か… BOOK3で展開されることになるのでしょうが、おそらく簡単には想像させないところに本作品のスケールの大きさを感じます。
が、多分15歳未満には読ませられない作品かな…
まあ、大人なりの小説の楽しみ方があってもいいじゃないですか。1984年の頃の社会を生々しく思い出せる人のほうがイマジネーションが広がるでしょうから。

2009年9月19日 (土)

主婦の健康診断って…

今週、カミさんが健康診断で「子宮筋腫」であることが判明しました。
大きさは5cmくらい。

5cmくらいと聞くと大きいなと思うのですが、子宮筋腫ではまだ小さいほうらしい。
主婦というのは自主的に受診しようと思わなければ健康診断とは無縁なので、健康だと思っても定期的に受けたほうがいいね。

因みに私の今年の健康診断は「A」フルマーク。手術はイヤですが、「時々入院したい」と思うこともあります。

…単なる我儘か。

21日にモモの乳腺腫瘍の手術があるというのに、そのあとでカミさんも手術です。入院期間中の家事の負担を考えると気が重くなります。

2009年9月18日 (金)

ラックサーバのコンソールを安く仕上げる。

今月、24Uラックサーバに4台のサーバを実装して納入する予定のお客様がいます。
1Uの17インチLCDコンソールユニットを提案していたのですが、定価が398,000もするので、
「これだったらサーバ1台買えるでしょ。こっちの収納ユニットのほうにしてよ」とお客様が言います。ごもっとも!

他社製の同等品(いわゆるドロワ)も調べてみましたが、まあそこそこするもんなんです。
よって、収納ユニット(NEC純正品)で組みますと、
N8143-54B 液晶ディスプレイ/キーボード収納ユニット \62,000
N8191-10 サーバスイッチユニット(8Server/USB対応) \125,000
N8170-18 ラックマウント用キーボード \15,000
N8170-15 マウス \5,000
N8171-45A 15'液晶ディスプレイ \39,800
-----------------------------
 **計**     \246,800 …安い!

しかし難点が…
「これ使うと収納ユニットで2U、サーバスイッチで1U取られますよ。それでもいいんですか?」
「それはラックがまだスカスカだからいいけど、この15インチっていうのは何とかならないの?」
「メーカ純正品では15インチしかつかないんです。サイズの問題なんじゃないかと思うんですが…」
「じゃあ、他社製品でもいいから17インチで付くのを探してよ」
「う~ん、探してみますか」
適当に答えてしまったのですが、モニターだけ入れないで手配しておきました。

先週、届きましたので、開梱してみました。

NECの収納ユニット

壁やアームに取り付けるときのネジ穴の位置はVESA規格で決まっているのですが、この収納ユニットのVESAは75mm×75mmです。会社にある17インチモニターをいくつか試してみましたが、全て100mm×100mm。

まずい!

仕方がないので、ネットで探してみることに…
中々無いなあ…

ん?これは?

LGの「L1742S」
Wall/Armマウントタイプ  VESA規格(75mm×75mm)

これは行けるかも…と思い、手配してみました。

今日到着。

LG電子:L1742S-WF

LGのモニターのマウント穴

確かにVESA 75mm×75mmです。

さて取り付けてみます。

取り付け

付きました。これで収納ラックに収まるか…

収まった!

収まりました。

起こしてみるとこんな感じです。

フロントから

このモニターは12000円前後で購入できるものなので、結果的に安くあがりました。
ついでですが、キーボード、マウスも市販品で行けますよ。ただ、NECのサーバスイッチユニットに付けるときはPS/2のものにしましょう。

おそらく、純正品を使用しないで構成した場合、
N8143-54B 液晶ディスプレイ/キーボード収納ユニット \62,000
N8191-10 サーバスイッチユニット(8Server/USB対応) \125,000
テンキーなしキーボード \2,000
マウス \2,000
17インチモニター LG L1742S-WF \12,000
------------------------------------------
  計  定価でも約20万円ちょっと。

ラックに余裕があるのであれば、こういうのも有りですね。

2009年9月17日 (木)

フリーのグループウェア"Group Session"を試してみる。

Gsession

Gsession_2

主な機能は
・掲示板
・回覧板
・ファイル管理
・プロジェクト管理
・施設予約
・稟議
・スケジュール
・ショートメール
・タイムカード
・在席管理
 etc …

