2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

豊平川の花火を見に行く。

豊平川の花火大会

天気が良かったので、豊平川の花火を見に行ってきました。

地下鉄さっぽろ駅

地下鉄さっぽろ駅は、こんな感じに切符売り場に長蛇の列。
皆、花火大会にいく人たちで、大通よりさっぽろ駅のほうが混むということは、札幌市外からJRに乗って見に来ている人も多いのかもしれません。

さて花火のほうは、ほとんど風もなく、花火にはもってこいかと思ったのですが、風が無さ過ぎて、花火の煙が逃げずに夜空に滞留してしまい、曇って見えないものもありましたね。

花火大会1

花火大会2

花火大会3

花火大会4

花火大会5

花火大会6

今回は朝日新聞・HTBが主催、昔より規模が小さくなったとはいえ、3000発の花火はまだまだ見ごたえあります。

モモの乳腺腫瘍について

うちのモモ(コーギー)の乳腺腫瘍のことで、モモの親について聞いてみました。
モモは「ひいおばあちゃん」も生きていまして、飼い主の話ですと、ひいおばあちゃん、おばあちゃん、お母さん、全員が乳腺腫瘍で手術をしているようです。この飼い主の方は、子を産ませるために、避妊手術はしていないため、乳腺腫瘍に罹りやすいのは仕方のないこと…とおっしゃっていました。

モモ 

動物病院の先生によると、「1回目の生理の後に避妊手術をした場合は効果があるが、それ以降は乳腺腫瘍の予防にはならないというデータもあります」とのことで、真偽のほどはわかりませんが、そんなに罹りやすい病気なのだと聞かされると、不安な気持ちも少し癒されますね。

それでも、来週末には手術ということになりそうで、その時は避妊手術も一緒に行う予定です。

2009年7月29日 (水)

今日もまた午前様

2:30を回ってしまいました。

担当のSEとお互いに譲らず、2時間くらい議論したことがあり、すっきりしないまま提案書を作っていたために、違和感を残したままの作成となりました。

明日は、金額の精査とスケジュールを埋めて完了の予定です。

2009年7月28日 (火)

意外にクリエイティブ

まいりますね。先程帰ってきました。

31日(金)に提出予定であった提案書が、お客さんの都合で1日前倒しになってしまいました。
来週の頭でもいいですよ-と言われたんですが、「いえ、木曜日に提出します」と言ってしまったあとに、社内のゴタゴタで6時間のロスタイムとなり、その分、夜に仕事がシフトして、会社を出るときには3時を回っていました。

ゴタゴタについては、機会があれば書きますね。

提案書に関しては、先週から取り掛かっていながら、全体構想がまとまらず、しかたなく土曜日に会社に出て、ラフスケッチを書いてみました。こういう提案書を作成する作業というのは、SE以上にクリエイティブな仕事なので、中途半端な状態では、制作に着手しないことにしているのです。

何を偉そうに…
でも、ホントにそうなんですよ。書き始めるまでが長くて、一旦筆が進むと、一気に20ページくらいやってしまう。それが私のスタイルなので、そんなときは徹夜に近い状態になってしまうんです。PowerPointの資料は7割方できたかな…というところで、明日はSEとすり合わせて、見積に落としていくことになります。

明日じゃなくて、今日ですね。

そんなわけで、こんな時間ですが、今日もきちんと起きて会社に定時に出社予定でございます。

2009年7月26日 (日)

インパチェンスの切り戻し

今日のNHK『趣味の園芸』はインパチェンスでした。
インパチェンスは英語で“impatience”-耐えられない。
これは知らなかった。

うちにも、インパチェンスは2種類あります。
インパチェンスの枝は思い通りに伸びてくれないものです。こんもりと盛り上がるように枝が伸びてほしいのですが、変な方向にヒョロっと伸びていき、不格好な形になったり、地面すれすれに広がったり…

インパチェンスの根

ニューギニアインパチェンスは巨大化し、鉢の中一杯に根が回っています。

今日の趣味の園芸では、切り戻しの仕方も解説していましたので、参考にして切り戻ししてみました。

切り戻しした枝は、挿し木にしてみます。
結構できました。

インパチェンスの挿し木

ニューギニアインパチェンスが8本
普通のインパチェンスが4本

ニューギニアインパチェンスは普通の大きさになりました。
※切り戻しする前の写真を撮るのを忘れていました。

ニューギニアインパチェンス

昨日、血便が出た、うちのモモ

Momo

このところ、元気がないなあと思っていたのですが、
・階段の上り下りに勢いがない。途中で立ち止まったりする。
・口を開け、ハアハアしていることが多くなった。
・ケージに入って寝るのが早くなった。

