2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

« やって来ました「札幌雪まつり」 | トップページ | 「VIE DE FRANCE」は閉店前は105円 »

2008年2月 9日 (土)

『休業補償受給しながらスノーボード計画』の巻

前の会社の部下からの相談。
【1st-Q】
ある従業員が勤務中に右手の指を骨折し休んでいる。彼はレストランの洗い場で働く社員で、手の怪我のせいでその仕事ができなくなったからだ。
しかし、あるスキー場でボードを滑っている姿を見た従業員がいる。また最近彼を見た従業員は(おそらく雪焼けで)顔が真っ黒だったと話していた。それであれば右手に影響のない仕事をしてもらうべきだと思う。
一方、彼は(怪我の治療費はもちろんだが)、休んでいる間、労災の休業補償を適用してほしいと申し出てきている。さて、どうすべきか?
【1st-A】
なぜ休んでいるのか?配置転換で、手の指に影響のない仕事に就かせる必要があったのではないか?手に影響のない職場に配置転換し、それでも出てこなければ欠勤扱いとすべきなのではないか?
【2nd-Q】
引き受けてくれる部門がなくて難航している。元の職場でも帰ってきてほしくない-と言っている。
また、本人は「次に病院に行くのは2週間後なので、万一のことを考えて、それまで休ませてほしい」と言っている。こうなったら、総務で引き取ってロビーのゴミ拾いなどをしてもらおうかと思っている。
【2nd-A】
企業側には配置転換の配慮と健康・安全配慮の2つの配慮が義務付けられている。配置転換の配慮のために「人事異動」の発令、健康に対する配慮のために軽作業もできない旨の医師による「診断書」の提示を要求し、それでも無視して休むようであれば、欠勤として扱ったらどうか?

というようなやり取りがありました。
そもそも、労災の休業補償給付の条件は
(1)業務上による負傷又は疾病
(2)療養している
(3)労働することができない
(4)賃金を受けていない
という条件全てを満たしている場合ですので、(3)の労働できないというのは、従前の仕事ができないという意味ではなく、療養に影響しない軽い仕事ができる場合は、(3)には該当しないとされています。
そのために、企業側は「配置転換」という配慮も必要ですし、それが原因で健康を害することのないよう配慮しなければいけないのですが、その義務を履行して尚、本人が無断欠勤を続けるのであれば、懲戒にも当たると考えます。

松葉づえを突いて会社に来たり、腕を吊って仕事をする人が聞いたら憤慨してしまいそうな話ですね。交通事故に会い、元気に遊び回っているのに、損保会社から休業補償をもらっている人もいましたが、国を相手に堂々とやろうとする、その神経が異常…と思うのは私だけでしょうか?

« やって来ました「札幌雪まつり」 | トップページ | 「VIE DE FRANCE」は閉店前は105円 »

総務の林」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『休業補償受給しながらスノーボード計画』の巻:

» 交通事故の相談をネットでしたい人はココ! [交通事故の相談をネットでしたい人はココ!]
交通事故の実体験者でもある管理人が、ネットでの交通事故相談の良質サイトをお伝えします [続きを読む]

« やって来ました「札幌雪まつり」 | トップページ | 「VIE DE FRANCE」は閉店前は105円 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