開発元は日本トータルシステム社です。

最初に評価に使用したマシンはOSがWindows Server2003、CPU=PentiumⅢ、メモリ=512MB、という、かなりチープな構成なので、レスポンスが悪く、実際に運用するには耐えられない状態でした(XP、Pen4、メモリ1GBのマシンに移行したら早くなりました)。

また、ヘルプはもう少し充実させたほうがいいですね。まあ直感的にわかるのでいいのかもしれませんが、初めてグループウェアの設定を行う人には、やや辛いかもしれません。

主な機能はオンラインデモで確認できますので、そちらをご覧いただくとして、フリーにしては、よくできていると思います。JDKとTomcatのインストールさえきっちりできれば、その日から運用ができます。お手軽にグループウェアを導入したいという会社にはもって来いでしょう。

欲を言えば、シフト勤務なんかにも対応できるようになればいいんだけどなあ… バージョンアップに期待というところでしょうか。

2009年9月15日 (火)

『ラクネ』にライバル店出現!

これまで、カイロプラクティックでお世話になってきた「らくね診療所」改めラクネ(RAKUNE)ですが、気づいたらライバル店が出現!

らくねっと

これ、隣のビルなんです。その名も「らくねっと」
???
これ類似商標にならないのかね。

こちらが「ラクネ」です。

RAKUNE

どちらが古いかというと、もちろん「ラクネ」です。
こういうの有りなんですかね。

大変失礼致しました。
匿名さんからのご指摘で、「らくねっと」さんのほうが古くからあるそうです

真相はですね(^-^;
ラクネさんのほうが設立、登記とも早かったようです。

「ラクネ」の商標は、特許庁の電子図書館(IPDL)によると、平成16年4月30日に株式会社クウェストさん(RAKUNE)が登録していますね。商標はラクネさんが古いわけですが、「らんくねっと」さんのほうがお店が古く、商標、登記はラクネさんが早いのですが、この界隈では「らくねっと」さんが早めに出店し、近隣に商標登録済みの「ラクネ」さんが出店した…という複雑な事情のようですね。

2009年9月14日 (月)

ヤマダ電機は「接客日本一」

先週末、近所にヤマダ電機がオープンしました。歩いて2~3分のところにベスト電器がありますが、きっと窮地に追い込まれるんだろうなあ。

さて、オープンに当たり日替わり特価品がありまして、土曜日のSDコンポがほしいと家族が言っていたのですが、「早起きは辛い」というので、私が並んであげることにしました。

ヤマダ電機のオープン時、お馴染みになった「日替わり特価品」。深夜から並ぶと近所に迷惑がかかるので、当日の朝7時までに店舗に行き、クジ引きすることになっています。流れはこんな感じです。

6:45  駐車場にロープが張られ、既に50名近くが並んでいる。
7:00 係員(やや横柄なオジサン)が来て、手順を説明。
   クジ引き→私は105番!
   並んでいる人はその半分くらいしかいないけどなあ。
   とにかくかなり不利みたい。
7:15 順番に番号を呼ばれる。今度はシルアル番号のカード。
   つまり空き番号があるらしく、今回の番号が本当の順番。
   私は「42番」

Yamada

う~ん、厳しいなあ。並んでから後ろを見ると、10名くらいしかいない。しかし、ほしい商品がそれぞれ違うだろうから、待ってみるか…
オープンは10:00なのですが、
「10時まで現地にいなきゃダメ」
「トイレやコンビニに行くときは前後の人に断ってから行くように」
との指示がありました。このオジサンはもうちょっと優しい言い方できないのかね。ヤマダ電機の社員なんだろうか…

9:30、列が進み始めました。そろそろオープン時間です。入り口に進む途中のコーナーで、係員のオジサンが希望商品を聞きます。
希望を聞くと
「プリンター!」とか
「電子レンジー!」とか
大声を張り上げます。すると奥のテントの人がオウム返しで
「プリンター!」
「電子レンジー!」
と答え、希望人数をカウントしているようです。

私の順番が回ってきた時点で、既に「SDコンポ」は全てなくなっていました。
くじ運は全くない私… くじで当ったものを人からもらったことはあっても、自分が当った試しがない。