夏バテなのかな…
もうトシだからなあ(今7歳)…
そんなふうに話していたのです。

動物病院に連れていったら、超音波や便検査では全く異常がなかったらしく、結論としては「急性の胃腸炎でしょうね」という診断でした。

ところがです。
「それより知ってました?一番下の乳首の横にシコリがあるの。これは乳腺腫瘍だね」

全く気付きませんでした。乳腺腫瘍といっても、悪性かどうかは手術してみないとわからないらしく、この胃腸炎が落ち着いたら、手術しなければいけません。

家族同様に一緒に生活を送ってきた犬なので、こちらまで心が沈んでしまいます。

2009年7月24日 (金)

ROBOCOPYでバックアップを高速化する

あるお客様にお邪魔したときに、こういう相談を受けました。

昼休みに、ファイルサーバにあるファイルをNASにバックアップしている。
最近、ファイルが多くなったせいか、昼休みのうちに終わらなくなった…

どれどれ見てみるか…

タスクでスケジューリングしているバッチファイルを見てみると、XCOPYでコピーしていました。
XCOPYは全部のファイルをまるごとコピーしてしまいます。コピーも時間かかるもんね。

そこで、XCOPYではなく、ROBOCOPYを使用してバッチファイルを作ってみました。あっという間に終わっちゃいます。

お客様は「本当にできてるの?」と疑っています。
「大丈夫ですよ。新しくなったファイルだけコピーするようにしましたから」と私。

因みに私は、ノートパソコンにMicroSDカード(2GB)を常に突っ込んであって、毎日18:00にROBOCOPYでフォルダのバックアップを取っているんです(昼休みはウィルススキャンが走っています)。MicroSDは、2GBなら299円で買える時代ですからね。

Robocopy

このROBOCOPYコマンドは、Vistaでは標準サポートされていますが、XPではResource Kit Toolsをインストールすれば使用できるようになります。

使用例は以下の通りです。

■使用例1

ROBOCOPY D:\Data E:\Data  /E /PURGE

/E ディレクトリが空でもすべてのディレクトリとサブディレクトリをコピーする
/PURGE コピー先にしか存在しないファイルを削除する

つまり、ミラーリングです。この例では、DドライブのDocフォルダの複製をEドライブのDocフォルダに作成します。ここで、"/E"オプションをつけると、コピー先にあり、コピー元にないファイルは、コピー先から消してくれます。

これは、/MIRオプションと同義で、下記のように指定することもできます。
ROBOCOPY D:\Data E:\Data  /MIR

■使用例2

ROBOCOPY D:\Data E:\Data /E /XO

/XO コピー先にある(コピー元より)古いファイルを処理の対象から除外する

これは、前回コピーした後に新規作成したものや更新したファイルのみをコピーするというものです。

▼Windows XPとWindows Server2003用はこちらからダウンロードできます(2003用がXPでも使用できます)。
Windows Server 2003 Resource Kit Tools

因みに、コマンドベースが面倒な方は、RICHCOPYっていうのもありますよ。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/magazine/2009.04.utilityspotlight.aspx?rss_fdn=TNTopNewInfo

最後に、お客様に「もともと使っていたバックアップのバッチファイルは誰が作ったんですか?」と聞いたら、当社のSEだとのこと。
もうすでに退職した社員ですが…

2009年7月23日 (木)

何屋さん?

ここはどこ?

店内風景1

札幌の町中のお店に来ています。日用雑貨など色んなものが置いています。

店内風景2

ビールまであります。
…奥に電化製品もあるみたいですね。

ヤマダ電機 

実は、ヤマダ電機の札幌本店です。この店舗はSTVの隣に6月にオープンしたのですが、今日初めて来ました。驚いたのは、日用雑貨や飲料などスーパーの一角と見違えるような品揃え。

ヤマダ電機は、こんな町中にあって駐車場が無料なんですね。時間を気にしなくていいので、ゆっくりショッピングができます。

…といいながら、今日買ったのは、ドライヤーとペットボトルのジュース、お茶だけでした。

2009年7月22日 (水)

