2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

腰痛悪化…カイロプラクティック初体験

出勤したらマッサージチェアに座り日経新聞を読み、1日がスタート…そんな毎日でしたが、このところ腰痛の改善が見られず、ちょっと抜け出して、「らくね診療所」に行ってきました。

Rakune 「らくね診療所」
札幌市北区北7条西4丁目4-3
札幌クレストビル2F
TEL 011-709-2991
http://rakune.or.jp/index.html

(1)レントゲン
(2)診察
(3)リハビリ室(理学療法)
ここで、カイロプラクティックを受けるかどうか打診。
カイロは保険利かないので、2500円かかるとのこと。カイロ即決。
(4)カイロプラクティック
「疾病予防運動施設」という名称になっていました。背中~腰~足とマッサージしますが、マッサージしながら、コリを確認し、間接、腰に痛みが来る理由を説明してもらいました。最後は3方向から関節技で背骨が「ボキボキ」となり、終わってみると腰の重さ、背骨の座りの悪さが和らいでいました。
カイロプラクティックって痛い?いえ、マッサージ自体は割とハードですが、激痛というような痛みはなく、コリをほぐすには、これくらいの強さが必要だと思います。カイロの手技は初体験でしたが、魔法の手ですね。所要時間は約20分。
(5)再度、リハビリ室
温熱後にソフトなマッサージ(約20分)。

まだ若干の痛みはありますが、随分楽になりました。これまで何度か、腰痛で整形外科、接骨院などに通院した経験はありますが、せいぜい、温熱、電気止まりで、湿布出しておしまいという病院が多いなか、ここは整形外科とリハビリとカイロが一体化した診療所になっており、いきなりカイロプラクティックは…という人にも安心してお勧めできます。
ジャスコなどに入っている「RAKUNE」と同系列で、現代医学とカイロプラクティックを融合させた施設は、RAKUNEグループの中では、ここが初めてのようです。

余談ですが、レントゲンで右脇腹に異物を発見。なんだこれ?と先生。「気になるので教えて下さい」と聞いたのですが、わかりませんでした。
内科も行かなきゃいけないのかな…と覚悟していましたら、待合室に待っているときに先生が来て、「最近バリウム飲みませんでしたか?」と聞かれ、先週健康診断でバリウムを飲んだことを思い出しました。バリウムが盲腸に入って固まっているのだそうです。脇腹が痛まないなら大丈夫でしょうとのこと。

2008年7月30日 (水)

内藤苦戦、マスコミは「変則」って言い過ぎなんじゃないの?

ボクシングW世界戦をTV観戦するために早めに帰宅。実は隠れボクシングファンなのです。
坂田健史。この人のボクシングは常に無尽蔵なスタミナでひたすら前へ出る、スマートさは無いし、不器用だけど、どんなときも自分に厳しい、いつも全力で戦うファイタータイプ。所属する協栄ジムには亀田兄弟がいたけど、亀田がいたときから実は世界チャンピオンだったのに、亀田に隠れて目立たない存在でも、気にせず自分のやるべきことを信じてひたすら練習していました。自分をこんなふうにコントロールできるっていうのは凄いことですね。昔は、この人のボクシングはスカッとせず、余り好きではなかったのですが、最近は「う~ん、やっぱり坂田流だな…」と判定勝ちでも納得しちゃうのです。今日も坂田流全開、これぞ坂田の真骨頂でしたね。大差判定勝利、感動すら覚えました。坂田、確実に強くなってる。
内藤大助。前回のドローとなったポンサククレック戦から私はウップンたまってます。「変則」とマスコミが騒ぎすぎるからでしょうか?変則にこだわり過ぎ、打つべき時に打ってくれないもどかしさ。フェイントばかりが目立ちましたね。対する清水智信はボクシング界No.1のイケメンボクサー。本当にセオリー通りの正統派ボクサーで、見応えありました。10Rはもう一度立ってほしかったな。内藤の、あの一発に泣いた清水(ほんとに泣いちゃったけど)。内藤のパンチは効かないように見えて、意外に効くんですよね。昔からそうだったからな、この人。10Rのラッシュ、これができるんなら、早くやってほしかった。内藤は今日の反省を基に出直しだね。
しっかし、内藤の勝利者インタビューのときに亀田がリングに上がってヘラヘラしている姿には腹が立ったね。TBS仕組んだのかな?「早く引っ込め!」と叫んでました。亀田が「次やろうや」と言ったのに対し、「やって下さいだろ」といなされたらしい。内藤、次は是非、亀田とやってスカッと勝ってほしいものです。