意味もなく行列は入り口に向かってジワジワ進んでいきます。
自分は何のために並んでるんだっけ?
そうそう、SDコンポだった。
でももう無いんんだよね…

なんて考えながら進んでいたら、オープンの時間に…
目的もないまま、店舗の中に押し込まれていました。

で、どうでもいいものを買って帰ってきたんですが、よくよく考えると、希望商品を聞く時間帯が何故9:30なんだろう。
7:00過ぎには順番決まっているんだから、その時点で希望商品を確認すればいいんじゃないのかなあ。
9:30まで待たせる意図が、よくわかりません。

という、「接客日本一」のスローガンを掲げるヤマダ電機のオープン記念セールでした。

2009年9月13日 (日)

久々の『湯元小金湯』で出張の疲れを癒す。

温泉地に出張していたにも関わらず、温泉に浸からず帰ってきたことに気付きました。
なんてもったいないことを!
なんだか早く帰りたい…それだけでした。やっぱり車での道東主張は疲れます。

そんなわけで、今日は久々に午前中から湯元小金湯へ-

バスは真駒内駅出発9:30、10時頃には小金湯に到着します。
こんなバスです。

Koganeyu_bus

車で行くとビール飲めないもんね。中々快適なんですよ。ドライバーの接客も素晴らしい!

Koganeyu

開店時刻と同時に入ったので、お客さんは少なく、お風呂もゆったり。そして、リクライニングルーム…
おおw 1番乗り~

Rukurai

よし、1Q84のBOOK1を読むぞw

庭の風景も秋らしくなってきました。私は浴衣姿で、リクライニングチェアを少し倒して、オットマンに足を載せ、読み始めました。う~ん、静かだ。集中できるなあ。ページが進みます。

少ししてチラホラとお客さんが入ってくつろぎ始めました。おそらく4組目だと思うのですが、賑やかなオバサン2人が入ってきました。片手には缶ビール、いかにも中の良さそうなオバサン連れでしたが、その2人のうち、年配のほうのオバサンは明らかに酔っぱらっていて、周りでくつろいでいる人がいるというのに、声高らかに日頃の不満をぶちまけている様子…

気になって本が読めない。周りの人も迷惑だろうに… 時々咳払いなどしてみましたが、一向に気づかないようで、話は止まりそうにありません。

ついに諦め、2回目のお風呂へ。ゆっくり入っちゃおう。あのオバサン2人は1時間以上話し続けるだろうから。

風呂から上がり、再度リクライニングルームを覗くと、オバサン2人は姿を消していました。
あのオバサン達、休憩室だから風呂上がりにいい気分なんだろうけど、場所をわきまえろっていうの! サービススタッフも時々見に来て注意してほしいもんだね。

でも、これでくつろげる。
庭が良く見える一番奥のシートで、1Q84のBOOK1を一気に読みました。

気づいたら14時、仕上げにひと風呂浴びて、15時のバスで帰りました。
やっぱり、湯元小金湯のリクライニングルームは満足度高いなあ。旅先でもああいう部屋があるといいんだけどね。

2009年9月12日 (土)

出張後の庭の手入れ

出張があると庭の水撒きができず、不安になるものですが、札幌は少し雨が降ったりしたようで、ひと安心。

バジルはかなり葉が生い茂ってきたので、収穫しておかないと…

Basil090912

まだまだ収穫できるのですが、今日のパスタに使う分なので、これくらいにしておこうか。

さて、ミニトマトは遅く開花したほうの実が赤くなってきたところですが…

実が落ちている!ここは玄関先なので、モモの監視下にはありません。さてはカラスの仕業か?

Minitomato09090912_2 

屋根の上で、カサカサ音がする。上を見上げると、いるじゃありませんか。カラスが。

Karasu

…と、カメラを向けたところで逃げていきました。油断なりませんね。

この鉢も居間の近くに移しておかなくちゃ。

2009年9月11日 (金)

『そばのいちい』で北見の夜を締める!

