2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

purucorgi's Bookshelf

  • ▼整理中...

トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月29日 (火)

[マクドナルド]店長は管理職にあらず?

日本マクドナルドの店長が起こした「残業代請求訴訟」で、東京地裁は1月28日「店長は非管理職」との判断を下し、未払いの残業代他755万円の支払いをマクドナルドに命じました。2005年に30分単位の時間計算により切り捨てられた賃金の支払いを命じられたのもマクドナルドでしたね。マクドナルドの従業員は相当ESが低いのかもしれません。

しかし、これは相当に衝撃的なニュースです。というのは、外食産業の多くは、「店長=管理職」として残業代を払っていないはずで、同様の訴訟が今後発生するのは必至です。
争点となっている「管理職の基準」について、今回、東京地裁は次の3つの基準を示しています。
・経営者との一体性
・出退勤の自由
・一般労働者との賃金差
私はある会社の総務の責任者として、店長に管理職手当を一律支給することとし、残業代を支払わないよう就業規則・賃金規程を改定した張本人であります。その企業では店長に残業代を支給すると、その上司(ブロック長)を超える年収になっていて給与体系の矛盾が発生していました。
だからといって店長の基本給を下げるのは「労働条件の不利益変更」に当たりますし、ブロック長の賃金を上げるとなると、その上位上司も芋づる式に上げなければならず、人件費負担が高くなるばかり…
一方、その企業では店舗のシフトは店長が決定しているので、自分だけ店舗に長く留まり労働時間を長くし、残業=生活残業という図式ができあがっていました。

就業規則を変更するときは労基署の承認が必要ですから、私が労基署に出向いたわけですが、監督官からは「管理監督者というのは工場長のような組織を監督する立場にある人を言う」「印は押すが認めたわけではない」と言われました。ただ企業の実態を労基署が知るすべもなく、グレーではあるけれど、運用上不都合が出たら、その時はアウトということか-と解釈しました。

その企業はそのまま運用していると思いますが、店長だから管理職ではないと決めつけるのは早とちりであって、世の中の店長が皆、訴訟を起こし、勝訴できるとしたら人件費で破綻する企業が沢山出るだろうと思います。
マクドナルドは控訴するようですが、とことん争ってもらいたいものです。
ただ私が言えるのは、一般労働者だけでなく上位上司との比較においても合理的な賃金体系になっているか、ESの低下が会社に帰属意識のない社員を増やしていないかということで、そこがまた経営者や人事総務担当者の腕の見せ所なのだろうと思います。

2008年1月28日 (月)

コンサート警備のシステムは会員制ポイント管理になっていたのか…

イベンター関連企業への提案を行いました。
イベンターつまりイベント企画会社はコンサート警備の会社を子会社化している企業が多く、ここ札幌においても最大手のW社は一昨年より子会社化しています(全国的には東京を始め、多くの主要都市の大手イベンターはコンサート警備を既に別法人化しているようです)。
警備スタッフは、コンサート警備の会社に登録して、イベントの情報を携帯メールで受け、メールで申し込むといった手順で仕事にあり付きます。従って全て単発のバイトであり、出動回数によりポイントアップし、それが時給に直結する−そんな会員制ポイント管理を行っています。ポイントをインセンティブとするイマドキのしくみですね。ありがちなしくみですが、面白そうなシステムで、それが妙に私の好奇心を掻き立てたのでした。
私の会社がサービスしている「スポット派遣ASPサービス」のノウハウを基に、ASPではなくサーバー導入によるトータルシステムを提案しました。コンサート警備会社の悩みは以下の通りです。

・求人コスト=増加傾向、効果=減少傾向
・登録スタッフの維持
・派遣ワクの最大化(スタッフ供給能力=ワク)
・派遣の自社化(二重派遣はご法度)
・ドタキャン・遅刻のリスク(登録スタッフの質の問題)

これらに対処するため提案では
・データはスタッフ登録への応募段階から登録し、進捗を追跡
・イベント毎にプラス時給やポイントアップを指定できる
・登録スタッフへのリクエストは携帯メール、エントリーは携帯サイトから行い、自動的に反映
・携帯メールのリクエスト指定では様々な絞り込みが可能
・派遣確定にはスタッフ履歴(欠勤・遅刻を含む)や欠勤率などを表示し、派遣体制のリスクがわかる
・イベント毎にエントリーの進捗をリアルタイムに表示
・登録スタッフ用に携帯サイト上でマイページ機能を提供し、過去1ケ月の履歴やエントリーしたイベント予定を管理
などの機能を盛り込みました。携帯サイトの機能なんかは派遣会社のシステムとは思えないでしょ?どうせやるなら楽しいシステムがいいですよね。