第56回さっぽろ夏まつり! …大通ビアガーデン偵察

昨日から開催されている『さっぽろ夏まつり』。
といっても、あまりピンとこないので、大通ビアガーデンと言ったほうがいいかな…
行ってみました。

ビアガーデン

と言っても、西11丁目のお客様を回ったあと、大通のお客様に寄ることになっていたため、歩いてみただけなのですが、ざっと会場の様子を収めてきたので、ご紹介します。

▼西10丁目会場『世界のビール』

世界のビール

お客さんは皆無。まあ、ここは場所もよくないし、夕方以降も一番空いているんですが…
私は過去、何度もここで飲んだことありますが、悪くはないんですよ。地味だけど。

▼西8丁目会場『サッポロビール』

サッポロビール

サッポロビール

白と緑を基調とした落ち着いた雰囲気です。

▼西7丁目会場『キリンビール』

キリンビール

噴水をうまく使って、それを円形に囲む造形は、なかなかお洒落です。夜になると噴水のライトアップが綺麗だろうな…
一番雰囲気はいいかも。

▼西6丁目会場『アサヒビール』

アサヒビール

元々ステージがあるアサヒの会場は設営は楽ですが、周囲が木で覆われていて、開放感にはやや欠ける…これは仕方ないよね。まあ、ステージに期待…ですかね。

▼西5丁目会場『サントリービール』

サントリービール

サントリービール   

大通の駅から最も近いこともあり、やっぱり目立ちますね。造形物もなかなかいい。売り子も元気です。やる気感じます。

「ビールいかがですかあ~」と声掛けしていました。一番活気があったのはサントリーでしたね。午後3時というのに「もうやってます」という雰囲気が伝わってきます。
西11丁目から歩いてきたので、ちょうど一休みしようかと思いたくなるところ。
飲んじゃおうかな…
いかんいかん、誘惑を振り払って、次のお客様のところに向かわなきゃ。

他のメーカは、「夕方から始まりますよ」という感じで、まだ準備中といった雰囲気でした。
心なしか、サントリーで飲んでいる人が多かったように思います。

最後に4丁目に辿り着くと、そこにはこんなものが…

ウコンの力

『ウコンの力』です。4丁目広場は、これしかありませんでした。考えましたね~ ハウス食品さん。

改めて飲みに来なきゃいけませんね。

2009年7月21日 (火)

商標Qの軌跡 Vol.21

今日、弁理士さんより連絡がありました。審理終結通知書が届いたとのことです。

錯綜していて、しかも時間が経ってしまって、何の件だったかな…と思い出してみます。
そうそう、当社の登録済み商標に対する(不使用)取消審判の審理でした。

PDFで通知書を送っていただいたのですが、こう書いてありました。

===============================================
『審理終結通知書』
この審判事件の審理は終結しましたのでお知らせします。
===============================================

たった1行です。弁理士さんによりますと、2週間後くらいには、結果が通知されるだろうとのことです。

【過去の関連記事】

商標Qの軌跡 Vol.4(取消審判の開始)2008/10/29

商標Qの軌跡 Vol.9(答弁書)2008/12/5

もう半年以上経ってますからね。随分時間がかかるもんだ。

さて、弁理士さんの見解は-

答弁書と一緒に口頭審理の申し立てを行っていますが、口頭審理を行わずに審理終結ということになるのであれば、提出した証拠で十分ということになった可能性が高い。
それでも、大逆転ということもあり得るので、油断は禁物。。

なるほどね。
油断は禁物ではありますが、ひとまず不使用取消とならなければ、
・H社出願の商標が拒絶となる。
・当社が出願した標準文字商標への拒絶理由が崩れる。
という方向に進むと思われ、ググッと進みますね。

【過去の関連記事】
商標Qの軌跡 Vol.12(標準文字での商標に対する拒絶理由通知)2008/12/5

…と言っても、油断は禁物。

2009年7月20日 (月)

おお!生きてたか…

冬の間、室内で葉が生い茂っていたねむの木、春先に外に出したら、葉が全て落ちてしまって、季節がわからなくなったか…と思っていました。
鉢植えのままでは、全く変化が無かったので、もしや死んでしまったのでは?と思い、2週間前に庭に下ろしたところ、芽が出始めました。

▼ねむの木

ねむ

…というか、今頃になって葉が出て来て大丈夫なんでしょうか。

藤のつるは順調

藤のつる

2週間前につるが届きかけていた藤のつるはここまで伸びました。しっかりラティスをキャッチしましたね。本当はラティスではなく、パーゴラの上に生い茂ってほしいところなのですが、一旦はずして誘引しなきゃいけませんね。