山崎ナオコーラをスキッと読む。

Naocola 『人のセックスを笑うな』 (河出文庫)
山崎 ナオコーラ (著)
価格:¥420(税込)
Amazon_5 amazon.co.jpで見る

今さらですが読んでみました。今日の通勤の往復の時間で読めてしまったほど、自然にストーリーに引き込まれる一作でした。まあ、ページ数にしたら150ページ足らず、行数が少ないせいもあるけれど、一気に読めるのは何かこの人、才能がある人なのだろうな…と思いました。
さて、本作は19歳の美術専門学校に通う主人公が、学校の講師(人妻)と恋に落ち、過ごした日々を淡々と描いているのですが、小説にありがちな「こんなの小説だけの世界だよなあ~」といったことはなく、日常の中にありえそうな自然なストーリー展開です。主人公の「みるめ」は、まさに松山ケンイチのようなパッとしない青年だし、ユリもどこにでもいそうなオバサンになりかけの女。
文章は特にテクニカルでもなく、思いつくまま書き上げたんだろうと思いますが、(解説で高橋源一郎も書いていますが)女流作家が「オレ」という一人称で男の立場から描くのは意外に難しいように見えて、男が書くより少々カッコ悪くても、却って素直な見方で書けたということが、とても新鮮に感じます。
青年の頃のせつなさに、自ずと五感が反応してしまいます。懐かしい古びた匂い、舌に滲む甘酸っぱさ…そんな感覚とともに誰もが感じたことがありそうな親しみのあるイメージが蘇ってきます。
そんなふうにスキッと読めてしまうところが、この人の魅力なのでしょう。

2008年7月27日 (日)

藤の新芽がやっと出ました。

5月下旬に購入した藤(30cmくらい)。意外にホームセンターでは売られてなくて、何と近くのスーパーで見つけたもので、既に花も終わってしまったのですが、今日見たら新芽が伸びていました。

その気配すらなかったので、パーゴラに届くまで何年かかるものやらと思っていたのですが、夏に突入したのですね。旺盛に伸びてほしいものです。

Fuji

一方、ツタは伸び過ぎ。階段まではみ出してます。このツタ、毎年、冬に枝が雪と一緒に壁からはがれてしまい、春からゼロスタートなのですが、今年は、しっかり壁に根付くかもしれません。

Tsuta

豊かなアニマルライフを送るには…

我が家でワラジムシを素手で触れることができるのは唯一私だけです。
息子2人いますが、普段は家にいない私の存在は薄く、いつしか女系家族になったのでしょう(だからといって息子がカマっぽいとかいうことではないですが)。
先週末、庭で草取りで抜いた草の山の下に無数のワラジムシを発見し、家族は大騒ぎ。普段から週末の多くの時間を庭で過ごす生活を送っている私にとっては、しょっちゅう目にしているので、特に大騒ぎするようなものではないのですが、ワラジムシ=不潔と考える人にとっては脅威なのでしょう。現に2週間前に、このワラジムシがワイルドストロベリーの古株の根元を食い荒らし、死滅に追い込まれたのも処置しましたが、ワラジムシの糞と思われる、粒上の上質な土ができていました。

さて、虫を気持ち悪いと思うかどうかは幼年時代によるものが大きいのでしょう。小さい頃に免疫ができてしまえば、ワラジムシにも命があることに気づき、その生命にも興味を持つものです。

Solomon 『ソロモンと奇妙な患者(クランケ)たち』 (ちくま文庫)
野村 潤一郎 (著) \819
Amazon_5 amazon.co.jpで見る

野村先生は、犬猫はもちろん、その他の哺乳類、爬虫類、カメ、魚などをオールラウンドに診察、治療ができるスーパー獣医。過激な文体から滲み出る動物に対する愛情、それに裏づけられた本当の動物とのつきあい方。このエッセイを読み、本当に動物と意志の疎通ができるのだということを信じられるようになりました。興味深かったのは、進化の過程で直線的に祖先と繋がらない動物は人間と犬だけという説です。人間と犬はいわば伴侶のように寄り添って長い時間生きてきたためだとのことですが、犬は人間の気持ちを最も理解し、飼い主につくそうとする。悲しい時は慰め、嬉しい時は自分のことのように一緒にはしゃいだりする-犬はそんな動物なので、飼い主はその信頼に応えるよう接しなければいけないと野村先生は説いています。

確かにウチのモモ(コーギー)は、人間の言葉を理解しますし、言葉に出さなくても意思が伝わります。しかし、高等な動物のほとんどが、声を発するわけではないのに、相互に何を考えているかを理解し得ることを考えると、人間は進化の過程で言葉を得る代わりに、そのような能力が退化していったのでしょう。言葉は様々な豊かな表現で、相手を感動させたり、楽しませたりすることができる反面、場合によっては暴力になり、相手をメンタルの面で傷つけたりする複雑で煩わしいものです。私たち人類はそのような試練を与えられ、世に落ちた生物だということでしょうか。

このエッセイを読み、早速これからモモの散歩に出かけます。
因みにこの本、ペットを飼っている方には必読の書と思います。ペットに対する見方が変わりますよ。

2008年7月20日 (日)