提案したシステムに、先方の社長さんは「これまで派遣関係のシステムの話をいくつか聞いたけど、どれもありきたり。こういうのを待っていた」と評価してくれ、さらにDFDでデータフローを描いていったこともあり、「自分で整理しようと思っていたが、整理してくれて助かった」とのお言葉をいただきました。
が、親会社(イベンター)に上申しないといけないらしく、もう一つ大きな山が立ちはだかっていることも知らされました。あとは社長さんにお任せして、ここで一息、少し休めます。

…と、本業のお話でした。

2008年1月27日 (日)

冬といえばIPA

Ipa

■限定醸造「18世紀のインディア・ペールエール」(ヤッホーブルーイング)
『よなよなエール』楽天ショップ


Ipa_shiga

■こちらも数量限定 玉村本店「House IPA」(玉村本店)
『玉村本店』ホームページ

元職場の同僚hustleさんと飲んでいて(何だか飲んでばかりいますな…)、IPAの話になりました。

昨年、ヤッホーのIPA(つまり第2回めの醸造品)を2ケース購入し、よなよなIPAで晩酌-という生活を送っていたのは1年前。そんなとき、hustleさんから玉村本店のHouseIPAをもらいました。玉村本店はhustleさんの親戚がやっている、もともと日本酒の蔵元で、hustleさんのいとこに当たる方がビール、ワインの分野へ事業を拡大し、現在、「ヤッホー」の軽井沢と「玉村本店」の志賀高原とで火花を散らしています。

といっても、ヤッホーは「よなよなエール」で、楽天ショップ地ビール分野No.1という確固たる地位を獲得していますが、志賀高原ビールの知名度はまだまだのようです。

では、IPAとは何か?
IPAとは「India Pale Ale」のこと。18世紀にインドの統治のために船の長旅に耐えられるように大量のホップ(劣化防止効果がある)を入れ、アルコール度数の高いビールを作っていました。それがIPAです。
色は通常のビールより黒ずんでいて、アルコール度数は7~8%、ホップの苦味の利いたパンチのある味にとりつかれている人も多いと思います。
ヤッホーのIPAはアルコール度数7%で、まずは初めてIPAを飲む人にオススメの飲みやすい味に仕上げています。一方、玉村本店のIPAは、コクのあるホップの苦味の利いた玄人好みのビールです。こちらはアルコール度数8%。両方とも一般の酒屋では入手不可能で、通販で購入するしかありません。
私の中ではIPAと言えば冬。すっきりした喉ごしを求める夏とは違う冬に無性に飲みたくなるビールです。

Pマーク更新への道程Vol.3

1月25日、pwさんのコンサル2回め。
今回は詳細規程と記録文書のレビューです。新JISで強化された「リスク対策」についての論理の一貫性の指摘を受けました。
新JISで要求されるリスク対策の手順は以下の通りです。
①業務フローの作成
②業務フローから導かれるライフサイクル別リスク一覧の作成
③対策の検討と残存リスク
④それをリスクアセスメント規程と安全管理規程に反映させる。
⑤安全管理規程による日常運用を運用点検規程に基づいて点検。
⑥さらに監査規程、見直し規程へ反映。
…と、整合性のある内容にまとめておく必要があります。
いくつかの雛型から良かれと思って「いいとこ取り」で規程をまとめてきましたが、逆にこの一貫性が崩れていました。
この作業は、①~③の過程をきっちりやっておかないと後で苦労することになります。というわけで、少し遠回りの作業を余儀なくされています。

札幌の積雪が86cm!