黄色いナスタチウムも開花

種から育てたナスタチウムは、開花するまで色がわかりません。赤系は既に開花しましたが、黄色は初めて開花しました。

ナスタチウム

収穫 2009年7月20日

ラディッシュ第2弾の収穫も終盤に差し掛かりました。

ラディッシュ

今日は約20個。一部割れてきているものもあるので、やや小さめのものも収穫しました。

【関連記事】

春の花壇 2009年5月10日

ラディッシュは元気に生育 2009年6月2日

ラディッシュ第1弾 収穫完了! 2009年6月20日

ラディッシュ第2弾の行く末 2009年7月5日

ラディッシュの収穫 2009年7月11日

次は、イチゴです。

イチゴ

最近はかなり終盤になってきましたので、実が小さくなってきましたね。

最後、ミニトマトですが、ようやく実がつきはじめました。1株に5個くらいですか…
現在、6株ありますが、うち半数に実がついています。

ミニトマト

来週には収穫できるかもしれませんね。

【関連記事】

ミニトマト(レジナ)が成長しました。 2009年6月28日

ミニトマトの開花 2009年7月4日

ペチュニアの摘芯

今年は、種から育てているペチュニアが20株くらいあります。ご近所ではペチュニアが満開になってきましたが、うちのペチュニアは遅めです。

ペチュニアの苗

そして今年こそ、大株のペチュニアにするための、摘芯をくりかえして行くという方針で育てています。蕾ができてきても、可哀そうだけど摘芯してしまいます。

▼摘芯前

ペチュニア摘芯前

▼摘芯後

ペチュニア摘芯後

2009年7月19日 (日)

ビオラの根元に何かが発芽…

7月5日に切り戻ししたビオラの根元に小さな芽が数えきれないくらい出て来ました。もしかして、こぼれ種が勘違いして発芽してしまった?

ビオラ

【過去の関連記事】

ビオラ最盛期 2009年6月28日

ビオラの切り戻し 2009年7月5日

2009年7月18日 (土)

東海大学札幌キャンパスのラベンダーまつり

今日は札幌市南区南沢にある東海大学札幌キャンパスのラベンダー祭りです。

何故、東海大学でライラック祭りなのかというと、実は日本で最初にラベンダーの栽培が始まったのは、ここ札幌の南沢であり、東海大学の中には広大なラベンダー園があるためです。

東海大学札幌キャンパスのラベンダー畑

東海大学札幌キャンパスのラベンダー畑2

今でこそ、ラベンダーと言えば富良野という感じですけど…

南沢のラベンダーは曽田香料という会社が栽培を始め、実際に香料を製造していたのですが、合成香料に押され、天然の香料が衰退したために、栽培自体が大幅に縮小してしまいました。

曽田香料が栽培開始

ここ数年、南沢ではラベンダーで町並みを飾ろうという動きがあり、一般家庭の庭にも随分ラベンダーが増えてきていますね。

イングリッシュラベンダーとフレンチラベンダーの差くらいはわかりますが、実は100種類以上あるらしいです。

ここ東海大学に植えられているラベンダーは3種

▼ヒデコート

ヒデコート

▼濃紫早咲3号

濃紫早咲3号

▼オカムラサキ

オカムラサキ

今日のイベントでは、まず東海大学札幌キャンパスのブラスバンドの演奏から始まりました。

コンサートプログラム 

「ラベンダーマーチ」から始まり、ラストに向かって「Sing Sing Sing」「銀河鉄道999」そしてアンコールに「We are the World」と盛り上がっていきましたね。雲行きが悪くなり、雨が降りそうな気配でしたが、最後まで持ちこたえましたね。

▼東海大学ウィンドオーケストラ

コンサート風景

さて、その後は、大学のキャンパスの中でフォーラムがありました。

西村副学長 ◆ 「ハーブアロマの活用」フォーラム
<講演者>
東海大学 西村弘行副学長
ナードアロマテラピー協会認定インストラクター 中山小百合氏

西村先生の講演は面白いですね。植物の効用がご専門の西村先生は、講演の中で、「植物自体は移動することができないため、様々な外敵に対する防衛機能を備えており、その二次代謝産物を生みだしている。これらは、人間の健康に良い影響を与える場合もあれば、人体に悪影響も与える場合もある」とおっしゃっていました。例えば、オーストラリア原産のユーカリには虫よけの効果があり、これを科学的に解明しているそうで(西村先生の特許)、現在虫よけに使用されている薬品より、人体にとって安全な虫よけになるとのことです。