北見で飲んだあと、最後の締めはココなんです。
お勧めは「天ぷらそば」。1100円です。

いちいの天ぷらそば

大きなエビの天ぷらが、揚げたてでジュージューしたまま載っかって出て来ます。そばは十割そばですが、ボソボソしていなくて、割とモチモチ感があります。
飲んだ後のお腹にしっとりと滲み込みます。夜中までやってますが、遅い時間でも割と混んでいます。

『そばのいちい』 
住所 北海道北見市北五条西3
TEL 0157-61-9775
営業時間 19:00~翌3:00

2009年9月10日 (木)

道東430kmのロングラン。十勝~阿寒~北見

鹿追から士幌に抜ける直線道路。途中、雨が降りましたが、十勝は入るとドライブ日和。最初の目的地は阿寒です。

274号線の直線道路

急ぎすぎて、早く着きそうだったので、オンネトーで休憩。
きれいです。やっぱりオンネトーはいい!この神秘的な風景は他にはない。

オンネトー

おや?展望台があるじゃないですか…
登ってみようかな… 展望台からオンネトーが見えたら綺麗だろうなあ。
しかし、この登山道はかなり危険。
密林の中、けもの道を歩きます。

登山道

なななか着かない。。
息が切れてきたので途中で2回休憩。
山頂に着きました。
800m登ったようです。

山頂

で、風景は…
なんと、オンネトー見えず!

展望台

重い足取りで登山道を下りました。
これで、30分の時間つぶし。

…で、阿寒湖。
つまんねー湖。 オンネトーのほうがよっぽどいいよね。

阿寒湖

腹立つのが、土地は沢山あるのに、駐車場が有料なんだよね。
1日410円。
もちろん、こんなとこ停めません。
こういうところが嫌いなんですよね。阿寒湖は…

有料駐車場

お昼なので、食べるところを探したのですが、目ぼしい所なし。何だか食欲がなくなってきました。どちらかというと夜向きの町並みです。
仕方ないか。ここに来る人の99%はホテルで食事するんでしょうし…
ホテルもランチやってないみたいですし、結局、ローソンでサンドイッチを買って寂しく食べました。

後で知ったことなのですが、オンネトー茶屋っていうのがあったんですね。ホテルに着いてからネットで調べてわかりました。ここで食べればよかった。

美しきオンネトー茶屋の熊笹餃子は絶品!(たけさん)

というわけで今日の宿泊は北見東急インです。阿寒湖からであれば、津別で左折して山の中のショートカットを通ってくると70km。意外に近いんですね。1時間ちょっとで到着です。

北見東急イン

2009年9月 9日 (水)

CTIアプリ開発は敷居が高いなあ…

あるお客様で電話機の入れ替えの話がありまして、とあるNEC系ベンダーからの相談がありました。
そのベンダーは、NECインフロンティアのUNIVERGE Aspire Xを提案しているそうなのですが、お客様の要求は電話の着信と同時に受付入力の画面を開きたい…という、いかにもありそうな話。

AspireにはAspire-OCXというCTI環境が準備されていまして、OCXそのものは10万円です。
ベンダーには「OCXの仕様書があれば開発はできますよ」とお答えしました。ベンダーさんが、それを受けて、仕様書を入手してくれることになりました。

そして、ベンダーさんが持ってきた資料。
「3rdPartyCTIでのアプリケーション・ソフトウェア開発によるCTI技術サポートの有償提供について」

「開発による」?
「開発のための」じゃないの?

まあいいや、中身をチェック。

・開発講習会を受講しなさい=>30万円
 1.5日。出張費は別途。要員2名。
 これを受けると3ケ月、Emailサポートを受けられるようです。

なんじゃこれ?1.5日で30万円取るの?しかも2名で来る?1人でいいじゃん。プロでしょ?

・開発検証機材を買いなさい=>50.5万円
小型の電話交換機やら何やら…

仕様書はついていません。ベンダーに聞いてみました。「仕様書がないとOCXがどの程度使えるのか判別できないし、そもそも見積もれないよ」
ベンダーも「そうだよね。中身ノーチェックで渡してしまって、すみません」と言いながら、メーカに聞いてもらったら開発検証機材を買わないと仕様書は出せないとのこと。

「じゃ、無理ですね」

ということなりますよね。見積するのに80万円かけるわけにはいかないし、開発検証機材の必要性もわかるのですが、こういうISV無視の大企業体質では、新たにAspireのCTI開発をしようとするIT企業は増えないでしょう。CTIって、システム連携によって他社差別化できる有効な技術なのだと思うのですが、そこは大企業なりの論理があるのでしょう。

2009年9月 8日 (火)