Ooyuki 24日、25日、26日と札幌は雪が降り続き、特に26日の降雪は31cmとなりました。その結果、平年を27cm上回る86cmの積雪になっています。

25日はトマムから来た3名の元同僚と羽目をはずしてしまい、AM3:30頃にタクシーで帰宅、夕方以降積もった、膝近くまである雪に足を取られながら玄関までたどり着いたような次第です。26日は日中は雪が止み、半日除雪作業に追われ、その成果が家の前の巨大な雪山(写真)です。

さて、今年は例年と違い、灯油価格の高騰のために、ロードヒーティングや融雪漕を停止している家が大半です。そこで活躍しているのが排雪業者で、シーズンで10回の排雪で35,000円くらいが相場のようです。そのために玄関前に写真のような雪山を作っておき、お願いするわけです。我が家では毎週月曜日に排雪が入るので、土日のうちに雪山づくりの作業をしておきます。

今年は雪が少なく快適と思っていましたが、帳尻が合うようにできているのですね。

2008年1月22日 (火)

原作:桜庭一樹の隠れた名作ドラマ『少女には向かない職業』

Sakuraba


http://www.gyao.jp/drama/shoujo/

Amazon_5 原作をamazon.co.jpで見る
Amazon_5 DVDはamazon.co.jpでも購入できます

2006年5月26日からGyaoで10週間連続で配信していた「少女には向かない職業」を全10話配信中です。
同ドラマは「私の男」で138回直木賞を受賞した桜庭一樹のライトノベルをドラマ化したもので、13歳の少女が心臓発作の父親の薬をいつもとは別の場所に故意に置き、殺害してしまうという悲しいドラマです。
TVでは放映されていないので、知らない人は全く知らない(実は私も全く知らなかった)と思いますが、よく考えると民放TV局では決して制作しないだろう(つまり視聴率は狙えない)内容だし、世相を反映しているからと言って、アブノーマルな臭いのするところが、NHKにもやや受け入れがたい気もします。
そもそも「私の男」自体も、その流れを組む作品であり、民放TV局やNHKでは扱いづらいテーマに取り組んだ作品が直木賞に選ばれるというのも不思議な気がしますね。
「少女には向かない職業」は、13歳の女子中学生の複雑な心理をうまく描写していて、TVドラマとしては中々の秀作であると思います。このドラマを見ていると、現代の子供は私たちの頃に比べると大変な負荷を抱えて生活しているのがよくわかりますし、そういう子供達に親として接していくことの難しさも感じます。
人間関係とは、いつからこんなにデリケートなものになってしまったのでしょうか?昔は理不尽で厳格なルールが存在しても、そのルールを疑うことすらしなかったのに、今は人間関係の優劣とは別にそのルールの合理性が要求される時代になったせいなのか。
つまり、ドラマ中で達川(少女の行きつけのゲーセン店員で兄貴的存在=城田優)が言う「安い人間」とは、「安っぽい」と「安易」ということの両方を意味していて、自分が「安い」と思っても、居直っており、人間的優劣とは無関係だと思い込んでいる人が多くなったということでしょう。
だからニートやワーキングプアな若者が増えているわけですが、だからと言って彼らは劣等感を強く感じているわけでもなく、「何とかしなければ」という意識も希薄なのですね。
理不尽な秩序の崩壊-それが合理性を生むようで、逆に混沌とした世の中にしているかもしれません。

2008年1月21日 (月)

民主党、揮発油税57%の怪

3月末に期限切れとなる揮発油税の暫定税率維持を巡り、自民vs民主の攻防が繰り広げられていますね。

今朝、通勤途中の地下鉄真駒内駅の街頭で、民主党のおばちゃんがマイク片手にこんなことを言っていました。
「自民党が主張している揮発油税の暫定税率延長は消費者を苦しめるものです。私たちが日頃使用している灯油は半分税金!ガソリンに至っては57%が税金です!…」
横断歩道を渡るところで聞いたものですから(内心「あー、8時32分の地下鉄に遅れる~」と焦っていました)、何も言わなかったけれど、こんな出鱈目なこと言って、民主党さんいいんでしょうか?

①灯油に含まれる税金は-
・原油輸入段階でかかる石油石炭税(2.04円/L)
・消費税(5%)
のみと思います。灯油の半分が税金って何でしょうか?

②ガソリンに含まれる税金は-
・原油輸入段階でかかる石油石炭税(2.04円/L)
・揮発油税(48.6円/L)
・地方道路税(5.2円/L)
・消費税(5%)
です。これで57%になる?
今の札幌のガソリンの平均価格は税込150円くらいですので、
  150円*100/105=142.86円(税抜価格)
  つまり、消費税は7.14円
税金は
  2.04+48.6+5.2+7.14=62.98円
従って、62.98/150→41.99%
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
…と、昔、石油業界にいた私は叫びたかったのですが、悔しいっ!
まあ即座にガソリンの税金の計算はできませんが、灯油の半分は税金、ガソリンの57%が税金なんて瞬時にあり得ない数値だと直感的に思いますよね。
民主党のおばさんは新聞読んでいないのだろうか?