西村先生は大学発ベンチャーにも熱心で、既に3社の起業のお手伝いをされています。そのうちの1つは、ラベンダーを主成分とした「アロマパッチ」という製品(ネイチャーテクノロジー社)で、パジャマの襟の内側に貼って寝ると、副交感神経に作用してぐっすり眠れるそうです。

ネイチャーテクノロジー社の製品『アロマパッチ』

ネイチャーネクノロジー社の製品

その他にも、様々な植物の効能を具体例を上げて解説していただきました。

これまでも東海大学では「キャンパス内の山菜採りと試食会」「ギョウジャニンニクの効用と調理体験」など参加してみたい公開講座があったのですが、今度機会があれば、是非参加したいと思います。

ラベンダー園

2009年7月17日 (金)

偶然見い~つけたっ!「海堂尊」

ジャーナリスト・ノンフィクション作家で柳原三佳さんという方がいらっしゃいます。
交通事故被害者の問題などを中心に執筆されてきた方ですが、現在は医療過誤や死因究明制度をテーマに活動されているようです。
今日何気なく彼女のブログを読んでいたら、ちょっと興味のある記事を見つけました。

死因究明制度で与党が提言案

このブログの中では「異状死死因究明制度の確立を目指す議員連盟」の活動状況を紹介していまして、

4月2日 第4回 勉強会
福岡大学医学部総合医学研究センター教授 影浦光義
「法(医)中毒学~薬毒物鑑定の現状と近未来~」 
      
重粒子医科学センター病院臨床検査室医長 江澤英史
「Aiセンターは21世紀の日本に必須のシステムである」

と書いてあります。「Aiセンター」???
これはもしや…

そうですね。作家の海堂尊氏ですね。
『イノセントゲリラの祝祭』は、彼自身の活動記録と重なっているものなのかもしれませんね。

2009年7月16日 (木)

給与振込の口座は一人当たり何件までが妥当?

困ったことがありました。

今月も給与計算が終わります。まあ中小企業の給与計算なんて大したことはないので、半日、集中してやれば終わっちゃうんですが、今回はひと悶着ありました。

それは、東京に異動した社員がいるんですが、元々給与振込の口座を3つ持っていて、異動したために職場に近い銀行に新たに口座を作ったので、それをを含めて4つの口座に分けて振り込んでほしい-という申し出があったのです。

3つでも多いと思うんですが、この「4つ」というのはどうしても許せない!

私はこうメールで連絡しました。
・元々3つでも多いので、2つにしてもらおうと思っていた。
・口座間のお金の移動は個人がやるものであって会社の義務じゃない。
・2つまでは従業員への福利厚生から配慮されてもおかしくないが、3つ以上になるというのはあくまで個人の都合である。
・これを許すと、他の社員にも影響があり、そういう社員が増えると事務が滞る。
・他行振込の手数料が増える。
・4つと言い出すその常識がわからない。
・よって、そのような特別待遇は認められない。

彼は怒り狂って電話してきました。
「特別待遇とは思っていません!」
「前の事務の女の子に聞いたら、大変じゃないからいいですよと言われました」

私は、
「今後入ってくる社員には絶対に3つ以上の口座は認めない」
「既存の社員から今後申し出があっても断る」

と突っぱねたのでした。

うちが使っている給与計算ソフト(らくだPRO)では、口座は1つにしか対応していませんので、EBで振込額を指定するときに、手作業で振り分けなければいけません。
これまで務めた会社では「ソフトが対応していても口座は1つしか認めていません」という会社すらありました。

一体、会社はいくつまで給振の口座を認めるべきなんでしょうかね?
私は断固として「2つ」と言いたいのですが…

おしえてgoo!