バーボンウィスキーウォッシュは二度おいしかった。

ご報告を忘れておりました。「バーボンウィスキーウォッシュ」をいただいたのです。
が、とっくに食べてしまいまして、ブログに書くのを忘れていました。

バーボンウィスキーウォッシュ
バーボンウィスキーウォッシュ

※画像が暗くてすみません。

このバーボンウィスキーウォッシュ、中札内にある「チーズ工房 十勝野フロマージュ」製で、カマンベールをバーボンで洗いながら熟成させたものです。味はかなり濃厚。

いただいた時に、賞味期限ギリギリまで待って食べて下さい-と言われたのですが、家でワインを飲んでいるときに、我慢できずに食べてしまいました。

3分の1残ったので、翌日に生クリームに溶かしてパスタにしました。チーズの味が十分に滲み出しますので、それ以外の味付けは不要かと思います。私はバジルを入れましたが、胡椒を少し使うくらいで十分かもしれません。

最近は花畑牧場で有名な中札内村ですが、生キャラメルとどちらをおみやげにもらったら嬉しいか…と聞かれたら、私なら迷わず「十勝野フロマージュ!」と答えますね。

■十勝野フロマージュ
〒089-1332
北海道河西郡中札内村西2条南7丁目2番地
TEL.0155-63-5070
チーズ工房(有)十勝野フロマージュ

営業時間/
 AM10:00~PM6:00(夏期)
 AM9:00~PM5:00(冬期)
定休日/水曜日(但し祝日の場合営業)

大きな地図で見る

2009年9月 7日 (月)

たまには、カモマイルティー

我が家の庭に群生しているローマンカモマイル。ローマンは多年草なので、放置したままですが、毎年勢力範囲を広げ、レモンバームと争っています。

今日は収穫し、カモマイルティーを作ります。

Kamomail

そうですねー これくらいの量で、500ccくらいはできるかな。

作り方は簡単。お茶を淹れる要領でポットにカモマイルの花を入れ、熱湯を注いで蓋をし、5分程度待って、できあがりです。

ホッとしますよ。

因みにジャーマンカモマイル(1年草)に比べると、やや苦みがでます。

我が家ではおそらく、半年分くらいであれば、毎日飲んでも大丈夫なくらいに大量に生えています。

2009年9月 5日 (土)

実は、麻生さんは嫌いではない。

選挙も終わり、新政権への過渡期に、好き放題、報道されていますが、いずれも憶測の域を越えませんね。
私はちょっと静観しております。

さて、私は皆さんが嫌うほど、麻生さんを嫌いではありません。むしろ、不器用ながらも、熱意を感じる姿勢は好感を持っていたと言ってもいい。

というわけで、私が共感した記事を一つ紹介。

全面的徹底改造計画その壱『もののふとしての麻生太郎の最期』

もののふだから女性には人気ないよね。仕方ないか…
小笠原が日ハムから巨人に移籍した際、トレードマークの無精ひげをバッサリ剃って、侍からヤサオトコふうに変身したことで、オジサンのファンが減ったのと一緒かな。
麻生さんが嫌いじゃないというオジサンは実は多いのではないかと思うのです。何歳からがオジサンと言うべきかは別としてね。逆に麻生さんを受け入れられる世代をオジサンとしようか

しかし、小沢は大嫌いです。麻生さんを「もののふ」とすれば、小沢は時代劇に出てくる悪代官にしか見えないなあ。
これもまた『全面的徹底改造計画その壱』に出てまいります。
詳細は、ブログをご覧下さい。
しかし、このブロガーは凄いなあ…

2009年9月 4日 (金)

ブログ→Google検索の実験的データ

先週、あるお店に行ったときのお店のマスターと会話。
もう、酔っぱらってグダグダの私。
「ホームページくらい作ったほうがいいんじゃないですか?」
「結構高いし、中々ヒットしないし… 本当に効果あるのか疑問なんですよね」とマスターは完全に疑っています。

「検索エンジンで引っ掛けるなら、ブログのほうがいいんじゃないですか?」
「そんな簡単にブログって開設できるもんなの?」
「じゃあ、試しに作ってみますか」

ということで、8月28日にアメブロで開設してみました。記事は4つです。
写真がないのにブログを作るのは辛い… しかも飲食店ですよ。
仕方がないので、Googleのキャッシュ(HotPepperかなんかのサイト)から落として使いましたが、まあ何とか形にしたって感じです。

尚、記事を書いた以外にやったことはGoogleへの登録とトラックバックです。

効果が出たのは8月30日。
Google検索順位は17位

8月31日>16位。ちょっと上がった!