2008年1月18日 (金)

人材派遣を携帯サイトで支援するサービス

人材派遣の携帯サイトのサービスに着手しました。

と言っても、携帯サイトのASPで、基本的には派遣会社向けにサービスするものです。決して、求人広告でウチの会社が儲けようというものではありません。

しくみはこんな感じです。
①「派遣会社の会員情報」+「求人情報」をマッチングして、ターゲットとなる会員の携帯へメール
②会員は携帯メールからリンクした携帯サイトで詳細確認しエントリー
③サーバのエントリー管理に反映
④選考後決定したら会員へメール
という一連の流れを連動して行えるようにしたサービスです。
つまり「モバイトドットコム」を連動型サービスで提供しようというもの。

今日、札幌の派遣会社の(女)社長にデモしたら、「問題は2つある」と言われました。
①ASP料金が高い
 →安いんだけどなぁ…
②携帯サイトのデザインのセンスが悪い
 →「…」
②に関しては「もうこのセンスの悪さは作った人がどんな人か想像できちゃうなぁ」との酷評。

「あ、すみません。それ私です(怒)」
「やっぱりねー。あっはっは」

社内のSEで手の空いている人間がいないので、間に合わせで作ったのですが、このところ、デモをすると「いいですね」との評価を頂いていたので、ガツンと一撃を食らったワケです。
「開発にウチがアドバイスするから、もっとブラッシュアップしたら?だから安くしてよ」と言われ、会社に戻ってSEに話したら、大笑いしながらも「デザインセンスを求められると社内には適任者はいないかも…でも、その会社(社長)にはついていけないです」と…

因みに、客先での話の流れでデザインの話になり、この方は芸大の美術学部卒であることがわかりました。私も付いていく自信ありません…

2008年1月16日 (水)

【三六】アラ鍋(クエという魚の鍋です)

36 ~マスターご無沙汰してました~
随分長いことお邪魔しておりませんでしたが、昨夜すすきのの「三六」に行ってまいりました。

『三六』 札幌市中央区南6条西4 タカセビル2F
            TEL 011-562-0036

昨夜は、yasuさんが札幌に出てきたので、一緒にすすきのに出ることにしました。予約の段階で、「ふぐコース」と「アラ鍋コース」のどちらにするか迷いましたが、クエに惹かれ、「アラ鍋」にすることにしました。

yasuさんと飲むのは初めてで、物理的に飲酒運転をしないと飲みにいけない不便なところにいたときの上司で(しかも私自身が総務で飲酒運転撲滅運動などをしていました)、飲む機会もなかったのです。ビール→ひれ酒→燗酒→ひれ酒と三六のおいしい料理が酒を進めるのでした。いやあ、yasuさんがあんなに飲むとは思いませんでした。

さて、アラ鍋の「クエ」というのは…

Kue_2   【クエ】北海道では取れない魚で、産地は南方(九州、四国、和歌山など)のようです。大きさは1mにもなる巨大な白身魚で、味はしつこくなく上品です。三六では、食べ終わったら雑炊にしてくれます。

北海道では、あまり食べられない魚ですので、何か変わった鍋を食べたいときにいいかもしれません(「三六」もおそらく限定メニューかと思います)。

yasuさんとは、2次会ですっかり時間を忘れて飲んでしまい、地下鉄の最終に乗り遅れ、タクシーで帰る羽目になりましたが、今年のすすきの詣では、こんな感じで終了です。

マスターどうも御馳走様でした。また行きますね。

2008年1月13日 (日)

「あ、安部礼司」脚本集、売り切れ…

私の趣味ではありません。

中1の息子が毎週録音(部活があり、生では聴けないため)しているFM番組で、先ほどまで安部礼司というDJがやっている番組と思っていました。今日、車を運転していたら「あ、安部礼司」が始まってしまい、内容が安部礼司という36歳のサラリーマンが主人公のラジオドラマであることを知りました。

