2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« ナスタチウムの世代交代 | トップページ | Windows NTを触ってみる。 »

2009年2月16日 (月)

中国料理『布袋』で、ザンギ考

Hotei中国料理『布袋』
札幌市中央区南1条西9丁目1
TEL 011-272-4050
月~金 11:00~22:00(L.O)
土・祝 11:00~21:00(L.O)

■ザンギ定食:783円
■しょうゆ・みそラーメン 605円~

東西線西11丁目のお客様にお邪魔した際に、ちょうど昼時になったので、訪問先の部長さんに連れていってもらいました。
12:10頃だったのですが空席なし。ただ回転がいいようで、すぐ空きましたが、食べている間にもどんどん客が入ってきては、食べて出ていく…厨房を見ると、狭い店なのに6人で調理していました。厨房の中もフル回転で回しており、この厨房の仕切りは大したものだと感心させられました。客の回転を速くするのは、待ち時間は最小時間で済ませること。一般のレストランでは、回転を上げるのに、出来合いの食材を使いますが、ここは味を守るために、しっかり仕込みをして、集中する時間帯は厨房の頭数で勝負するという正攻法ですね。

オススメは、ザンギ定食です。改めて「ザンギ」を調べてみると、厳密には醤油ベースの濃いめの下味をつけた唐揚げのことを言うらしく、ザンギを唐揚げと言ってもいいけど、唐揚げ=ザンギは間違いのようですね。

そういう意味では、ここ「布袋」の唐揚げはザンギですが、味が濃いかというとそうでもなく、テーブルに置いてある葱ソースを付け皿に入れて、たれにつけながら食べるというものです。

おいしいザンギの条件は
・下味のおいしさ
・外側の衣がカラッと揚がっている
・中身はジューシー
と私は思っています。

ここのザンギは、Specialにおいしい。店は、どこにでもありそうな古びた食堂といった外観ですが、ここの厨房は凄いと唸ってしまいました。何度もこの前を通ったこともあるのですが、入ってみようと思ったことはありませんでした。外観で判断したらいかん…とつくづく思いましたね。私は「布袋」を知らずして「ザンギ」を語ることなかれ-とまで、この際言いきってしまうことにします。ここは「持ち帰り」にも対応しているようですので、まあ騙されたと思って食べてみて下さい。

そう言えば、以前、東京から出張で来た人間に、「誠」という巨大なザンギを出す居酒屋に連れていって、ザンギを頼んだ時に「北海道産の巨大なウシガエルがいてね。それをザンギというんですよ」と教えたら、「鳥みたいな味なんですね」と本気にしていましたね(「誠」はもう無くなったみたいで寂しいです)。

あいつは、まだザンギの正体を知らないのだろうか…

大きな地図で見る

« ナスタチウムの世代交代 | トップページ | Windows NTを触ってみる。 »

今日の料理(さすらい編)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504669/44026524

この記事へのトラックバック一覧です: 中国料理『布袋』で、ザンギ考:

« ナスタチウムの世代交代 | トップページ | Windows NTを触ってみる。 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