『君たちに明日はない』…退職勧告

「お前、クビだ!」などというセリフはTVなどではよく聞きますが、現実には口にするのも難しいものです。
辞めてほしくても、下手なことをすると『不当解雇』で訴えられかねない。仮に相手の能力や業績に問題があったとしてもです。一般には懲戒解雇ででもない限り、解雇を言い渡すということは、『不当解雇』となるリスクを孕んでいると言えます。
では、会社の業績がよくない、人件費削減のために、整理解雇を行う場合はどうすればいいのでしょう。ここに最高裁が示した4要件を示します。

整理解雇の4要件
1.人員整理の必要性…削減をしなければ経営を維持できないという必要性。
2.解雇回避努力義務の履行…役員報酬の削減、新規採用の抑制、希望退職者の募集、配置転換、出向等により、整理解雇を回避するための経営努力が前提
3.被解雇者選定の合理性…解雇するための人選基準が合理的で、具体的人選も合理的かつ公平でなければならない
4.手続の妥当性…説明・協議、納得を得るための手順を踏む必要がある。

以上の要件を全て満たさない限り、権利の濫用とされ、解雇は無効とされています。

そういう難局に直面した企業は、「早期退職」という方法を取ることもあります。これは通常の退職よりも優遇された退職金、有給の買い上げ、再就職支援などの措置により、自己都合退職を促すためのものですが、これでも思うように人員削減が進まないケースも多くあります。

何でもビジネスになるもので、世の中にはそのための専門業者もいます。

Kakine■君たちに明日はない (新潮文庫)
垣根 涼介 (著)
¥620(税込)
Amazon_5 amazon.co.jpで見る

この本は、そのような「クビ斬り屋」の企業に勤める主人公が、クビ斬り側と斬られる側に交互に視点を移しながら、その心の移り変わりを描いた小説です。

至るところにリスクが転がっている現代においては、一流大学を出たからといって最後まで勤め上げられる保証などなく、より安全なチョイスを選ぶのか、敢えてリスクを承知で挑むのか、人生の選択を迫られます。そこに人間性が出てくるわけですが、さて、自分はどうなのかというと後者なんだろうなと思います。というより、方向音痴なのかもしれません。

会社の経営上の必要性から人員整理する場合でなくても、自己都合退職を促すというケースもあります。私もこれまで何度かそのような嫌な役回りを受け持ってきましたが、憂鬱なものですよね。特にM&Aや、銀行の統合など、いくつかの会社が一緒になるような場合、評価し言い渡す人間が、元々どちらの企業にいたかで、非常に難しい局面になるだろうと思います。「File3.旧友」では、銀行の合併下における人員整理の事例があり、企業合併が頻繁に行われている昨今、このような退職勧告は日常的に行われているのでしょう。

相手のことを知っていれば知っているほど、交渉は困難になってきます。特に家族をよく知っているというのは致命的に辛いことです。クビ斬りをしている人は冷徹なようですが、心の痛みを感じない人はいないでしょう。

そんなときは外部に委託するのも一つの方法なのでしょう。そんなことを商売にしていると、一見イヤな業者と思いがちですが、そのような業者も間違いなく企業や組織、そして社会全体の適正な人員配置に役立っていると考えると重要な役目を担っているとも考えられますね。

2008年7月19日 (土)

MyGarden:7月19日のまとめ

Fennel ■フェンネル
2週間経ちました。この間、パスタとカレーに活用。植え替えてすぐしなっていましたが、少し元気になってきました。

Frenchlavender ■フレンチラベンダー
近所はイングリッシュラベンダーだらけ。なのでフレンチを購入してみました。

Impatiens1 ■インパチェンス
3年前に購入したタネから発芽するかと思いましたが、古すぎたせいか、ことごとく失敗。仕方がないので、ホームセンターで一株だけ購入しました。少し大きくなってきたので、挿し芽にしています。1週間経ちましたが挿し芽で行けそうですね。
Impatiens2

Nasta ■ナスタチウム
種から育ったナスタチウムは今こんなに大きくなりました。食べられるんだよ-と言ってはみたものの、家族は嫌いなようで、唯一ヒットしたのは、ざるそばの薬味です。辛味大根のような味わいです。

Nichinichi ■日々草
竹のプランターに一株

Oregano ■オレガノ
ようやっと開花しました。これまで活用したことがありません。

Petunia ■ペチュニア
種から育てたペチュニアです。種から育てると、開花するまで色がわからないのは不便ですね。これはバイオレットのようです。

花畑牧場「生キャラメル」欲しさに疲労困憊

並んでみました。毎朝、通勤時に見掛けるJR札幌駅の大丸前行列。昨日、たまたま9:50に大丸の前を通りかかったので並んでみました。これって何かというと花畑牧場の生キャラメルを買い求める行列です。すぐ買えると思ったら、オープンした後も、混乱を避けるためか、中々前に進まない。並び始めてから、売場に辿り着くまで待つこと1時間。疲労困憊の果て手にした生キャラメルはこれです。

Hanabatake■花畑牧場「生キャラメル」
\850 (50g)

1人5個まで。並ぶだけの価値があるのかと言うと…
中身はキャラメル10個で850円なので、1個85円のキャラメルと考えると高いものですが、この食感はこれまでにないものです。キャラメルと言えば、歯にくっつくものと連想しますが、これは口の中で溶ける感じで、ちょうどバターを口のなかで転がしているような食感です。確かに売れるだろうなとは思いますよ。

