2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« 特定労働者派遣の届出に行ってきました。 | トップページ | Pマーク更新への道程Vol.10 »

2008年4月14日 (月)

リニューアルオープン「湯元 小金湯」

Koganeyu

■「湯元 小金湯」
住所 札幌市南区小金湯25番地
TEL 011-596-2111
http://koganeyu.jp/

昨日は温泉から帰ってコテンと寝てしまいました。

温泉というのは、3月29日にリニューアルオープンした「湯元小金湯」です。
「湯元小金湯」は昨年5月にクローズした「黄金湯温泉旅館」を、隣の「小金湯パークホテル」を経営していた工藤産業が買い取って、パークホテル諸共リニューアルしたものです。「黄金湯温泉旅館」の姿は跡形もなく、全く新しい日帰りニーズに対応した温泉に生まれ変わっていました。

私の自宅からは車で20分。白川を通り、簾舞小学校のところから右折して道なりに行くと行き止まりだったところに現在は八剣山トンネルができたので、そのまま小金湯まで行けます。

出かけたのが21時過ぎでしたので、料金は夜割で600円でした(21時以前は900円で浴衣、タオル付き)。定山渓の日帰りに比べると良心的な設定である上、日帰り客を意識して作られているので、日帰り客への様々な配慮がうれしく思いました。

特筆すべきは、別室のリラックスコーナーで、かなりの数のリクライニングチェアが装備されていました。風呂上りに横になったら確実に寝てしまいそうなくらいに居心地は良さそう。また、レストラン(和食堂)は22時まで開いています(ラストオーダー21:00)。メニューは山菜五目そば780円~各種。食していませんが、メニューを見る限りは期待できそうな内容でした。

さて風呂ですが、内風呂、ジャグジー、ミストサウナ、高温サウナ(結構刺激的な熱さ)、露天風呂、壷風呂…と思った以上にバラエティーに富んでいて、これでこの料金なら、定山渓に行くよりいいかなと感じました。泉質は単純硫黄泉(弱アルカリ性低張性低温泉)で源泉100%。温泉の温度は約30度とのことですので、加熱しているようですが、定山渓が温泉の温度が高いために20%程度の水を混ぜているところが多いのを考えると、源泉100%の小金湯に軍配。お湯は定山渓に比べ濁っており、かすかな硫黄の匂いがあります。

今度は日中に行って、リクライニングチェアでまどろんでみたいと思います。

« 特定労働者派遣の届出に行ってきました。 | トップページ | Pマーク更新への道程Vol.10 »

北へ南へ東へ西へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504669/40879999

この記事へのトラックバック一覧です: リニューアルオープン「湯元 小金湯」:

« 特定労働者派遣の届出に行ってきました。 | トップページ | Pマーク更新への道程Vol.10 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