9月1日>チェック忘れ

9月2日>圏外… ? もう、Googleでは跡形もなく出て来なくなりました。

やはり、マメに記事を書かないとこうなっちゃうんですね。
アクセスも激減です。

Amblo

その間、そのお店の名前を入れると、私のブログが1位か2位で出てくるようになってしまいました。

きっと、今度行ったときに「やっぱり効果ないでしょ」って言われるに違いない…
Googleの登録が効いてくるのは、もうちょっと後かもしれないけど、更新されないブログって、やっぱり検索順位が上がらない。

マスターに頑張ってもらわないと…

2009年9月 3日 (木)

商標Qの軌跡 Vol.24

トムソン・ロイター・プロフェッショナル社主催の「知的財産制度説明会(初心者向け)」に行ってまいりました。
定員200名でしたが、空席なしの状態で、昨今の知的財産権に対する関心の高さが窺えますね。

元々は、特許庁か北海道経済産業局だったかからの案内だったと思うのですが、申し込み先はトムソン・ロイター・プロフェッショナル社になっていたんですね。おそらくは特許庁から委託されてやっているのでしょう。

さて、内容。
特許庁が編集した「知的財産権制度入門」に基づいての説明となっていますが、このテキストは大変よくできています。
このところのレスポンスの遅さから、特許庁への苛立ちが募っていたのですが、見直しました。もしかして、トムソン・ロイター・プロフェッショナル社が受託して製作したのかな… 
まあ、どちらでもいいですが、これがあれば、知財の入門としては十分。下手な書籍を買うよりずっとましです。

ネットからもダウンロードできますので、ご興味のある方はこちらから。

経済産業省も知財には力が入っていますね。
「北海道知的財産戦略本部」が組織化されているのも初めて知りました。その組織の中で、北海道知的財産情報センターが様々な相談窓口になっているようで、知財に関してはワンストップで、相談に乗ってくれるようです。

何も知らず、弁護士さんに聞きに行ったのが間違いであった…
しかも、このセンター、会社のすぐ近くにあり、徒歩5分とかからない。
悔やまれます。ああ遠回り…

それはそうと、商標早期審査・早期審理制度 という制度があるのを知りました。

この中で、
(1) a) 第三者が許諾なく、出願商標又は出願商標に類似する商標を出願人若しくはライセンシーの使用若しくは使用の準備に係る指定商品若しくは指定役務又はこれらに類似する商品若しくは役務について使用している又は使用の準備を相当程度進めていることが明らかな場合

とあります。
当社が出願している商標に関しては、当てはまりそうな気がします。弁理士さんに聞いてみようっと。

特許庁様もお願いですから早く審査して下さいね。

2009年9月 2日 (水)

商標Qの軌跡 Vol.23

弁護士さん、弁理士さんと打ち合わせがありました。
東京での打ち合わせのため、私は不参加。

弁理士さんは、今後想定される反撃は2つあるとのことで、

(1)不使用取消審判を起こしたMr.Xが審決取消訴訟を東京高裁に起こす。
(2)A社が無効審判を起こす。

の2つについて対策を考えておこうということになりました。

特に(1)については、可能性が大きいとのことです。Mr.Xが本当に個人で不使用取消審判を起こしたのであれば訴訟は起こさないでしょうが、バックがH社であるとすれば、当然やってくる… そうか、長くかかるなあ。

審決確定30日以内に起こさねばならないため、訴状が届くとすれば10月中旬頃と考えられます。

(2)については、A社もIPDL(特許電子図書館)では「結審通知」が出されていることは確認できるはずなので、記録を閲覧する可能性もあるでしょう。閲覧すると、IPDLで閲覧があったことも記録されるので、これも後で確認できます。

IPDLは1ケ月くらいのタイムラグがあるようで、このタイムラグの微妙なタイミングで、A社が打って出てくるかどうか…
一度、特許庁は当社の商標を「不使用ではない」と認めてくれているわけで、それでも尚、無効とする理由は見当たらないように思うんですが…

尚、標準文字で去年の10月に出願した商標の登録は、この間、放置されていますが、(1)が確定してから3ケ月程度かかるそうで、随分待たされております。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