ただ類似品が出てくるのではないかという気がします。おそらくこの製法はそんなに難しいものではないように思います。

この行列、毎朝見かけてはいましたが、いつか生産が追いつくか人気が下火になり落ち着くだろうと思っていました。でも、いつまで経っても落ち着く気配はなく、よくまあ皆さん1時間もかけて並ぶものですね。なんて私もやっちゃいましたけど。
すみません。仕事1時間さぼりました。

2008年7月16日 (水)

小さな水槽の中でもがく『パイロットフィッシュ』

Pilotfish 『パイロットフィッシュ』 (角川文庫)
大崎 善生(著) 価格: ¥500(税込)

Amazon_5 amazon.co.jpで見る

人間って勝手なものですね。何か辛いこと、忘れてしまいたいことがあると早く時間が過ぎ去ってくれないかと願う。でも楽しいとき、幸せを感じる時は時間が惜しい。
この小説から少し引用してみます。

…こうやって無防備に時間は流れていく。幸せなときもそうでないときも、あまりにも無防備に。そして流れてしまった時間は、突然に音を無くした水槽のように心の奥深くに積み重なって、どうしようもないくらいに積み重なって、やがて手に取ることもできなくなってしまうのだ。
 齢をとるのが怖いのではなくて、そうやって積み重なっていく、それなのに二度と手にできないものが増えていくことが怖いんだ。きっと今のこの瞬間のように。忘れられない幸せな静かな時間のひとつひとつが…。

パイロットフィッシュというのは、熱帯魚などの水槽の水作りのために、水槽に最初に投入される魚のことです。

熱帯魚は、水槽の中では実に色々な微生物と共生していて、普通の真水では本来は生きられません。そのために、パイロットフィッシュが、最初の水に含まれる有害物質を食べて浄化し、他の魚が生きていくためのバクテリアなどを生成します。そして水槽という箱の中に、立派な生態系ができていくのです。

それは組織作りに似ています。私がこれまでやってきたことは汚れた水をどうやって浄化しようかという試みでしたが、今の環境は真水に近い状態です。自分がパイロットフィッシュとしての役目を果たせるか-試されているようでなりません。それは、これまで私が怠ってきたことに対して天が与えた試練のようにも思えます。

「パイロットフィッシュ」は、単なるエロ本小説(主人公はエロ本編集者なのです)ではなくて、そういう気持にさせる-そんな一作でした。

2008年7月15日 (火)

Excel2007、エクスプローラからダブルクリックで開くと遅い?

いつからだったか、Excelでファイルを開くのが遅くなりました。Excelを一旦立ち上げて、ファイルを開くと問題ないのですが、エクスプローラからダブルクリックで起動すると、目的のファイルが開くのに、ものすごく時間がかかるのです。

さらに気づいたことは、開くのを待っている間に、Window右上の「最大化・縮小」のボタンをクリックして刺激を与えてやると、Excelは我に帰り、慌てて開いてくれるという不思議な現象。

で、何が原因だろうと考えてみたのですが、私のPCはユーザを3つ作ってあって、会社モードのユーザのときにこの現象が起きているようです。じゃあ何が違う?う~ん、IMEしかない!
というわけで、WindowsXP標準のIME2002をIME2007に切り替えてみたら、あっさり直ってしまいました。IME2007は健忘症で嫌いなので、2002に戻して使っていたんですが、どうやら2007にしないとダメみたいです。少しイライラ…

2008年7月14日 (月)

ニッセイはザ・ワイルドワンズ、スミセイは仲道郁代…

今日は、住友生命チャリティーコンサート(kitara大ホール)に行ってまいりました。

曲目は仲道郁代さんのピアノでベートーベンの「テンペスト」、「月光」、「悲愴」、「熱情」、そしてアンコールは「エリーゼのために」、エルガー「愛の挨拶」

いくつになっても可愛らしい郁代さんですが、その可憐な容姿からどんなベートーベンをナマで聴かせてくれるのか-と楽しみにしていました。曲の合間にベートーベンの話や曲の解説の時間も存分にとってあり、ちょうどよい間合いで聴けました。話の中で小学校6年生の娘さんの話が出て、いくつなんだろうと思いましたが…
以前、仲道郁代さんの妹、祐子さんのコンサート(kitara小ホール)に行ったことがあります。その時、「年齢の話をすると姉に怒られるので…」とおっしゃっていたのをふと思い出しました。Wikipediaって罪ですね。生年月日が出ちゃうんですから。ははは…私と同い年でした。
ベートーベンはとても精悍で良かったのですが、「愛の挨拶」にメロメロになってしまいました。仲道さんは、こういう愛くるしい曲が一番似合ってます。旦那さんは幸せですよね。

2008年7月12日 (土)