昨日、息子の誕生日で、年明けから誕生日は「『あ、安部礼司』脚本集がほしい」と言っていたので、カミさんと「さて、本屋で買ってくるか」と出かけようとしたら、「それは本屋では売ってない」と息子に言われました。しかも、WEBで探すと既に売り切れ(息子は既に知っていましたが)、2000部限定の予定が8000部に増刷となり、それでも完売。現在、3,150円の本が25,980円となっています。

そんなわけで、昨日は息子にプレゼントをあげていません。今日は、安部礼司をFMでタイマー録音できるMP3プレイヤーを買いに行った…その途中で、番組を聴いてしまったしだいです。amazonで脚本集を早く購入していれば3,150円で済んだのに高くつきました。

が、中学生が聴くような番組ではなさそうな…複雑な気分です。

2008年1月11日 (金)

Excelで給与計算する?

Excel 『Excelで給与計算&勤怠管理』 技術評論社
矢野 まど佳 (著), 熊谷 よし (著), 不二 桜 (著)
\3,129(税込)

Amazon_5 この本をamazon.co.jpで見る

出版社のエクスメディアが倒産したのは10月でしたか…
12月に札幌駅のステラプレイスにある旭屋書店ではエクスメディア半額セールをやっていまして、Illustrator関連と経理関連の書籍を購入させていただきました。
改めて感じるのが、特にIT関連書籍はソフトウェアのバージョンアップに合わせて出版を繰り返す必要があり、これは大変な重荷になりますね。

私が在職する会社は従業員22名という小さな会社なので、給与計算のシステムを導入しておりません。事務の女の子が以前購入して動かないと諦めていた「Excelで給与計算&勤怠管理」の書籍に付属していたExcelのシステムがあるので、何とか今年から動かしてみることにしました。
いくつか不具合があり、Excel VBAなので、昔の記憶を辿りながら、手を加えていきました。因みに私は営業兼総務兼経理なので、これは私の範疇であり、給与というセンシティブなデータを扱うので、社内のSEに任せるわけにいかないのが辛いところです。

そもそも「動かない」というのは、開発された方(著者)がWindowsXPとExcel2000という組み合わせでの動作を確認していないことが原因でした。まあ、全ての組み合わせを評価するのは困難ですよね。
Excelで給与計算のようなシステムを作る時にはテーブルのかわりに他のExcelファイルのワークシートを参照する形式をとるために、起動すると多くのExcelファイルを同時に開きます。そこでActivesheetsで指定すると、記述上は問題ないのですが、どのシートがActiveなのかExcelが混乱してしまうらしく、上記の組み合わせではそこがエラーになって処理が止まっていました(おそらくMicrosoft側のバグですね)。他の組み合わせは出版社によると正常に実行されているようですので、上記の組み合わせ特有の問題なのかもしれません。
よって、そのエラーとなっている部分だけActivesheetsをやめ、個別のシート名を指定して記述してあげると動くようになりました。
それ以外にも下記の修正を施しています。

・社会保険料 厚生年金料率変更 19年9月版追加
・税額表 1,760,000円の税額変更
・賞与入力 負担率のアップデート
・賞与一覧 印刷時に支給年月日を取得しない不具合の対処
・給与→総支給額入力 勤怠データ読み込み時に諸手当も読み込むように改善
・給与→検索ボタン押下時に社会保険料、税額も自動計算するように改善

・自社の給与明細書式(Excelフォーマット)に給与データを読み込んで印刷する処理を追加。
・自社の賞与明細書式(Excelフォーマット)に賞与データを読み込んで印刷する処理を追加。

社会保険料や税率の改定は今後もあると思いますので、そのたびにこのシステムのアップデートを出版社がしていくのでしょうか?技術評論社さんとはメールで何度かやり取りしましたが、3,129円という価格はあまりに安く、出版社にとっては重荷だろうなと感じました。同情してしまいます。

上記の改善は12月に行い、12月の給与と賞与の計算でテスト済みですので、問題はないかと思いますが、年末調整だけは今年の年末にならないとわかりません。
そもそも給与計算をExcelでやるべきではないとも思いますが…

2008年1月 9日 (水)

浜崎あゆみが突発性内耳障害?私も…

実は私も突発性内耳障害(突発性難聴)です。

10年以上前、毎月100時間以上の残業という過酷な生活を送っていたときのことです。
その会社は大企業でしたが(当時で社員は3万人以上いたかな…)、残業が全社ワースト100位に入ると上司宛に「警告文書」みたいなものが来るのです。最初は黄色い用紙でしたが、3ケ月目には色が赤くなっていました。つまりサッカーのイエローカード、レッドカードですね。

