2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« 大通ビアガーデン! | トップページ | ミニバラ! »

2009年8月 7日 (金)

ROBOCOPYのオプションを正しく使う。

先日紹介したROBOCOPYでのバックアップなのですが、今日、お客様から連絡があり、コピーの途中で、何度もリトライして進まなくなったとのこと。

メッセージは下記の通りです。

2009/08/06 12:07:12 ERROR 5 (0x00000005) Changing File Attributes D:\AAA\BBB.xls
アクセスが拒否されました。
Waiting 30 seconds... Retrying...

これは、仮にDドライブのAAAフォルダにあるBBB.xlsのファイルをEドライブにROBOCOPYした場合の例です。
ROBOCOPYでは、特定のファイルの属性情報にアクセスできない?なんじゃ?

そして、30秒単位でリトライを延々と繰り返します。

「どうやったら止められるの?」
「[Ctrl]を押しながら、[C]を押すと、バッチジョブを終了するか聞いてくるので、[Y]を押して終了しちゃって下さい」

…とりあえず、終了しました。

ROBOCOPYではコピーが失敗した場合、デフォルトでは30秒単位で100万回繰り返すようになっています。
100万回って何よ?
放置したら8,333時間繰り返すってことですか?
Microsoftに文句言っても仕方ないですね。私が悪いんだから…

さて、その回避策はと言うと

1.リトライを減らして、とりあえずはバッチを迅速に終了させる。

 → /Rオプション、/Wオプションを使うこと。

具体的には

/R:2  コピーのリトライの回数を2回とする。
/W:10 10秒間隔でリトライする。

これで、リトライは20秒で次のファイルへスキップしてくれます。本当にいいの?これで。
まあ、いいでしょう。おそらく100万回リトライしてもコピーできないでしょうから…

2.“Changing File Attributes”エラーの回避

 → COPYオプションを使うこと。

具体的には

/COPY:D データをコピーする。

※デフォルトでは、/COPY:DATになっているようです。DAT=Data/Attributes/Timestampですが、今回はAttributesが問題でアクセスできないわけだから、あえて/COPY:Dで指定します。

これで対処完了です。

このROBOCOPYはBUFFALOのTeraStationに対して行っています。TeraStaionはOSはおそらくLinuxだと思うので、ファイルシステムはSAMBAですね。元データはNTFSで、コピー先がSAMBAの場合、Attributesの問題は起こり得るかもしれません。

ご迷惑をお掛け致しました(^-^;

« 大通ビアガーデン! | トップページ | ミニバラ! »

IT試行錯誤」カテゴリの記事

コメント

ROBOCOPY参考にさせていただきました。
まさにバックアップ先はTera Stationです。まだ作業前だったので、このオプションは参考になります。

>同業者さん
お気をつけて~
私のようにハマらないで下さいね。

どんぴしゃの情報ありがとうございます

>はにーさん
お役に立ててうれしいです。
robocopyは使ってみると便利なコマンドなんですよね。

ありがとうございます。助かりました!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504669/45862432

この記事へのトラックバック一覧です: ROBOCOPYのオプションを正しく使う。:

« 大通ビアガーデン! | トップページ | ミニバラ! »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