北海道農業研究センターの一般公開に行ってきました。

北海道農業研究センターとは、旧北海道農業試験場のことで、『独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構』の北海道の出先機関です。年1回、一般公開日があり、農業研究センターで育成された品種を紹介します。

■国際イモ年特別展示
Potato2 Potato3カラフルな馬鈴薯

【左の写真】
キタムラサキ(左)…平成18年育成。アントシアニンを含有し、肉質はやや粘質。綺麗なピンク色なので、カラーを生かした料理の創作に。
ノーザンルビー(右)…平成15年育成。サラダやフレークの原料として優れています。

【右の写真】
インカパープル(左上)…平成12年育成。でん粉価が高く、独特の食味が人気です。
インカレッド(右上)…平成12年育成。でん粉価が低く、山菜のような風味です。
シャドークイーン(左下)…平成18年育成。キタムラサキの3倍のアントシアニンを含有し、濃い紫色。食味もよく、サラダに適しています。
インカのめざめ(中下)…平成13年育成。カロチンを含有し、橙黄色で、南米の2倍体小粒種を改良。やや粘質でナッツフレーバーと呼ばれる独特の風味が人気です。
インカのひとみ(右下)…平成18年育成。インカのめざめ同様、やや粘質で独特の風味があります。赤と黄色の2枚の皮が特徴です。

Potato その他、色んなジャガイモの品種が展示されていました。

Shishoku2 ・試食コーナー
シャドークイーンのスイーツ試食
シャドークイーンとクルミ、生クリーム、メープルシロップで作ったスイーツ。イモとは思えない食味でした。

Shishoku ほぼ100%北海道産食材の肉じゃが
煮崩れしないじゃがいも「十勝こがね」などで作った肉じゃがです。やや粘質がありほどよく固く、全く煮崩れしていませんでした。出来たてならもっとおいしいんでしょうね。

■キタノカオリのパン
Bread2 ・食パン(れもんベーカリー)
・バケット(ma douce Bakery)
・ベーグル(麦輪小樽)
の3種類のパンを試食。キタノカオリのパンはやや黄色がかっており、食感はもちもちです。札幌のパン屋でもキタノカオリを使うところが多くなってきたとのことです。

■「おぼろづき」と「ゆきのめぐみ」のブレンド試食
Rice

健康にはいいんでしょうが、う~ん…「ゆきのめぐみ」が少し野性的な味なんでしょうね。
「おぼろづき」は低アミロース米で「八十九」のなどの商品名でも販売されている高級ブランド米です。一般の米より粘質があり、やわらかく炊きあがります。
「ゆきのめぐみ」は胚芽が通常の米の2倍の大きさで、機能性成分のGABA、ビタミンEを多く含んでおり、胚芽米・発芽玄米に向いている米のようです。

■東北農業研究センターの展示
Tomato

・クッキングトマト「にたきこま」のジャム
加熱調理しても水分があまり出ないので、煮崩れせず、風味、色合いのよいトマト「にたきこま」のジャムをキタノカオリのパンと一緒に試食。トマムのジャムというのも割といけるのですね。
・「すずさやか」の豆乳
「すずさやか」は大豆の持つ青臭みとえぐ味の原因であるリポキシゲナーゼが欠失した大豆です。この豆乳は確かに飲みやすかったです。

■九州沖縄農業研究センター
Ayaアヤムラサキ(紫色のサツマイモ)のジュース

ヤクルトで商品化しているジュースです。アヤムラサキはアントシアニンを多く含み、肝機能改善効果、血圧抑制効果、血液サラサラ効果にすぐれたジュースで、「お酒を飲む人に!」と書いてありました。

Aya2 アヤムラサキを使用した食品はこんなにあります。

■売店(テント)
珍しいものを見つけました。
Natto特選納豆5種詰め合わせ \500(豆蔵:札幌市東区東雁来)
豆蔵本店楽天ショップ

・まぼろし納豆:糖質の高い大豆本来の風味を生かした納豆
・つるの子納豆:豆の貴婦人といわれる鶴の子大豆から作られた納豆
・日高昆布サラダ納豆:日高こんぶと道産大豆「とよまさり」から作った納豆
・蒸籠蒸し納豆:豆蔵独自の蒸籠を使用して作られた納豆
・麦入り納豆:国産大麦を混ぜた納豆

展示を見て試食しただけで約1時間かかってしまいましたが、ミニ講演会もあったようです。ナチュラルチーズ、バレイショ新品種、ご飯じゃないお米の話など面白そうな講演が17本あり、事前に知っていれば早めに行き、ゆっくり講演も聴けたのに少し残念です。来年は講演も聴いてみたいと思います。

Bus■循環バス
特別に農業技術センター内(かなり広大です)を循環するバスが出ていました。

2008年7月11日 (金)

出張旅費の見直し、恨まれ役買ってでるか…

当社、東京の物件が多く、出張旅費が嵩みすぎるので、出張旅費規程の見直しを検討しております。
実際に出張旅費の調査結果って意外に公表されておらず、Web上で無償入手できる情報は非常に大雑把なものしかないというのが実態です。
紀伊国屋に行きましたが、たった1冊しかありませんでした。しかも6,510円もします。
この本から要点のみ抜き出してみました。