で、会社から怒られるのは上司で私には「○○クン、もうちょっと残業減らせないの?」と優しく言ってくるのでした。「じゃあ支店長も手伝ってよ!」と言いたいところでしたが、グッとこらえてレッドカードの翌月は仕事を家に持って帰るようになりました…

さて、突発性難聴は実は怖い病気です。

最初に気づいたのは右耳の耳鳴りです。いつしか静かな場所にいると耳鳴りがするのに気づき、「疲れているからな」などと暢気に構えていたら、耳鳴りが次第に大きくなってきたのです。

病院に行ったら、
「右耳で4000Hzの耳鳴りがしているので4000Hzの音が聞こえていない」
と言われました。それで病名は「突発性難聴」。
週2回病院に来るように言われて通院していましたが、毎回聴力検査をして薬をくれるだけなので、2週間ほどサボってしまい、次に病院に行ったときに先生から「この病気は発病して1ケ月が肝心なので、治らないかもしれないよ」と言われました。
じゃあ最初に言ってよ-と思ったのですが、他の医師は見解が異なるかもしれないと思い、札幌に出張で出た際に、事前に調べてあった評判のいい個人病院の耳鼻科に行ってみました。その先生からも「最初の1ケ月が肝心…」と同じことを言われました。

…というわけで、どうせ治らないのなら通院するのも無駄だと諦めてしまいました。
耳鳴りも次第に治まり、ストレスが原因だったのだと自分なりに納得していました。事実、会社の健康診断などでは全く指摘を受けず、完治したものと思っていました。

3年後、職場で突然の「めまい」に襲われ、立っていることができなくなり、その日の夕方には病院にいました。会社には「めまいで入院します」と言ったのですが、聞いたほうは「何だそれ?」って感じだったでしょうね。私の生涯で初めての入院でしたので、それが「めまい」というのも何か笑えます。結局は3日間、検査入院している間に治まって退院の運びとなりました。ただ検査で分かったことは、
・右耳の聴力検査では正確にはまだ4000Hzの音は聞こえていない。
・めまいがしているときは、真っ直ぐ凝視していても、微細な眼球運動がある。
ということで、これは突発性難聴の影響だろうと思いました(ホントに因果関係があるかは分かりません)。

それ以降は何事も無かったように生活はしていますが、昨年何かで耳鼻科に行って聴力検査をした際、やはり右耳の4000Hzの音が聞こえていないという症状は変わっていませんでした。

この病気とは一生つきあっていくしかないのだろうと諦めています。浜崎あゆみは全く聞こえないと言っていますが、4000Hzの音が聞こえなくても日常生活に全く不便はありませんので、私はまだいいほうなのだと痛感しました。

2008年1月 8日 (火)

Pマーク更新への道程Vol.2

本日、Pマーク社内ミーティング開催。

前回書いた書籍を基に整理した結果、旧JISの規程は忘れて、新JISの規程を作ってしまおうということになりました。旧JISの基本規程がJISの要求事項に沿っておらず、ここから改訂していくのは困難と判断したためです。

前回、規程づくりに参画した専務が言うには「前回は何もわからずコンサルの言うなりで作ったので、こんな分かりづらい規程になっちゃったんだな」と前回のコンサルの選定に後悔していました。規程の項目も並びもJISの要求事項に沿っていれば、基本規程がJISに準拠しているかがすぐ分かるし、その体系から詳細規程がどれであるかも一目瞭然。
専務が言うには「確かに審査員は、これはどこ?と何度も聞いてきて大変そうだった」とか。

そうでしょうね。現在の規程は頭の中でコンバージョンしないと目的の文書を探せないから…最初に規程のファイルをドサッと渡されたときに「こんなに複雑で、理解できないのは私が頭悪いのかな」と思ったほどでした。

今回pwさんから事前に入手した基本規程のテンプレートも書籍についていたテンプレートもJIS要求事項通りに整理されていましたので、普通はこうなんだと改めて気づいたしだいです。まあ前回は比較するものも無かったので仕方ないのでしょう。

もしこの記事をご覧の方で、これからコンサルを-とお考えの方がいらっしゃいましたら、全てコンサルに任せるのではなく、1冊くらいは何か書籍を購入し、サンプルに目を通しておくことをお勧めします。