2009年7月14日 (火)

WBCバンタム級の長谷川を見に早めに帰る。

今日は早目に帰宅し、19:58から放送のボクシングのタイトルマッチを見ました。
リアルタイムにボクシングの試合を見たのは随分久しぶりです。

・長谷川V9戦    19:14~20:01予定
・ロマゴン×高山  20:06~20:53予定
・粟生V1戦×1位  20:00開始予定

という予定で、最初に試合が始まるのは長谷川穂積。TVの放送開始時間は粟生の試合に合わせてあるので、既に長谷川の結果は出ていたはずですが、粟生の試合はフルに放映。従って、長谷川の試合は決着がついたってことなんだろうと思いましたが、まさかこんなにあっさり終わったとはねえ。

防衛を繰り返す度にパンチのキレが増す長谷川。今日の試合も1Rの立ち上がりを見て、ああこれはKOで行きそうだなと直感しました。右フック一発で最初のダウンを奪うと、立ち上がった挑戦者に連打の中放った右ストレートが決まり、2度目のダウン。1Rで決着がついてしまいました。

放送の中では、長谷川の試合が始まったのが、残り30分というところでした。高山の試合をもうちょっと見たかったですね。判定ではありますが、相手はロマゴンですからね。仕方ないか…

今日の結果は1勝2敗。予想できた結果ではありますが、長谷川のKOシーンは何度見ても興奮してしまいます。もうラスベガス進出するしかないね。

2009年7月11日 (土)

ハーブのその後

バジルはようやく収穫できる大きさになってきました。
もう少し大きくなったら摘芯します。
今日はとりあえず、5枚ほど拝借。

バジル

セージも小ぶりながら順調に育っております。こちらはまだ収穫には時間がかかりそうですね。

セージ


セージを使う料理って何だっけ… 調べておきます。

ラディッシュの収穫

第2弾のラディッシュ、ついに収穫できる大きさになりました。
放置すると割れてしまいますので、今日は収穫です。これもどう調理しようか… 順番が逆ですよね。

ラディッシュ

というわけで、ビールのお伴にサラダを作ってみました。

サラダ

ラディッシュとキュウリにバジル、オリーブオイル、ワインビネガーで作ったソースをかけておしまい。
バジルも今日、収穫したものです。

つるが伸びる方向

まずは「藤」。
パーゴラの横に植えたのが昨年の夏。去年は、つるが出なかったので、パーゴラまで到達できなかったのですが、今年は、つるが2つ出て来ました。
もう少しで、パーゴラのラティスに届きそうです。パーゴラの方向をどうやって藤は感じるのでしょうか?
不思議ですよね。

藤

そして今年、ラティスに巻きつかせようと、ラティスの近くに置いたアサガオも自分でラティスの方向を察知して伸び始めました。もう到達しましたね。

アサガオ 

藤のつるの到達は来週末になるでしょう。

2009年7月 9日 (木)

クライアントサーバとシンクライアントの比較資料を提出してきました。

お客様に提出したのですが、VMwareなどの仮想環境でMicrosoftのOSを使う場合のMicrosoftの価格設定に怒っていましたね。

XPベースで使うときは
・Vista Business(パッケージ版)
・Vista SA
・Windows VECD
を入れなきゃいけません。

と説明したのですが、
「何でプリインストール版やバンドル版よりこんなに高くなるの?これってシンクライアントの端末が安くても、パソコン買ったほうが絶対に安くなるよね
とおっしゃいます。

おっしゃる通りですね。

Officeも然り。
60台くらいじゃあ、Microsoftはボリュームディスカウントとは考えないんですね。
私は価格設定しだいで、ライセンス不正使用は逆に減ると思うんですが…

ただXenAppは検討の余地があるかも?

古いPCを流用して、XenAppのクライアントにできるなら、OS買わなくてもいいし、意外にメリットできるかもしれないなあ…と。

まあ一理ありますね。

2009年7月 8日 (水)

押し売りかと思ったら…

今日の昼休み、気づいたら私一人しかオフィスにいなくなっていたときのことです。

オフィスに一人の来訪者が来ました。女の子です。

その女の子は大きなクーラーバッグを抱えていました。そして、パンフレットを出しながら
「私は京都のお菓子屋から来ました。豊寿庵というお店ですが、北海道ではまだ知名度が低いので、紹介に上がりました」
と言います。

こりゃ押し売りに違いない…と咄嗟に身構えました。

というのも、これまで、このテの押し売りには何度か遭遇したことがあるからです。
 歌を歌う珍味屋の女の子
 売るまで帰れない「ハサミ」を売る若者

今度はお菓子かいな…

その子はパンフレットを差し出し、「こういうお店なんです」と言います。あまり慣れてない感じ。きっと入って間もなくて、こういう訪問販売は慣れていないんだろうな。

断るタイミングを見計らっていると、今度は彼女はクーラーバッグを開けました。中に大福らしきお菓子が入っているのが見えました。

ぐっ…
うまそうじゃん!

しかし、押し売りに負けてはいけない…

「すみません。誰もいないんで。僕も買わないし…」と言うと、彼女はちょっと寂しそうな顔をして帰って行きました。

席に戻り、Webで調べてみました。
「京都大原豊寿庵」
すぐ出ました。

なんだ、まともなお店じゃない。北海道には催事で来ていたようですね。
そういえば、クーラーバッグの中に見えた大福は結構おいしそうだった。

可哀そうなことをしました。押し売りと疑ったりしてごめんなさい。

今度来たら買ってあげるからね。

▼京都大原『豊寿庵』のHP

京都大原豊寿庵

2009年7月 7日 (火)

クライアントサーバ vs シンクライアント

あるお客様からシンクライアントを検討したいので、見積ってほしいと言われました。
ご担当の方はシンクライアントにはしたくないのです。今回の検討のきっかけは、社長から「最近は本体がない画面だけの安い端末があるだろう。次の入れ替えの時は、そういう安い端末にしてIT投資を抑えるべきではないか」と言われたことからのようです。

実際に構成を組んでみました。金額は定価です。

■クライアントサーバ
・DBサーバ
・ActiveDirectoryサーバ
・NAS
・クライアントPC×60台
以上で、
\15,709,100

■シンクライアント構成1(XenApp)
・DBサーバ
・ActiveDirectoryサーバ
・NAS
・Citrix XenAppサーバ×3台
・シンクライアント端末(36,000円/台の安いやつ)
・Terminal Service ライセンス
以上で、
\18,236,700

■シンクライアント構成2(VMware)
・DBサーバ
・ActiveDirectoryサーバ
・NAS
・VMwareサーバ×3台
・シンクライアント端末(36,000円/台の安いやつ)
・クライアントWindows OS ライセンス
以上で、
\20,232,100

意外に差がつきましたね。XenAppは、XenAppのライセンスとTSのライセンスを積み上げるとすごい金額になります。VMwareはサーバがかなり贅沢(Quad Xeon 2CPU,メモり34GB…)なのと、Windows OSのライセンスを積み上げるととんでもない金額になってしまいました。パソコンにバンドルされたOSやOfficeって安いもんなんですね。

因みにOffice2007 Standardはバンドルだと38,000円ですが、オープンライセンスは45,900円です。

シンクライアントって安くなりそうで、実は高いもんなんですね。
こんなに高くなるとは思ってもみませんでした。
お客様には、もちろんクライアントサーバを勧めておきます。

2009年7月 6日 (月)

算定基礎届を出してきました。

会社の事務は、退職者の後継者となった女の子に徐々に移行しつつあります。
先月は、現金主体、今月からは銀行口座の入出金についても仕訳入力をしてもらっていますので、かなりラクになりました。

さて、忘れちゃいけない7月のイベント、社会保険手続…
そうです。算定基礎届であります。

今日、作成して社会保険事務所に提出してまいりました。
実はですね、なんだかんだ言ったって、算定基礎届を出すのは初めてなのです。

…と言っても、算定基礎届なんかは、給与計算のシステムで印刷できるので、大したことはないのです。
給与計算のシステムでも入力が発生するのですが、手書きで作成するよりはずっとマシ。

そこで事件発生…  
EPSONのカラーレーザーが故障。パネルの表示は「サービスコールエラー E550」
サービス会社に電話したら、背面部の排気ファンが壊れているらしい。
買って1年ですよ。酷使してるわけでもないのに…

EPSONプリンタ

パーツの在庫がないそうで、すぐには直らないとのこと。

結局、HP Officejet Pro 8500で印刷しました。実はこれ、FAXとして使っているヤツです。
しかし! EPSONのカラーレーザーより綺麗な気がする!

Hpプリンタ

そして提出に行ってまいりました。もちろん、No Problemです。

ゼラニウムの蕾が出てきました。

さし木にしたゼラニウムは簡単に根付いてくれました。蕾が出ています。もうちょっと大きめの鉢にしないといけないなあ…

ゼラニウム

2009年7月 5日 (日)

ラディッシュ第2弾の行く末

ラディッシュ 連作となりましたラディッシュですが、もうここまで大きくなりました。

ラディッシュ 第1弾の最後の1個は、放置したらこんなになっていました。収穫しておけばよかったなあ。

ビオラの切り戻し

初夏で終わるビオラですが、切り戻しして、もうちょっと咲いていてほしい…
そう思ってビオラを見てみると、可哀そうに荒れ放題でした。

▼ビオラ1

ビオラ1

▼ビオラ2

ビオラ2

こちらのビオラは、近所のガキがサッカーボールをぶつけたと思われ、一度プランタごと倒れていたのでした。謝りに来ないというのもね… 親も親だと思うんだけど。

よく見ると種が出来ていました。

ビオラの種1

ビオラ2

ビオラ3

来年は種から育てる?

切り戻し後は、ちょっと寂しい…
▼ビオラ1

ビオラ2の切り戻し後

▼ビオラ2

ビオラ2の切り戻し後

お礼肥をしておきました。多分、また咲きます。

2009年7月 4日 (土)

ミニトマトの開花

小さいですが、ミニトマトの黄色い花が咲きました。本当に収穫できるくらいに大きくするなら、大きめの鉢に入れ替えなきゃ…

ミニトマト

2009年7月 3日 (金)

「こころ」は成長する

Kokoro 『心の中はどうなってるの?―役立つ初期仏教法話〈5〉』 (サンガ新書) 
アルボムッレ・スマナサーラ (著)
価格:¥756

Amazon amazon.co.jpで見る

この本は、メンタルヘルス関連の研究所に勤めるKKさんからいただいた1冊。
新書で193頁という薄さですが、とても中身の濃い仏教心理学の解説書です。

仏教と心理学、一見結びつかないように思えますが、釈迦の教えは、こんな心理学的見地から説かれたものであることがわかると、仏教に対する見方が変わってきます。仏教は科学なのか?

本書の著者は、上座仏教の長老です。上座仏教とは南伝仏教のことで、昔は小乗仏教と呼ばれていましたが、大乗仏教側から見た蔑称であるとの理由から現在は上座仏教と呼ぶのが一般的で、スマナサーラ氏はヴィパッサナー瞑想と呼ばれる気づき(サティといいます)の瞑想法を日本に紹介するとともに、純粋な釈迦の教えに即した初期仏教を伝道しています。

さて、私は、人間の心を知覚、記憶、学習、思考、感情、推論など機能的な側面で見る傾向があります。特に近年の脳科学の目覚ましい進歩により、フィジカルな解明が進んでいると言ってよいでしょう。

それに対して、スマナサーラ氏の心理学においては、心はあたかも水に溶けだす成分のようなものとして捉えています。その成分を「心所=心の中身」と呼び、善心所と不善心所が人間の性格や心の価値を決定づけているとしています。これらは、釈迦の教えのエッセンスである「アビダンマ」にその根源を見ることができます。

これらの説は、人の心の機能面ではなく、成分として捉える点で、所謂心理学とは全く異なるものであり、仏教の根本には、このような心理学的な考察があることに深く感銘しました。

これまで、汚れた心の人間を沢山見て来ました。自分の心も汚れていると感じます。しかし、師は、人間とはそんなものだと理解した上で、心を育てる方法を本書の中で解説しています。心は育つ…か。

また読み返してみようと思いますが、自分より汚れた心を持っている、あの人、この人に読んでみてほしい-そう思わせる1冊です。きっと自分の精神状態を、より正確に把握できると思います。これまで気になっていた人の言葉がいかに取るにとらないことで、自分の過ちも認めた上で、心を成長させるエネルギーを得ることができるに違いありません。

KKさん、ありがとうございました。

2009年7月 2日 (木)

そうか、当社の役員の任期は10年だったんだ…

前回の役員の任期満了は平成19年6月で、役員変更登記(重任)を行ってあります。
その当時は私はこの会社にいなかったもので、社長には「今年は役員改選の年ですよ」と話したのが3ケ月くらい前のこと。これまで司法書士に頼んできたのですが、役員変更登記なんて大したことはないので、「やっておきます」と言いました。

当社は役員は2名しかおらず、定時株主総会も株主3名でやるという超簡単なものなのです。

そんなわけで、登記の準備をしようかと思い、前回の定時株主総会の議事録をチェックしましたら、
・監査役をおかない
・取締役会をおかない
など、新会社法に沿った形で、定款変更をしてありました。

そして、よく見ると取締役の任期を10年と定めています。
そうか、平成29年まで取締役の任期満了はないってことなんだ。

18年5月の会社法改正で役員の任期は10年以内に定めることができるようになりました。
でもね。平成29年に忘れずに本当にできるもんでしょうかね…

登記を忘れると過料(罰金みたいなもの)請求が代表者の自宅に行っちゃいますからね。大変です。

平成29年か… 私は何をしているんでしょうかね。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