出張旅費の全国平均(産労総合研究所調べ)

Ryohi

当社は大盤振る舞いしていたのだということが、よくわかりました。出張する身としては見直したくないなあと思いつつ、時代の流れですね。現にこの10年で、出張旅費の平均は約1割減少しているようです。心を鬼にして起案するしかないか…

2008年7月10日 (木)

IT業界向けの補助金を見つけましたw

北海道では、現在、道内の中小企業が新分野・新市場に進出するための助成金として「中小企業競争力強化促進事業」の募集を行っています。この事業のパンフを2日前にたまたま入手し、今日、北海道中小企業総合支援センターに詳細を聞きに行ってきました。結論としては「当社の新兵器開発に応募します」

当社が応募を予定しているのは
・市場対応型製品開発支援事業
で、特に「成長先導分野振興」枠として上限350万円(補助率2分の1)の補助金となっています。
IT業界でこの事業の対象となるのは、「インターネット等での利用に供するもの又は利用可能なもの」となっており、当社の新兵器には打ってつけの内容となっています。
この事業で申請できる経費は、開発に関わる人件費、技術支援等の外注費、機材(リースの場合は開発期間のみ)等で、2分の1の助成というのは大変ありがたいですね。申請期間は6月25日から8月1日までですので、来週提出の予定です。

↓問合せ先は
(財)北海道中小企業総合支援センター

2008年7月 9日 (水)

遅れてすみません!「専門業務型裁量労働制に関する協定届」

事務の女の子と話していて、裁量労働の協定届を提出していないことが判明しました。前の会社でも、そんなことがあったので、動じませんよ(本当はいけないのですが)。
労基署の窓口で、「すみません、うっかり忘れていまして…」とお詫びし、提出してきました。本当は30万以下の罰金だったかな…
というわけで、当社の例をアップしておきますね。
ポイントは裁量労働では
・労働者の健康及び福祉を確保するために講ずる措置
・労働者からの苦情の処理に関して講ずる措置
の2つが必要とされていますので、参考になればと思います。
「協定で定める労働時間」の時間数は、36協定の「1日当りの延長することができる労働時間」を足しておけば結構です。
つまり、36協定届に
所定労働時間 8h
1日当り    2h
1ヶ月当り  20h
1年当り   240h
と記載したら「10時間」となります。
来年はきっちり出さなきゃ!

「sairyo.doc」をダウンロード

2008年7月 7日 (月)

『ジーン・ワルツ』(海堂尊)はミステリーというより…

Genewaltz 『ジーン・ワルツ』 (新潮社)
海堂 尊 (著)  ¥1,575(税込)

Amazon_5 amazon.co.jpで見る

少子化問題、人工授精、代理母問題など、産科医療の問題をテーマにした社会派の小説でした。海堂氏は、田口&白鳥シリーズの3作では、ミステリーを通して、現代医療、特に厚生労働省の政策に対する問題提起をしてきたわけですが、この小説がミステリーと言い難いのは、ミステリー作家としてというより現役の医師としての立場から書かれたものであり、メッセージ性が高いからです。クール・ウィッチ(冷徹な魔女)、曽根崎医師に語らせているのは、大学病院の医局制度に対する厚生労働省の政策の過ちが、いかに地域医療に悪影響を与え、崩壊寸前にまで追い込んでいるかということ。ミステリー小説として読まれた方は、中盤でネタバレしてしまうので、ご不満かもしれませんが、私は特に後半の展開のスピード感に引き込まれて、出産シーンは鳥肌が立ちました。

また、TBS系日曜劇場「Tomorrow」で、緒川たまき演じる遠藤医師が、「ここで生ませて下さい」と訴える妊婦に対して、「今さら、あなたが産める病院はない」と冷たく言い放すシーンと重なりました。ドラマの後にこの本の後半を読み上げましたが、偶然とはいえ、同様のテーマを扱う小説とTVを同時並行で見てしまうというのは、深く考えさせられるもので非常に重たいメッセージとして胸に残っています。

今日の午後、札幌市IT人材雇用プログラムのIT業界セミナーのプレゼンがあり、気が進まないプレゼン資料の仕上げを午前中に行っていましたが、札幌のIT企業が抱える課題について、ついつい曽根崎医師の主張のように厳しくアグレッシヴな色彩に仕上がってしまいました。プレゼンでも、妙にその部分だけが強調されてしまった気がします。受講生が誤解して、IT業界の将来に憂い失望してしまったら申し訳ないなと思って少し反省しております。


2008年7月 6日 (日)

夏、到来!

暑い。今日はどうやら31℃まで気温が上がるようです。
玄関の横に置いてある漬け物樽が、余計に暑さを感じさせます^_^;

午前中の涼しいうちに水撒きを行いました。

Strawberry ■宝交早生

毎日3~4個収穫しています。この苗はもう5年目。プランターからはみ出して、庭に根付いてしまいました。庭のほうは、これからのようです。随分生育が遅れていますが…
ウチにはワイルドストロベリーもありますが、こちらはおいしくないので放置状態。宝交早生とワイルドストロベリーで勢力争いを演じています。

Comfrey ■コンフリー
これでもハーブです。周囲にはオレガノ、レモンバーム、それとカモミールが密生しています。

釣鐘型の花を咲かせます。2~3日前に開花しました。このコンフリーですが、根の部分が有毒らしく、厚生労働省は2004年に食品としての販売を禁止しました。私の園芸百科は古いので天ぷらなどにして食べられると書いてあるのですが、「肝静脈閉塞性疾患等の健康被害例が海外において多数報告されていること、また、日本においてコンフリーを使用した健康食品等がインターネットを使って販売されていることなどの情報から、日本においてコンフリーを摂食することによって健康被害が生じるおそれがあると考えられる」ようです。

2008年7月 5日 (土)

追加ドラム到着!でも…

昨日、家に帰ったら、ドラムが配達されていました!プラスチック製?
ウチはゴミ捨て場じゃないぞ…

Drum0704

洞爺湖サミット前の厳戒態勢のさ中で…

以前、ホテルで働いていたときに、レストランの調理人が制服のまま芝生で昼寝をしてるのを見た従業員が、「お客様が見ているかもしれない場所で、制服のまま寝ているのはおかしい」と全社メールで訴えるという事件がありました。確かに休憩時間なので、昼寝しようが結構なのですが、顧客視点で見ると好ましいことではないですね。

さて、7月7日から始まる洞爺湖サミットのために、全国から警官が動員され、札幌市内は厳戒態勢です。そのために、市内を車で移動すると、あちこちで渋滞しています。皆、制服の左の胸元にどこの警察か縫い付けてあるので、どこの警察がどこを担当しているのか持ち場がわかります。札幌駅は静岡県警のようですね。ニュースによると全国から2万人の警官が動員されているとのことですが、これだけ警官を導入して、全国各地では支障が出ないのでしょうか?

Policebus_2

6月上旬頃から写真のようなバスがあちこち走りまわっていて、通勤の最中でもよく見かけます。バスの中は細かい網目にはなっているのですが、外から中の様子がよく見えます。普通の車ではないので思わず見入ってしまうのですが、寝ている警官の多いこと。特に朝は3分の1は寝ているかな…という感じです。注目される立場なわけですから、制服を着用したら、せめて寝るのだけはやめてほしいものです。もうそろそろ外国からお客様が入って来る頃ですよ。


2008年7月 4日 (金)

中国人、デリタッチ、飲食店のQSCはどこへ行く?

シャープの展示会に行って思い出しことを1つ。

今週、中国系IT企業(と言っても社長さんが中国人の企業なだけで、日本で起業した会社なので、日本企業になるのかな…)の方とお話しする機会があり、中国人雇用の実態を聞きました。

私はリゾートで働いていたときに、台湾人のお客様の対応のために何とか中国人を雇用したいと思っていたのですが、一般の求人サイトや求人誌では韓国人は沢山応募してくるのに中国人の応募が全く無く、なぜだろうと思っていました。

考えてみると、オーストラリア人や韓国人などはワーキングホリデイを利用して来ているので、リゾートで働けるのですが、中国人は留学生か就労ビザでの渡航してきた人ばかりなので、リゾートで働ける人は少ないのでしょう。大学などがある都市では、中国人が現に沢山働いていますよね。

私がよく利用する焼き鳥屋も中国人従業員が多くなってきて、2週間ほど前にお邪魔したら、日本人はマスターだけ?というくらいに中国人ばかりでした。以前、マスターに「どうやって中国人見つけてくるの?」と聞いたのですが、はぐらかして教えてもらえませんでした。何かあるのでしょうかね。

ここ札幌でも中国人は沢山働いていて、中国人社会があるという話をチャイニーズスナックなる怪しげなお店の内モンゴル出身の女の子から聞いたことがあります。私がよく行く焼き鳥屋のお兄さんのことも知っていまし、中国人社会は意外に狭いようです。

話は逸れまくっていますが、今週のガイアの夜明けで、「さくら水産」が登場、当社の東京支店の人に聞いたのですが、ムチャクチャ安くてムチャクチャ混んでいる居酒屋なのだそうで、中国人ばかり雇っているとのこと。
それでも日本語が堪能な中国人は年々減ってきて、雇用もままならなくなってきたので、新兵器登場!
それは「デリタッチ」という商品で、飲食店向けのセルフオーダのペン型端末です。
Delitouch_il002 ■デリタッチ
㈱テラオカ

これ、メニューに当てると、読み上げてくれるのです。そしてこのペンでメニューの数量の欄に当てるとオーダーできてしまうので、オーダーテイクに従業員は必要なく、従業員は料理を提供し下げるだけ。

飲食店の基本は
Q:Quality
S:Service
C:Cleanliness
では無かったか… Serviceはどこ行った?なんて思ったりもしたのですが、考えて見れば回転寿司もそんなもんだよね。きっとこういう商品で新たな業態のお店が登場する日もやってくれるのでしょう。

ね?せぴあさん!

フェンネル。ちょっと大きいな

昨日いただいたフェンネル、週末までもたないので、今朝早起きして植えてみました。フェンネルの植え替えは難しいようです。
しかも、「株ごと下さい」とお願いしたのはいいけれど、こんなに大きい株とは思わなかったので、ダメかもしれないな…
育たなかったらすみません。

Fennel

2008年7月 3日 (木)

IT業界セミナー

当社、「札幌市IT人材雇用プログラム」に参加しております。これは札幌市内でIT素養が高い基盤人材を発掘・育成し、雇用に結びつけることで、IT産業の活性化を実現する札幌市の事業です(HPからコピペ)。
約2ケ月、Windowsコース、Oracleコースに分かれて研修を行い、そこで育った人を参加企業が採用する-ということになっており、7月7日(月)開講です。専務が仙台に出張中なので「変わりに対応しておいてくれ」と言うので、私が開講式のあとのIT業界セミナーの時間帯に25分間、話すよう申し込んでありました。
事務局からメールが来て分かったことなのですが、参加企業20社中7社のみがこのIT業界セミナーで話すことになっているようです。無理して出る必要は無かったのですね。
事務局からのメールによりますと
・御社の簡単な会社概要
・研修生を実際に採用して頂いた企業担当者の皆様からの感想
・IT未経験者の研修生にこの2ヶ月で一番学んで欲しいこと
を中心に話してほしいとのことですが、去年までは私はいなかったですからねー。「感想」と言われてもねー。「学んでほしいこと」っていうのもねー。
頭は真っ白です。この会社に入って半年過ぎたばかりなのに何を偉そうに話せばいいのでしょうか?

シャープの「ディスプレイ・ソリューションフェア」(於:ロイトン札幌)に行ってきました。

ディスプレイだけで展示会ができるのだから、さすが液晶のシャープですね。
興味を引いたものだけご紹介

■108V型液晶
世界最大の高精細ディスプレイ。等身大表示が可能。これでブロードバンドを使ってTV会議システムで繋いだら、リアルすぎて同じ空間にいると錯覚してしまいそう。

■64V型4K2K高精細液晶
フルハイビジョン液晶パネル(1,920×1,080画素)の4倍を超える884万画素(4,096×2,160画素)の液晶パネルです。4K2Kとは次世代デジタルシネマの企画で、パソコン用のボードもまだ市販されていないため参考出品です。これを見てしまうと、ハイビジョンTVも、「こんなものか…」と思ってしまいますね。ただ現在、活躍の場は未だハリウッドを出ていないとのこと。

■サイネージソリューション
シャープのコンテン配信ツソリューション「e-Signage」によるインフォメーションディスプレイシステム。小売店・イベント案内・金利表示などのデモンストレーションです。「e-Signage」は簡易にコンテンツ編集・配信ができ、特別なシステム開発をしなくても、(おそらく)ユーザ自身が簡単に配信システムを組めてしまいそう。価格はオープンですが、参考価格=スタンドアロン:20万円、サーバ:40万円、ビューア:4万円とのこと。

面白いなと思ったのは、小売店向けのサイネージソリューションコーナーで店舗のPCからインフォメーションディスプレイだけでなく電子POPにも配信できるところ。この電子POPってイメージしづらいですが、ステレオスピーカー搭載の4.3型ASV液晶で、無線LANでこの小型モニターに配信できちゃう。ついでですが、電子棚札っていうのもあって、棚札サイズの液晶でこれも無線LANに対応しており、棚札配信サーバから一斉に棚札の表示を切り替えることができるのだそうです。
スーパーも変わるんだね。POSだのEOSだのEDIだのって、堅苦しいシステムじゃないビジネスがあることを思い知りました。

Epop ■電子POP
OS:Windows CE
無線LAN対応
価格は5万円くらい

Enefuda ■電子棚札
通電しなくても5年間データを保持できる
価格は数千円

知人のシャープの営業さん(イタ屋担当=シャープ社内用語でディスプレイ担当)の紹介で言ったのですが、この方は元々はPOS担当だったので、「こっちのほうが仕事面白いんじゃない?」と言ったら、「面白いけど、忙しくて疲れてます」とのお答え。シャープは次の時代を見据えて着々と動いていると感じました。

2008年7月 1日 (火)

Pマーク更新への道程Vol.15

Vol.14でご要望のありました「2006年版JISへの対応状況」のサンプルをアップします。確かに申請書類の中で、これだけはフリーフォーマットですので、戸惑う方もいらっしゃると思います。

「2006年版JISへの対応状況.xls」をダウンロード

これは当社の例であって、計画も実行も異なると思いますので、好きにアレンジしてお使い下さい。この書式でJIPDECからは特に指摘はありませんでしたので、問題ないと思います。お役に立てれば幸いです。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