因みに前回紹介した書籍のCD-ROMでは「個人情報保護基本規程」の詳細部分は企業側の実情に照らして書き加える仕様になっていますので、基本規程のみrikiさんからいただいたテンプレートをカスタマイズして作成するこにしました。

2008年1月 4日 (金)

Pマーク更新への道程

Pmarkbook ■『個人情報保護マネジメントシステム実践マニュアル』 工業調査会

個人情報保護監査研究会 (著), 日本システム監査人協会

Amazon_5 この本をamazon.co.jpで見る


昨日から読み始めました。

年末に紀伊国屋でPマーク関連の書籍を探してみました。「プライバシーマーク自社取得術」という本を手に取って、テンプレートのCDもついているし、これがいいかな…と思いつつ、中身をチェックすると、旧JISに準拠したもので、書籍の内容もCDも使えないことがわかりました。

よくよく考えると、新JISはJIS Q 15001:2006年版なので、2005年以前に出版され改訂されていないものは、Pマーク取得には使えないのですね。そういう視点で探すと意外に少ないもので、結局は諦めることにしました。

その後、何気なく寄った旭屋書店で、この本を見つけました。この本は新JISに対応しており、テンプテートも新JISに準拠しています。難点は高い(4,200円)ことですが、これは会社経費なのでよしとしましょう。新年になったら読み始めようと思っていましたが、昨日から読み始め、 現在のところは良さそうな感じです。年末年始の休暇(1月6日まで)には、最後まで目を通しておこうと思っております。

Pマークってホントお金がかかるものですね。申請費用は別として、コンサルに頼むと「何で?」というくらいに高い。当社は更新なのですが、取得が旧JISであり、今回の申請は新JISへの更新なので、実質的には新規のようなものです。

新規申請時はコンサルに頼み、150万円かかったとか…今回もそのコンサルに相談したら安くして80万円-とのことでした。翌日、営業の途中にJR札幌駅でpwさんにバッタリ会い、立ち話していたら、基礎知識があるのだから*0万円くらいでやってくれるというので、お願いすることにしました。pwさんの場合、コンサル資格を持っていて、テンプレートの提供と最低限の相談を含み、申請までをサポート、申請後に大幅に作業が必要であれば別途考えましょう-という内容です。やってくれる内容が違うとはいえ80万円vs*0万円…この*0万円の差は何でしょうか?Pマークコンサルもだんだん食えなくなってきているのでしょう。そもそもPマークコンサルだけで生きていけるなどという甘い考えのコンサルはいないか…

pwさんのPマークコンサルは10日がスタートです。

2008年1月 3日 (木)

発見!恐るべし…purucorgi

msnで「purucorgi」を検索して気づきました。

mrank.tvなるサイト(携帯電話用ランキングシステムの無料レンタルサービス)に私の古いアドレスが…ページのヘッダ部に私がメールの署名で使用していたと思しき文字列が貼り付けてある。社内ではこの署名は使用していなかったので、おそらく外部の人、多分、採用を担当していたので、採用で使用したメールからコピペしたのでは(-_-;) yahooでも出てきます。

恐ろしいこともあるもんですね。私がいかがわしいサイトを運営しているかのように見えます。私に何か恨みがある人の犯行か-自分がこのような誹謗中傷に巻き込まれるとは思ってもみませんでした。

とりあえずはmrank.tvのサイト運営会社に問い合わせましたが、解決するんでしょうかね… ネットは恐い。

2008年1月 2日 (水)

purucorgiとは… ?

Momo

■purucorgiとは

 ウェルシュコーギー6歳(名前は「モモ」)

 

そう、私がトマムにいたときのメールアドレスです。トマムでは、自分の名前をメールアドレスにする人はほとんどいなくて、私の携帯のアドレス(puru*******)と愛娘のコーギーから取ってつけてしまったアドレスで、トマムを去った今、このアドレスはもう使えないのですが、この際、ブログで復活させてあげることにしました。

トップページ | 2008年2月 »

PR

  • ▼激安インクカートリッジ
  • ▼よなよなエール
  • ▼激売れ美容液
  • ▼ドメイン取得ならお名前.com
  • ▼日本発ラグジュアリーバッグ
  • ▼じゃらんで旅立とう!
  • ▼今注目のLenovo!【クーポンあり】
  • ▼セブンカード
無料ブログはココログ